たきうちプレス

小学最後の試合に全力、新琴似シャークの石川君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小学最後の試合に全力、新琴似シャークの石川君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

「たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する今月の「院内で見つけたアスリート」は、札幌・新琴似シャークの石川悠斗君=(はると、新琴似南小6年)を紹介する。石川君は今春、チームの練習中に腰が痛くなり、何軒かの病院で診てもらったが結果は芳しくなく5月下旬に同クリニックで再診を受けて本格的なリハビリ治療をすることになった。成長期に多く見られる「腰椎分離症」と診断された。「1日も早くけがを治して残された試合に出場したい」と、小学生最後のシーズンに熱い思いを寄せている。

リハビリ治療で頑張っている新琴似シャークの石川君



新琴似シャークの主将・石川悠斗君

石川 悠斗(11、札幌・新琴似南小6年=158センチ、48キロ、投手・遊撃手・捕手)札幌・新琴似シャーク

今シーズン入りしてから腰に違和感を覚え、近くの病院で診てもらったりしていたが回復の兆しが見えなかったので5月下旬から「たきうち整形外科スポーツクリニック」でリハビリ治療を受けている。通院1か月の結果は「悪くはなっていない」とのお墨付きをもらい、今は無理をしない程度に遊撃手として試合にも出場している。けがをする前は捕手、投手で活躍していた。投手の「三振を取る魅力」と捕手の「走者を盗殺する喜び」は石川君にとっては一番大切な野球観だ。けがの方は夏休み明けぐらいには回復の目途も立ちそうなので、今はリハビリに全力を注ぐ毎日。

野球を始めたのは小学1年から。6歳違いの兄の影響で自分から進んで選んだ。チームではキャプテンを務め、責任感も人一倍強い。「目標の札幌選手権は予選敗退したので残りの札幌市長杯で頑張りたい」と、早期復帰を願っている。肩が強く捕手、投手として期待されているが本人は「両方に魅力(捕手・投手)」を感じており今後の方向性はまだ絞り切れておらず、当面は”二刀流”で頑張っていくようだ。

投手としての球も速い(105キロ)。今春の北札幌地区大会では強豪・屯田ベアーズ相手に六回8奪三振という快投も見せた。試合は負けたが石川君にとっては忘れられない内容として脳裏に焼き付いている。「けがが治ったら、また三振をどんどん取っていきたい」。表情も明るく次へのステップに心を切り替え、けがをしたことで教えられ学んだことを今後に生かしていく覚悟だ。将来の大きな目標は甲子園だが、「勉強も野球と同じぐらい頑張ります」とうれしい答えが返ってきた。

(記者の目・中山武雄)さすがキャプテン、「勉強も頑張る」という答えにうれしさを感じました。サッカーワールドカップの長谷部キャプテンも少年時代はしっかりと勉強をしたそうです。今のスポーツ選手はジャンルを問わず、一流選手になると皆さん勉強もしっかりしているようです。昔の選手は勉強をしなかったとは言いませんが・・・。

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科。瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務めるなど、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球関係者、選手、監督ら指導者にも人気となった。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

たきうち整形外科スポーツクリニックへの問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
中学硬式野球クラブチーム
【PR】12月・体験会のお知らせ<札幌中央リトルシニア>
新入団員募集中!
【体験会のご案内】

12月は、1、2、8、9、15、16、22が体験可能です。

(午前のみ、午後のみ、一日いずれでも可能)


詳しくはホームページから新入団募集のページをご覧ください。


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!

ホームページ:http://sapporochuo.main.jp/

中学硬式野球クラブチーム
【PR】秋季全道・準Vの旭川北稜球団、体験者募集!
日本リトルシニア北海道連盟所属
【チームスローガン】
~気迫 気持 気合~

今年も「日本選手権大会(全国)」を目指し頑張ります。

今春から硬式ボールでとお考えの「現在中学2年生、1年生、小学6年生」の皆さん。練習を体験してみませんか?
入団時期に関しては、今からでも遅くありません。
また、年間を通じ一切入団に関する制約はありません。
野球を志す女子選手の参加も、お待ちしています。

【練習日】
火・木曜日(17:00~20:00)
土・日・祝日(9:00~15:00)

【練習場所】
春・夏・秋 旭川北稜専用球場
       (旭川市東鷹栖1線11号)
冬季練習場所
市内及び近郊の練習施設を借用し行っています。

【お問い合わせ先】
090-7643-3454 (理事 たなだ)
Eメール asahikawa.hokuryo@gmail.com

↓よろしければお立ち寄りください
中学硬式野球クラブチーム
【PR】日高リトルシニア球団
新入団員募集中!
日高地域の少子化は深刻です。数年後には単独中学校での野球部維持は厳しくなることが現実的な問題となっています。

将来ある子供たちの可能性を引き出すチャンスが必要と考えて「野球人は紳士たれ」を合言葉に基礎・基本から指導を行ないます。

選手募集してます!野球が好きなこと・本人と保護者が球団の活動方針などに同意できること。
一度練習や試合を見学にきて欲しいです。

●活動内容(夏季、冬季) 
毎週 火・木・土・日
火・木 17:00~21:00  土・日 9:00~15:30
夏季 荻伏球場
冬季 町内体育館・室内練習場
●施設(グラウンド、室内練習場)

浦河町荻伏球場・室内練習場・

●連絡先※ホームページ含む
監督   浦川 聡 090-2698-0487
事務局長 真下 修 090-3018-0595
グローブ
ボール