スポーツ整形外科に聞け!

目指すはレギュラー!しらかば台小の秦野君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 目指すはレギュラー!しらかば台小の秦野君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月、患者急増のために開業した外来専用の「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」(同区青葉町11丁目)に通院し、リハビリの奮闘ぶりを紹介する「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は、少年野球・東月寒レオンズの秦野洋成君(豊平区・しらかば台小5年)。秦野君は足首の骨が出て痛む有痛性外頸骨で3月末に同病院で手術をしたばかりで経過は良好とは言えまだ走ることができず、「けがを完全に治して全力で走れるようになりたい」と1日も早いチーム復帰を目指しリハビリに奮闘している。

5年生でレギュラー取りを目指す秦野君




Sponsored Link

札幌豊平・しらかば台の秦野洋成君

▽秦野 洋成(札幌豊平区・しらかば台小5年=136センチ、30キロ、外野手・投手)遠軽北野球スポーツ少年団-東月寒レオンズ

洋成君は3人兄弟の一番下。2人の兄も野球をやっており、自然とその影響を受けて小学1年から始めた。2年生まで遠軽町で過ごしていたが3年生から母親とともに札幌市に移り住んで兄たちと一緒に野球の腕を磨いている。右足首が急激に痛み出したのは昨年11月の練習中だった。走ることができない状態になり、「(足に)何が起きているのだ」と不安が頭をよぎり、痛さと心配の日々を過ごしたがチームの父母の紹介で「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」で診察を受けることになった。その結果、骨が出て痛み出す「有痛性外頸骨」とわかり、今年3月の手術となった。

4年生だった昨年の新人戦でレギュラーの座をつかみ、ポテンシャルの高さを示した。足も速く、外野手と投手の両方をこなす器用さも併せ持つ。その新人戦(秋の太陽グループ杯全市大会)で8番、ライトで出場し、ライトの頭上を越える快心の三塁打を放ち「バッティングに自信がついた一打でした」と、今も心の片隅に残る思い出の打撃になった。けがでスタートが2か月ほど遅れることになったが苦にしていない。「出だしが遅れてもチームに戻ったら、一生懸命練習してレギュラー取りを目指したい」。今季の一つ目の目標を自信ありげに語り、1日も早いチーム復帰を目指している。

(記者の目・中山武雄)インタビュー中、ハキハキと答えてくれて記者も気持ちが良かった。兄弟3人で野球ができることに「すごく感謝しています」と両親の手厚い支援を素直に話し、将来の目標はプロ野球選手-と明快な答えが返ってきました。すがすがしさが残った取材でした。

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区青葉町11丁目に開業し2年目に入り、急増する患者により良い医療サービスを提供し対応している。施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを揃え、患者の早期復帰をサポートしている。

理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当ストライク・サイトで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。

「野球肩って何?」

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間】

♦月~金 受付午前の部:7:00~正午  午後の部:13:30~19:30(土曜16:30)

診療午前の部:7:30~12:30  午後の部13:30~20:00(土曜17:00)

♦休診日 日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院




Sponsored Link

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

Sponsored Link

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 広告募集
  • 広告募集
  • 広告募集
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌北リトルシニア球団
新入団員募集中!
札幌北リトルシニアリーグでは随時選手を募集しています。
◆グランド/ 小鍛冶球場/住所:札幌市東区中沼13番地
◆室内練習場/住所:札幌市東区丘珠町391-1
【お問い合わせ】
●田中監督:tel 090‐3776‐0304
●連盟理事梶浦:tel 090-3116-2534
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌栄リトルシニア
新入団員募集中!
札幌栄リトルシニアは、平成29年度よりリトルシニア北海道連盟に所属する硬式クラブチームです。

選手は東区,北区を中心として市内各区から集まり、火曜・木曜の平日練習と,土曜・日曜・祝日で練習および試合を行っています。

【チームスローガン】
「挨拶、返事、全力疾走、フルスィング」
【団員募集中】
土曜,日曜,祝日(9:00~17:00)
平日,火曜,木曜(18:00~21:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
【練習場】
練習場(室内):札幌市東区丘珠680-118

【お問合せ先】
 札幌栄リトルシニア:事務局 野 口(携帯) 090-2057-5635
 (平日は18:00以降にお願いします)
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!
今年も札幌中央リトルシニア球団は『心を一つに』神宮球場での全国大会を目指します!

【球団紹介】
札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。
専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。
チームカラーは白と紺。
球団のモットーはNext One(前を見続ける)

【球団方針】
中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。
球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え
前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。

【団員募集中】土日祝日
見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。
球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)

敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
グローブ
ボール