たきうちプレス

新たなステージに挑む旭龍谷・村阪君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新たなステージに挑む旭龍谷・村阪君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

たきうち整形外科スポーツクリニック(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する今月の「院内で見つけたアスリート」は、旭川龍谷高1年の村阪颯太君(15)を紹介する。村阪君は中3時の昨年11月末、右ひじ剥離骨折で同クリニックで手術をし、今順調に回復している。まだ全力投球は出来ないが、「万全な体調で高校野球に臨みたかった」との思いが手術という大きな決断に踏み切った。けが完治も見えてきて、シーズン開幕とともに高校新1年生の新たな挑戦が始まった。

順調な回復ぶり。軽くボールが投げられるようになった村阪君

 

旭龍谷高・村阪君

▽村阪 颯太(旭川龍谷高1年=外野手、164センチ、73キロ)三笠スピリッツ-岩見沢シニア-旭川龍谷高硬式野球部

利き腕の右ひじが痛み出し、剥離骨折と分かったのは中学2年の時。「今すぐ手術が必要ということではなかったので、3年生のシーズン終了までこのままで行く」と勇気ある決断をした。強豪・岩見沢シニアに所属していて、チームを引っ張る立場(3年時キャプテン)にいたので”強硬策”でシニア野球を乗り切り、新たな高校野球での出直しに賭けることにした。昨年11月末、シニア野球のシーズンが終わると同時に早速、たきうち整形外科スポーツクリニックで手術をした。今は普通にボールが投げられるところまで順調に回復しているが全力投球が出来るまでには、もう少しの時間が必要だ。

小学2年生で野球をはじめ、小学6年で北海道チャンピオンシップの北海道選抜選手に選ばれ佐賀大会に出場。ホームランも打って、準優勝という輝かしい成績を残した。中学の岩見沢シニアではキャプテンで東日本大会(静岡県)の全国大会出場を経験した。東日本大会は0-1で神奈川チームに1回戦敗退したが、村阪君にとっては忘れられない悔しい大会となった。キャプテン・3番というキーマンだったが、ちょっと腰を痛めていたこともあり先発メンバーから外れ、途中出場となった。「結果は打てず、残念な思いがいっぱいでした」と、勝利を逃した悔しさが今でも脳裏に焼き付いている。

けがで始まった高校野球だが、右ひじ完治も見えてきたので心も晴れてきた。旭川市で下宿生活を送っているが、大所帯の旭龍谷高野球部の中にあっても自信を持って挑んでいく覚悟だ。「1試合、1試合を全力で戦う」ことが村阪君の第一信条。結果はそれによってついてくる-というのだ。将来は野球指導者を夢見て勉強の方も頑張ると、文武両道を宣言した。「まじめ過ぎる」と自己分析。「心に余裕を持って、もっと野球を楽しみたい」。けがで得た教訓を生かして、新たなステージで目標は大きく広がっている。

(記者の目・中山武雄)礼儀正しく、まじめさが伝わってくる。「まじめ」さが時にはマイナス面に変わることもあるが気にすることはない。努力は「まじめ」の象徴です。まじめさをよりプラスに生かし、野球を楽しんでほしい。

 

たきうち整形外科スポーツクリニック
札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科病院。瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師を務めるなど、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な経験と知識を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球関係者、選手、監督ら指導者にも人気となった。「ドクターのフォームチェック」(バックナンバー)第1回「金子投手&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属当時第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

問い合わせ
たきうち整形外科スポーツクリニック

問い合わせはメール、info@takispo.jp、011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

診療時間(受付)
昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日を除く)
夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)
休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たけうち整形外科スポーツクリニック

ストライク発行人 大川

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目1-27
TEL:011-815-6008
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌栄リトルシニア
新入団員募集中!
札幌栄リトルシニアは、平成29年度よりリトルシニア北海道連盟に所属する硬式クラブチームです。

選手は東区,北区を中心として市内各区から集まり、火曜・木曜の平日練習と,土曜・日曜・祝日で練習および試合を行っています。

【チームスローガン】
「挨拶、返事、全力疾走、フルスィング」
【団員募集中】
土曜,日曜,祝日(9:00~17:00)
平日,火曜,木曜(18:00~21:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
【練習場】
練習場(室内):札幌市東区丘珠680-118

【お問合せ先】
 札幌栄リトルシニア:事務局 野 口(携帯) 090-2057-5635
 (平日は18:00以降にお願いします)
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌北リトルシニア球団
新入団員募集中!
札幌北リトルシニアリーグでは随時選手を募集しています。
◆グランド/ 小鍛冶球場/住所:札幌市東区中沼13番地
◆室内練習場/住所:札幌市東区丘珠町391-1
【お問い合わせ】
●田中監督:tel 090‐3776‐0304
●連盟理事梶浦:tel 090-3116-2534
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会長:髙森090-1303-6769
監督(阿部):090-2056-9966
グローブ
ボール