たきうちプレス

今オフは「体づくり」を誓う北科大高の大庭君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今オフは「体づくり」を誓う北科大高の大庭君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




装具をつけてリハビリに取り組む大庭君




たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する今月の「院内で見つけたアスリート」は、北海道科学大学高校の大庭理矢君(としや、1年、16)。

大庭君は先月(10月)23日に同クリニックで右ヒジのじん帯を移植するため手術、術後まだ20日を経過したばかりの状態で、最近ようやく本格的なリハビリが出来るようになった。

小学生の時から傷めていた利き腕の不安を、この手術によって一掃し今は「決断をしてよかった」と前向きの気持ちになってリハビリに懸命に取り組んでいる。

北科大高1年の大庭理矢君

▽大庭 理矢(北科大高1年、16=174センチ、56キロ、遊撃手)札幌・星置ブラックタイガース-札幌・星置中軟式野球部-北科大高硬式野球部

同級生に誘われて野球は小学2年から始めた。

ショート、キャッチャー、ピッチャーとチームの要を担い4年生でレギュラーになって頑張ってきた。

しかし5年生の時、右ヒジのはく離骨折でけがをして利き腕に大きな不安を抱えることになった。

今回のけがもその延長線上にあり、中学生になっても完全には回復せず、痛さをこらえて「ダマシだましやってきた」(大庭君)。

高校生になった今シーズンの後半、痛さも限界を超えてきたので大きな決断をして損傷していたじん帯を移植した。

「手術をすることになり、初めて自分のヒジの状態(悪さ)を知ってよかった」。

ちょっと痛くなっても「ガマンをして乗り切ろう」というのがこれまでの考えだったが診断状態を医師から聞かされ、「回復には長い時間がかかるが、ここで完全に治しておこう」と、考えは大きく変わった。

「ちょっと不安(手術)だったが、野球は大好きだし今後も長く続けたいので思い切って手術に踏み切りました」と大庭君。

 

足も速く、チームの1年生の中ではトップスリーに入る俊足の持ち主。

小学時代は1番か2番バッターで活躍してきた。

自分のベストワン試合は中三の中体連支部予選(西区)。

初戦の相手は何と強豪の発寒中、大庭君の星置中とどちらも優勝候補のぶつかり合いになった。

相手ピッチャーは「超」のつく凄い投手。3回まで全く打てなかったが、この回無死で四球出塁のチャンスが巡ってきた。

次打者は8番・大庭君、送りバントの指示が出て1、2塁線にころがし成功。「緊張しました」、しっかりと役目を果たし得点につながり、チームを決勝(準優勝)まで導くきっかけをつくった。

自分の一打でライバルを破ったことと、相手の好投手をバントで攻略したことが大庭君にとっては忘れられない快心のシーンとして今でも頭の片隅に残っている。

目標は当然、甲子園。今回のけが思い知ったことは強い体づくりの必要性だ。「もっともっと体重を増やして強い体を作らないとけがのリスクが高まることを知りました」。

チームの目標でもある「体重を増やす」を、個人の一番の柱として体づくりをしていく-と今オフの課題にしている。

「食べ物にこだわって一生懸命、ご飯をたべます」。当面の目標も定まり、来春までの長期リハビリの覚悟もできて大庭君の表情も明るい。

あとは早期完全回復を願うばかりだ。

(記者の目・中山武雄)長期リハビリにも暗さはない。けがの状態、今後のケアも自分なりにしっかりと理解しているようで安心しました。「けがをしない体づくり」を何度も繰り返し、相当の覚悟で取り組むと思いが伝わってきました。「リハビリも練習のうち」と心を切り替えれば気が楽になります。

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科病院。瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務めるなど、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

たきうち整形外科スポーツクリニックへの問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習のお知らせ<札幌札幌真駒内シニア>
新入団員募集中!
硬式野球体験会のご案内!

札幌真駒内リトルシニア球団は、日本リトルシニア中学硬式野球協会北海道連盟に所属する中学硬式野球チームです。
硬式野球に興味がある現在中学1年生及び小学6年生の体験会参加者を随時募集しております。興味がある方はお気軽に下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

●チームスローガン
「明るく 厳しく のびのびと」

●練習日
土曜日、日曜日、祝日(お盆、年末年始を除く)9:00から17:00まで

●練習場所
札幌市南区真駒内191番地内 (有限会社澤田運輸さんの敷地内)※澤田運輸さんの敷地(私有地)を通り抜け案内看板のとおり進んでください。

・夏季:真駒内駒岡Gスタジアム 
・雨天時・冬季:真駒内駒岡室内練習場  


●お問い合わせ
監督久保田:090-8899-5918
事務局長竹下:090-3206-3831
中学硬式野球クラブチーム
【PR】とかち道東ボーイズ
とかち道東ボーイズ

『スポーツを通じて人間性を学び養う』
『目先のチームの勝利より、選手個々の成長のためのアプローチを優先!』

新入団員募集中!

【練習日時】
平日:(火・木)18:00~20:00
土日:3~4時間

【練習場所】
平日:白樺学園室内練習場・芽室健康プラザ 他
土日:芽室町営球場・鹿追室内練習場 他

【対象】
小学4年生~中学1年生(4月まで)

【お問い合わせ】
事務局:竹島 宏和TEL:090-7653-4883
中学軟式クラブチーム
【PR】ピースベースボールクラブ
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
札幌に新たな中学生軟式野球チームが誕生します!
専用グラウンド確保!室内練習場確保!送迎予定!父母会・当番なし!!

次回の説明会は、11/10(土)19時から白石区民センターで開催します!
ホームページから登録の上、是非ご参加ください。女子選手大歓迎です!!
https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

札幌球道ベースボールグループ
【チーム名】PEACE Baseball Club

【ポリシー】『規律の徹底~Aim for Thorough Discipline~』
1.挨拶・返事・整理整頓の徹底 = 球道即人道
 野球だけではなく、社会でも通用する人に!
 野球の向上は私生活から。
2.文武両道 = 文球両道
 勉強もしっかりと!成績不振を野球のせいにしない!
 野球を終えてからの人生の方がはるかに長い。
3.全力疾走
 誰からも応援される選手になろう!

【活動場所】
札幌市南区北の沢に専用球場および室内練習場を確保。
2月以降は地下鉄真駒内駅より送迎車での送迎も予定しています。

【活動日】
土曜日・日曜日・祝日の4~5時間程度
火曜日・木曜日は参加可能な選手で実施
その他:不定期で教室内での技術ミーティング、栄養指導等の講習会を実施

【保護者の関わり】
マネージャー制のため、父母会設置の予定はなく、母親の当番もありません。
お手伝い可能な父親には、審判等のお手伝いをお願いする場合があります。

全日本少年軟式野球大会で『横浜スタジアム』を目指します!


お問い合わせ先
監督:高山 090-8708-6966, kyudobaseballclub@gmail.com
グローブ
ボール