スポーツ整形外科に聞け!

”けがだらけの人生”吹き飛ばす!立命館慶祥の工藤君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ”けがだらけの人生”吹き飛ばす!立命館慶祥の工藤君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月、患者急増に対応するために開業した外来専用の「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」(同区青葉町11丁目)に通院し、リハビリに奮闘している姿を紹介する「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は立命館慶祥高3年(野球部)の工藤龍之介君。工藤君の”けがだらけの人生”は壮絶だ。中2の時の右ひざ半月板損傷に始まり、足首じん帯断裂、右肩損傷、右足首骨折と連続のけがに泣いてきた。それでも心は折れることなく、次へのステップを目指して野球力向上を図ろうと更なる上昇機運を追求する根性男。リハビリにも自然と力が入る毎日だ。




リハビリを終わって、ひとり超音波機を操り治療する工藤君




数々のけがにもめげず頑張る立命館慶祥高の工藤龍之介君

▽工藤 龍之介(立命館慶祥高3年、18=172センチ、65キロ、外野手)苫前・古丹別サンダース-札幌羊ヶ丘シニア(中学硬式)-立命館慶祥高野球部

野球は小学4年生から。全道大会にも何度か出場実績がある留萌管内の強豪チーム、古丹別サンダースに入り捕手などで活躍。足も速く、野球選手のために生まれてきたようなポテンシャルを持って、中学では硬式野球の札幌羊ヶ丘シニアに入団した。苫前町・古丹別から父親の送迎で片道3時間をかけて毎週、3年間を通いとおした。金曜の夜10時ごろに札幌着、土、日に練習(試合)してその夜に苫前町に帰る、その繰り返しで頑張った。サードで6番打者、チーム内の盗塁王(100m12秒3)にも輝いていた。「(シニア)中学野球が一番、印象に残っています」と工藤君。今夏、27度目の甲子園出場を決めた仙台育英高のエース、田中星流君(恵庭柏陽中出身)は羊ヶ丘シニアのチームメートだった。「一緒に過ごしたことが勉強になり、ものすごく誇りに思っています」-甲子園での仲間の活躍にエールをおくる。

仲間にも恵まれ、順風満帆のはずだった工藤君にけがの魔手が伸びてきたのは中学2年の時。右ひざの半月板損傷で手術体験の始まりで、それからは本人曰く”けがだらけの人生”になった。高1の後半、京都遠征で左足首じん帯断裂、今年に入って高2の2月、右肩損傷で手術、そのリハビリの通院中の6月に自転車で転倒して右足首を骨折してしまった。しかも甲子園メンバー発表の1週間前の出来事。何とも言えない不運だ。そして8月末には骨折した足首のボルトを抜く手術も控えている。

今はリハビリ、キャッチボール、超音波治療を続けながら1日も早い復帰を願っており、来月末のボルト抜き去りで歩行が可能になり今から楽しみにしている。そんな”けがだらけの人生”に陥ってる工藤君だが、暗さは全然ない。前向きにとらえ、更なる高みを目指している。「高校時代は悔いが残るので新たな挑戦を考えています」。大学野球に進むか、アメリカに野球留学するか、大きな目標2つをたて、今思案中だ。けがにめげるどころか新たな挑戦に挑む姿は素晴らしい。

3年間、苫前町から送迎してくれた父親への感謝の気持ちは、いつも心の中に大きな存在となっている。けがをしながらも挫折することなく野球を続けてきた結果、多くのことを学んできた。けがをしたプラスマイナスはどっち、との問いに迷わず「プラスの方が大きかった」と即答する工藤君。両親への恩返しのためにも、今後は野球と勉強に全力を尽くすと明言した。

(記者の目・中山武雄)工藤君のけがに対する前向きな姿勢、努力には敬服しました。明るく”けがだらけの人生”を語ってもらいましたが、めげない不屈の精神には、記者の方が勉強させられました。これだけの根性があれば、不可能なことはありません。目標に一直線に進むのみ、必ず成功します。頑張って下さい。

評判高い「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」

「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区青葉町11丁目に開業し2年目に入り、急増する患者により良い医療サービスを提供し対応している。施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを揃え、患者の早期復帰をサポートしている。

理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当サイト・ストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間】

♦月~金 受付・午前の部:7:00~正午 午後の部:13:30~19:30(土曜16:30)

診療・午前の部:7:30~12:30 午後の部:13:30~20:00(土曜17:00)

♦休診日 日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】秋季全道・準Vの旭川北稜球団、体験者募集!
日本リトルシニア北海道連盟所属
【チームスローガン】
~気迫 気持 気合~

今年も「日本選手権大会(全国)」を目指し頑張ります。

今春から硬式ボールでとお考えの「現在中学2年生、1年生、小学6年生」の皆さん。練習を体験してみませんか?
入団時期に関しては、今からでも遅くありません。
また、年間を通じ一切入団に関する制約はありません。
野球を志す女子選手の参加も、お待ちしています。

【練習日】
火・木曜日(17:00~20:00)
土・日・祝日(9:00~15:00)

【練習場所】
春・夏・秋 旭川北稜専用球場
       (旭川市東鷹栖1線11号)
冬季練習場所
市内及び近郊の練習施設を借用し行っています。

【お問い合わせ先】
090-7643-3454 (理事 たなだ)
Eメール asahikawa.hokuryo@gmail.com

↓よろしければお立ち寄りください
中学軟式クラブチーム
【PR】ピースベースボールクラブ
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
札幌に新たな中学生軟式野球チームが誕生します!
専用グラウンド確保!室内練習場確保!送迎予定!父母会・当番なし!!

次回の説明会は、11/10(土)19時から白石区民センターで開催します!
ホームページから登録の上、是非ご参加ください。女子選手大歓迎です!!
https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

札幌球道ベースボールグループ
【チーム名】PEACE Baseball Club

【ポリシー】『規律の徹底~Aim for Thorough Discipline~』
1.挨拶・返事・整理整頓の徹底 = 球道即人道
 野球だけではなく、社会でも通用する人に!
 野球の向上は私生活から。
2.文武両道 = 文球両道
 勉強もしっかりと!成績不振を野球のせいにしない!
 野球を終えてからの人生の方がはるかに長い。
3.全力疾走
 誰からも応援される選手になろう!

【活動場所】
札幌市南区北の沢に専用球場および室内練習場を確保。
2月以降は地下鉄真駒内駅より送迎車での送迎も予定しています。

【活動日】
土曜日・日曜日・祝日の4~5時間程度
火曜日・木曜日は参加可能な選手で実施
その他:不定期で教室内での技術ミーティング、栄養指導等の講習会を実施

【保護者の関わり】
マネージャー制のため、父母会設置の予定はなく、母親の当番もありません。
お手伝い可能な父親には、審判等のお手伝いをお願いする場合があります。

全日本少年軟式野球大会で『横浜スタジアム』を目指します!


お問い合わせ先
監督:高山 090-8708-6966, kyudobaseballclub@gmail.com
中学軟式クラブチーム
【PR】2月練習体験会<JBC札幌・男子チーム>
新入団員募集中!
<練習体験会>
2月の練習体験会の日程

2月2日(土)12:00〜15:00
2月9日(土)9:00〜12:00
2月16日(土)9:00〜15:00
2月23日(土)9:00〜15:00

会場:k-field室内練習場
住所:白石区川北2301
下が土の室内練習場なので、スパイクも持参よろしくお願い致します。

沢山の参加お待ちしております‼


JBC札幌・代表の渋谷 貴です。

昨年の秋頃から休部という残念な形を取らせていただきました。
練習体験会を希望するご家庭が相次ぎ、今回指導体制を一新して2019年から再スタートさせていただきます。

監督には北海出身の吉田 仁(45)と札幌第一出身のコーチを務めてもらう川村健二氏(29)、トレーナーは以前と同様川村コーチと同期の幸坂トレーナー(29、駒大苫小牧→亜細亜大学)が、新生JBC札幌をけん引します。

ゼロからの人集めでしたが、練習体験会の問い合わせがお陰様で続いております。
吉田監督は人柄も良く、野球を通じて人間教育も実践してくれる貴重な指導者。

チームの最大の目標である、全日本少年札幌支部予選を近い将来勝ち抜いてくれると信じております。
※今年から中学部活動との兼任も可能とし、女子選手も募集致します‼️


〇監督:吉田 仁氏(45)
山鼻イーグルス(現中南イーグルス)→伏見中学野球部→北海高校→道都大学短期大学部(現星槎道都大)です。
2018はJBC札幌女子チームのコーチ実績あり。
〇コーチ:川村健二氏(29)
野球歴
東ハリケーン(主将)-札幌北シニア(主将)-札幌第一高校(主将)-明治大学


【入団、練習体験会お問い合わせ先】
渋谷代表090‐6994‐7317
吉田監督090‐1522‐4688
グローブ
ボール