たきうちプレス

自信の復活目指す!札幌・清田高の先崎君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自信の復活目指す!札幌・清田高の先崎君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する今月の「院内で見つけたアスリート」は、札幌・清田高の先崎凌平君(3年、投手)を紹介する。昨年秋の新人戦終了後に痛みをガマンして投げ続けていた左ひじの手術(じん帯損傷)をし、高校生活最後の今季に夢を託して懸命なリハビリを続けている。春の全道大会には間に合わなかったが、今は手術前を上回るコンディションに回復し夏の大会のベンチ入りを第一目標に掲げて最終治療に頑張っている。



手術前より大きく成長した-と自信の復活を話し、投球練習をする先崎君

札幌・清田高の先崎凌平君

▽先崎 凌平(札幌・清田高3年=169センチ、62キロ、投手)北広島・西の里カープジュニア-札幌真駒内シニア-札幌・清田高硬式野球部

先崎君は小学2年から野球を始めて4年生から投手一本で活躍してきた。高校1年で背番号をもらい、2年生の秋にも背番11をもらって本人もレギュラー入りに確信を得たが、1年生から少しづつ痛みを増していた左ひじに不安を感じながらもベンチ入りを獲得するため無理を承知で新人戦に挑んだ。痛みをガマンをして何とか乗り切ったが、結果は最悪の事態になり手術をすることになった。

手術をした「たきうち整形外科スポーツクリニック」には高2の夏ごろからリハビリ治療を受けながらフォーム矯正などをして様子を見ていたが思うように回復せず、手術と言う最後の決断をした。「最初、先生(医者)から手術、と言われ動揺しました」と先崎君。自分の体にメスを入れる事なので両親とも相談して最良の道を選んだ。半年間の辛い経験を経て、いろんなことを学んだが今は「手術をしてよかった」と振り返る先崎君。手術をして腕が動かなくなる、野球ができない辛さ-など、これまで体験したことのない出来事を味わって肉体的・精神的に大きな成長を感じると言う。

手術の体験によってこれまで以上に体調やフォーム改善に気を遣うようになり、自分で工夫しながらリハビリに取り組んでいる。今は痛みも全くなく、あとは直近で始まる夏の大会でのベンチ入り一本に目標を絞っている。「手術前より大きな進歩を感じている」と自信の力強い言葉も出て、リハビリの最終調整に頑張っている。持ち前のガマン強さ、諦めない闘争心に磨きがかかり、技巧派左腕は新たなスタートを切った。理系進学コースを選択していることもあり、野球と勉学の二刀流で高校生活最後の挑戦に挑む。

(記者の目・中山武雄)文武両道に強い意思を強調する先崎君。野球ばかりでなく、勉強の方もしっかりと人生の柱と位置付けている姿勢は立派です。けがで「自分がその立場になって、人の気持ち(けがの辛さ)が分かるようになりました」-大きな収穫を得ましたね。今後の人生に欠かせない一番大切なものです。

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科。瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務めるなど、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球関係者、選手、監督ら指導者にも人気となった。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

たきうち整形外科スポーツクリニックへの問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

※臨時休業 6月14日(木)~16日(土)、瀧内院長が学会出席のため休業

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
ICS(石狩中央シニア)が目指す3つの「球心」力(I・C・S)
【PR】練習体験会のお知らせ<石狩中央リトルシニア球団>
新入団員募集中!
<練習体験会>
会場はすべて石狩中央リトルシニア室内練習場で行います。

〇1月20日(日)
9時から15時

〇2月20日(日)
9時から15時

〇3月20日(日)
9時から15時

★チームスローガン
 Indomitable courage (あきらめない心)
 Cheerful greetings (元気にあいさつする心)
 Sincere thanks (感謝する心)
 この3つの「心」を胸に「楽しく」「厳しく」硬式野球にチャレンジ!!
 硬式野球に興味のある中学1年生、小学6年生、体験入団で練習参加してみませんか?体験・見学はいつでも可能です!!

★練習場所(夏季、冬季)
 毎週 水・金・土・日 他祝日

 夏季:石狩青葉球場、樽川球場
 冬季:室内練習場(石狩市花畔207-13)
    11月からは室内練習場にて練習を行っています

 ※当日の日程はホームページのカレンダーでご確認ください。

★連絡先
 事務局:大橋 090-1529-1928
 E-mail:ishikarichuoh@gmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】とかち道東ボーイズ
とかち道東ボーイズ

『スポーツを通じて人間性を学び養う』
『目先のチームの勝利より、選手個々の成長のためのアプローチを優先!』

新入団員募集中!

【練習日時】
平日:(火・木)18:00~20:00
土日:3~4時間

【練習場所】
平日:白樺学園室内練習場・芽室健康プラザ 他
土日:芽室町営球場・鹿追室内練習場 他

【対象】
小学4年生~中学1年生(4月まで)

【お問い合わせ】
事務局:竹島 宏和TEL:090-7653-4883
中学硬式野球クラブチーム
【PR】練習体験会のお知らせ<札幌北リトルシニア球団>
新入団員募集中!
あけましておめでとうございます。

札幌北リトルシニア球団は1月6日より練習を開始しております。
すでに現6年生も参加して練習を開始しておりますが、年が明けてからの冬休みのこの時期以降にも多くの6年生が練習に参加をし、実際の雰囲気を感じて入団していただくケースが例年多くあります。

まだチームを決めかねている、迷っている6年生、どこにも体験に行っていないけど硬式ボールも経験してみたい選手など、是非札幌北リトルシニア体験会に参加して下さい!

熱意溢れる親身な指導で、中学でしっかりと土台を作り、高校以降で飛躍する選手になるようにしっかりと取り組んでおります。百聞は一見に如かず。是非ともご覧下さい。

【練習体験会】
・日時:平成31年1月13日(日) 12:00~15:00
・場所:石狩フェニックスフィールド 石狩市志美240-1
・持ち物:野球道具一式(土ですのでスパイクなどをご持参下さい)・自身の飲み物等
※野球の出来る服装でお越しください。硬式バットは球団で用意します。

【問い合わせ、連絡先】 ※参加希望な方は極力事前にご連絡下さい。当日でも構いません。
監督 田中(090-3776-0304) 
ヘッドコーチ 松本(080-8628-1148)
※仕事等で出られない時は折り返しさせていただきますのでご了承下さい。

通常練習の体験も大歓迎です! 
冬季期間は水曜日・土日祝において主に札幌北シニア室内練習場にて行っております。
(活動場所~札幌市東区丘珠町391-1)
詳しくはチームHPでもご確認ください。
グローブ
ボール