岩見沢・空知

岩見沢で札幌ブレイク「小学女子野球教室」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 岩見沢で札幌ブレイク「小学女子野球教室」開催
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

北海道女子軟式野球連盟リーグで活躍する札幌ブレイク(野原貢監督)主催の小学女子選手を対象にした「野球教室と交流試合」が11月19日、岩見沢市の北村多目的体育館・土里夢で開かれた。年々増え続ける小学生女子野球選手だが、この日は各少年野球チームの小学2年生から6年生までの36人が参加した。野球教室の講師役には、元プロ野球選手や甲子園で活躍した有力選手が顔を揃える軟式野球の雄・神出設計野球部の選手たちと、今年から協力を買って出た旭川市の二つ喜野球塾(森田直樹代表)の選手たちが優しさの中にも熱さが伝わる指導に、小学生選手たちも元気にプレーで応えていた。午後から小学生を交えた親善試合も行われた。

札幌ブレイク恒例の小学女子野球教室。みんな野球大好きなオーラが笑顔に表れている

午前9時から始まった野球教室には小学2年生から6年生まで36人が参加し投球、捕球の仕方、シートノックなどの基本を学んだ。キャッチボールには札幌ブレイクの10人の選手も交じって、投球のアドバイなどをして野球教室を盛り上げた。北海道女子軟式野球連盟に所属し活躍する札幌ブレイクは10年前から、次世代を担う小学女子選手を対象にした野球教室を開いている。広さと施設が完備している岩見沢市の「土里夢」で行うことになったのは4年前から。札幌ブレイク主催の「少年野球岩見沢大会」が縁で、ブレイク自身がチームとして雨天などに利用するようになった。

キャッチボールから開始。練習の成果が見える

チームを率いる野原監督は「これまで社会人を中心にしたチーム構成だったが、社会人は練習時間などに制限があり集まるのがむずかしい。やはり中学生を中心に高校、大学などの学生チームにならざるを得ない。そのためにも中学生の下の層から広げて盛り上げようと始まった」と、小学女子選手育成の動機を語った。札幌ブレイクの名和理奈主将(19、専門学校生)は「(指導は)いろいろな子がいるので楽しい。何回も会っているので一人一人の成長度がよくわかります。基礎を学ぶ小学生時代はステップアップのきっかけをつかむ大切な時期なので、この野球教室の意義は大きいです」。参加した札幌手稲・金山ファイターズの西田ひとみさん(2年生)は「野球は今年から始めた。見ていて楽しそうだったから。投げ方を学び、参加してよかった」と話していた。

昨年から野球教室の協力・指導をしているのが住宅ハウスメーカーのエコアハウス神出設計野球部(千歳市)だ。同野球部は全国に名だたる軟式野球の強豪チーム。今年10月に行われた全国朝野球大会(東京)では決勝で0-1のサヨナラ負けを喫し悔しい思いをしたが、見事に準優勝に輝いた。野球教室でも現役選手たちが勢ぞろいし、熱心に指導に当たっていた。石塚達也監督は「教えるというより、元プロ野球選手や社会人野球で活躍したキャリアを小学生たちに伝えたい思いでやっている。この教室は自分たちにも大変勉強になっています」と、楽しみにしていた野球講座の一つと笑顔で話してくれた。今年から参加した二つ喜野球塾のメンバーも名前の通り、嬉々として指導を楽しんでいた。同野球塾は旭川市を拠点に置く、少年野球・女子野球から社会人野球までフォローする”総合野球塾”。プロ育成を目指す独立リーグ結成を目標にしている。森田直樹代表も「声がかかれば、どんどん指導に伺います」と熱心に小学生たちを指導していた。

笑顔で指導する神出設計野球部の石塚監督

捕球の基本を学ぶ女子選手たち

二つ喜野球塾の森田代表(正面左)

小学生たちに細かくアドバイスする神出設計野球のコーチたち

後からは2・3・4年生VSお母さんチームのティーボール大会、4・5・6年生3チームの交流試合、6年生と札幌ブレイク・札幌プログレスとの交流試合が行われ終日、野球を楽しんだ。


ストライク発行人 大川

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校 【AD】室内練習場 J STADIUM ジェイスタジアム

おすすめ記事

  • ファイターズアカデミー
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 広告募集
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
中学硬式クラブチーム
【PR】札幌白石リトルシニア球団
新入団員募集!
札幌白石シニア球団では硬式野球をやってみたい、小学6年生で興味のある子
を募集しています。
練習の見学・参加はいつでも大歓迎です!

■チームスローガン
「すべてに中学生らしく!!」
1 文 武 両 道 中学生らしい心技体をバランス良く鍛える。
2 自主性&積極性 今の練習は、何のためにやっているのか?
常に自分たちで考えて行動することが基本姿勢。
3 チームワーク向上 明るく、楽しく、礼儀正しく、フェアーな精神を養成
4 目標に前向きに! 勝つことを諦めず、失敗を乗越える精神力の向上。
5 利他の心を養う 自分中心でなく、チームのために戦い続ける心。
6 野球技術の習得 高校野球に繋げるために、一番は基礎動作の反復練習。

■場所 江別市美原293番地2 
    札幌白石イーグルス球団専用球場 
   (天候によっては隣接の室内練習場)
  毎週土 (9:00~16:00)
     日・祝日 (9:00~16:00)
  冬期は室内練習場

■連絡先
事務局:中川 携帯電話:090‐4876‐6737
中学硬式野球クラブチーム
【PR】苫小牧中央ポニーリーグ
新入団員募集中!
チームスローガン:笑顔で全力でプレー
練習では先輩・後輩関係なく、それぞれが意見を出し合い、お互いが納得するまで
話し合います。練習メニューは1年生~3年生まで学年に関係なく、同じ練習をします 
試合では仲間のミスを励まし、勝利に向かって全員で戦うチームです

活動日:平日(週3~4日) 土・日・祝
監督:丹羽 090-7642-2849
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ
新入団員募集中 ‼ 現在、新入団員8人。(2016.2.20現在) 9人目、10人目の入団をお待ちしております。 体験練習は随時受け付けています。
ボーイズリーグ 北海道支部所属
札幌手稲ボーイズ

【チームビジョン】
心身を練習と実践で鍛え、将来につながる野球の基礎づくり

【チームスローガン】
一戦一戦を大切にチーム一丸となって戦おう!めざせ全国優勝!!

【チーム紹介】
"監督は、元ヤクルトスワローズ 投手 有澤賢持氏。
"
恵まれた野球環境の中で充実した指導、豊富な練習量で
ボーイズリーグの頂点を目指し日々練習に打ち込んでおります。

【監督プロフィール】
北日本学院(現・旭川大高)から大昭和製紙北海道、日産サニー札幌を経て、
"1987年ドラフト3位でヤクルトスワローズ入団。貴重な左腕中継ぎとして活躍。
"
引退後、少年野球チーム監督などを務め、
2004年1月札幌手稲クラブ(現札幌手稲ボーイズ)監督就任。
現在は北海道野球協議会特別技術指導員、プロ野球OBクラブ北海道幹事を務め、
道内各地の野球教室で指導を行うとともに
マスターズリーグ・札幌アンビシャスに選手として参加しています。
(2015.12.29のSTV「わくわくラジオ」で紹介されました。)

【在籍選手】
2年生14名 1年生18名 6年生8名 (2016.2.20現在)

【球団球場】(専用球場)
しんたく球場(石狩市字南3線通)

【室内練習場】(冬季・雨天時)
札幌手稲ボーイズ室内練習場(石狩市樽川174-4) 

【練習日】
火・木・金・土・日・祝

【お問合せ先】
球団代表 桑原 090-8051-8291
グローブ
ボール