スポーツ整形外科に聞け!

レギュラー取りに賭けるとわの森三愛・住吉さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レギュラー取りに賭けるとわの森三愛・住吉さん
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

高度な医療技術を提供し、地域医療の拠点になっている「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)。患者急増に対応して昨年、「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」(同区青葉町11丁目)も増設した。同病院付属リハビリクリニックに通院している患者を紹介するシリーズ・コーナー、今回の「院内で見つけたアスリート」は女子ソフトボール選手、とわの森三愛高の住吉美波さん(16、1年)に登場してもらった。住吉さんは小学時代は野球をやっていたが、中学からソフトボールに切り替えた。高校は念願の道内最強チームに入って張り切っていたが、シーズン終了直前の昨年10月にベースランニング練習中に左足首を骨折してしまった。11月6日に手術したが2週間余で歩行できるまでに驚異の復活を成し遂げ、今懸命なリハビリを続けている。2年生になる今季は、レギュラー取り・全国出場が第一の目標。「1日も早くけがを完全に治して出直したい」と、シーズン入りを心待ちにしている。

けがを完全に治してレギュラー取りを目指す住吉さん

とわの森三愛・住吉美波さん

▽住吉 美波(16、とわの森三愛高1年=154センチ、50キロ、内野・外野手)佐呂間ライオンズ(野球)-佐呂間中ソフトボール部-とわの森三愛高ソフトボール部

野球が大好きだった両親らの影響から、住吉さんも自然とのめり込むことになる。小学2年で地元の野球チーム、佐呂間ライオンズに入って力をつけて4年生から試合に出て、5年生でレギュラーの座を勝ち取る活躍を見せた。中学に入ると女子の野球部がないので、「どうしようかな」と迷っていたところ、ソフトボール部の監督から誘われて好きだった野球に見切りをつけてソフトボールに切り替えた。

野球の基礎があるから、ソフトボール部ではメキメキ力をつけて中学3年時に1試合に3打席連続ランニングホームランをかっ飛ばす離れ業も成し遂げた。野球に未練はあったが、このころになると心はすっかりソフトボールの魅力にとりつかれ、「どうせやるなら強豪校へ」と道内最強のとわの森三愛高への進学を決めた。念願かなって入学し、即ソフトボール部へ入部し活躍を誓ったがシーズン終了の間際の昨年10月の練習中に思わぬけがに見舞われた。自信のあったベースランニングでベースを踏み違え、足首をひねって骨折をしてしまった。11月6日に羊ヶ丘病院付属リハビリクリニックで手術を受けたが23日には歩行できるまでになり、驚きの復調ぶりを見せた。けがをした瞬間は本人の動揺も大きかったが、今はリハビリに専念して春のシーズン開幕に向けて万全の態勢を整えている。

「けがをして、いろんな人に支えられていることがわかりました」と住吉さん。守備には自信を持っており、今季最大の目標はレギュラーの座を勝ち取って全国大会で活躍することだ。高校に入って非力な打撃をカバーするために右打者から左打者に切り替えた。監督のアドバイスだったが、今はすっかり慣れて自分のものにしている。足を生かしてセフティーバントなどで出塁率を高めてクオリティーの高い野球を目指している。

(記者の目・中山武雄)佐呂間町から江別市のとわの森三愛高で寮生活をする住吉さん。15歳で親元を離れ、目標に向かって突き進む姿は何よりも美しい。「将来は教師になってソフトボールを教えたい」と願う。努力で目標は必ずかないます。

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区青葉町11丁目に開業し2年目に入り、急増する患者へより良い医療サービスに対応している。施設内には野球規準に適合したリハビリ用の投球マウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などをそろえ、患者の早期復帰リハビリをサポートしている。

理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当ストライク・サイトで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、野球指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、ある時はよき相談者になり、患者の心の支えになっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間】

♦月~金 受付午前の部:7:00~12:00  午後の部:13:30~19:30(土曜16:30)

診療午前の部:7:30~12:30  午後の部:13:30~20:00(土曜17:00)

♦休診日:日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

Sponsored Link

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
中学硬式野球クラブチーム
【PR】苫小牧中央ポニーリーグ
新入団員募集中!
チームスローガン:笑顔で全力でプレー
練習では先輩・後輩関係なく、それぞれが意見を出し合い、お互いが納得するまで
話し合います。練習メニューは1年生~3年生まで学年に関係なく、同じ練習をします 
試合では仲間のミスを励まし、勝利に向かって全員で戦うチームです

活動日:平日(週3~4日) 土・日・祝
監督:丹羽 090-7642-2849
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会長:髙森090-1303-6769
監督(阿部):090-2056-9966
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌栄リトルシニア
新入団員募集中!
札幌栄リトルシニアは、平成29年度よりリトルシニア北海道連盟に所属する硬式クラブチームです。

選手は東区,北区を中心として市内各区から集まり、火曜・木曜の平日練習と,土曜・日曜・祝日で練習および試合を行っています。

【チームスローガン】
「挨拶、返事、全力疾走、フルスィング」
【団員募集中】
土曜,日曜,祝日(9:00~17:00)
平日,火曜,木曜(18:00~21:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
【練習場】
練習場(室内):札幌市東区丘珠680-118

【お問合せ先】
 札幌栄リトルシニア:事務局 野 口(携帯) 090-2057-5635
 (平日は18:00以降にお願いします)
グローブ
ボール