スポーツ整形外科に聞け!

【朗報】けが予防に強い味方!ひじ用サポーター開発<特許出願中>

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【朗報】けが予防に強い味方!ひじ用サポーター開発<特許出願中>
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




Sponsored Link

野球選手や他のスポーツ選手にとって一番怖いのはけが。特に成長期にある野球少年・少女らは悪い投球フォームなどによって起こるひじの損傷は大きな課題になっている。そんな課題を少しでも解消しようと整形外科医と理学療法士が、けが予防に効力を発揮する画期的なサポーター、「ブレイスレボ サポーターひじ用」を共同開発し新発売した。開発したのは整形外科医でも名高い医療法人 悠仁会 羊ヶ丘病院(札幌市厚別区青葉町3丁目)の岡村健司理事長、株式会社コスモス(札幌市厚別区青葉町8丁目)のセールスマネージャー・成田和真さん(29、理学療法士)の2人。成田さんは羊ヶ丘病院で4年間、リハビリテーション科に勤務してけが治療の経験を積み、今回の新商品開発につなげてきた。独自の繊維編み込み(スパイラル構造)などでひじ関節へのストレスを軽減する新商品の効果を成田さんに語ってもらった。




Sponsored Link

新商品「ブレイスレボ サポーターひじ用」のパンフレットを持ち、効能をアピールする成田和真・理学療法士

リハビリから生まれた画期的なサポーター「ブレイスレボ サポーターひじ用」

オシャレなケースに入った新商品

商品名となった「ブレイスレボ」はブレイスの支えるとレボリューションの回転・革命の合体造語。新商品の最大の特徴は太さ、長さ、伸縮性の違う数種類の繊維をスパイラル(渦巻き状)に編み込んだ特殊構造で、けがの大きな原因となる過剰な外反動作(腕のしなり)を制御する効果が一番のポイントになっている。それによって、ひじへの負担軽減を図りけが防止につながり、さらには痛みの緩和も図るというもので、現在特許出願中の注目商品だ。

一般的なひじ用サポーターは圧迫によって関節を安定させる効果を持っているが、新商品はそれに加えて糸やゴムを規則的に編み込むことで着けるだけで腕を回内方向へ導く作用が働き、投球動作中のひじ外反をミリ単位で補正して負担軽減するというもの。すべてのスポーツが対象で、けがの予防・痛みを解消したい人、リハビリ中の人も効果が得られる。開発者の一人、成田さんは「これまで積み上げた経験(理学療法士)を生かしてできた集大成商品です」と自信のほどを語り、野球少年・少女やスポーツ選手のけが予防に少しでも貢献したいと話す。

装着することによってひじ、手首が内側に向く働きをする

商品はSサイズ(18センチ~27センチ)とMサイズ(27センチ~36センチ)の2種類。右用、左用は厳選。独自の編み込みのため間違って着用すると効果は出ない。品質性高いメッシュ素材で皮膚トラブルにも対処しており、形状保持素材を使っている。メーカー希望小売価格4,104円(本体価格3,800円)。株式会社コスモスは安心、安定を追求した日本製肩関節装具を扱っている医療装具販売会社。新商品サポータ、装具に関しての問い合わせも受付中で、「気軽に電話をおかけください」と呼びかけている。電話011-887-8915、携帯電話080-6066-4615(成田)、FAX011-887-9357まで。

♢開発者からのメッセージ♢

「野球を楽しんでもらいたい」

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科医・岡村 健司

ひじを痛めて病院を訪れる野球少年が後を絶ちません。特にピッチャーが多いです。投球制限、登板制限が促されていますが、チームが勝ち進むためにはエースが登板せざるを得ない実情は理解できます。しかし、登板過多で故障するリスクが高くなります。一度大きな故障をしてしまうと、最悪の場合1年間を棒に振るうことになりかねません。

けがをして野球の楽しさが半減してしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。どうにか野球を続けながらけがを予防することは出来ないかーという願いから、この度理学療法士と協力しリハビリの観点から「予防のためのサポーター」を開発しました。

「これから活躍する未来の選手を守りたい」

株式会社コスモス 理学療法士・成田 和真

私自身も小学校から大学まで野球部に所属していました。理学療法士を目指した理由も自分のけががきっかけです。整形外科病院に就職し、何人もの野球少年を担当させて頂きました。その中でけがで練習に参加できなかったり、試合に出られないなど悔しい思いをした多くの選手たちを見てきました。

理学療法士として培った知識と経験を生かし、悔しい思いをする選手を少しでも減らしたい、これから活躍する未来の選手を守りたいという思いで、このサポーターを開発しました。すでにけがをされている選手はもちろん、けがを予防するためにも活用していただければ幸いです。

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

Sponsored Link

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 広告募集
  • 広告募集
  • 広告募集
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
ICS(石狩中央シニア)が目指す3つの「球心」力(I・C・S)
【PR】石狩中央リトルシニア球団
新入団員募集中!
★チームスローガン
 Indomitable courage (あきらめない心)
 Cheerful greetings (元気にあいさつする心)
 Sincere thanks (感謝する心)
 この3つの「心」を胸に「楽しく」「厳しく」硬式野球にチャレンジ!!
 硬式野球に興味のある中学1年生、小学6年生、体験入団で練習参加してみませんか?体験・見学はいつでも可能です!!

★練習場所(夏季、冬季)
 毎週 水・金・土・日 他祝日

 夏季:石狩青葉球場、樽川球場
 冬季:室内練習場(石狩市花畔207-13)
    11月からは室内練習場にて練習を行っています

 ※当日の日程はホームページのカレンダーでご確認ください。

★連絡先
 事務局:大塚 090-7056-0398(非通知不可)
 E-mail:ishikarichuoh@gmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会長:髙森090-1303-6769
監督(阿部):090-2056-9966
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!
今年も札幌中央リトルシニア球団は『心を一つに』神宮球場での全国大会を目指します!

【球団紹介】
札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。
専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。
チームカラーは白と紺。
球団のモットーはNext One(前を見続ける)

【球団方針】
中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。
球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え
前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。

【団員募集中】土日祝日
見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。
球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)

敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
グローブ
ボール