たきうちプレス

社会人野球からプロ目指す!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社会人野球からプロ目指す!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

治療中の石山智也氏

~たきうちプレス~

『社会人野球からプロ目指すシャークスの石山投手』

今回の「院内で見つけたアスリート」は、腰痛、膝痛などの通常の整形外科疾患のほかスポーツにによる障害・外傷に対して専門性の高い診断、治療を行っている「たきうち整形外科スポーツクリニック」(瀧内敏朗院長、札幌市中央区南1西6、札幌北辰ビル2階)で通院治療する社会人野球の選手を紹介する。選手の名は石山智也さん23歳。社会人野球のクラブチーム「室蘭シャークス」(加藤徹監督)に所属する2年目の投手で、「(プロ野球から)声がかかれば、プロに行きます」と宣言する期待の投手だ。今年2月ごろに肩(関節の炎症)の障害が発症し、スポーツクリニックとして名高い「たきうち整形外科スポーツクリニック」で診療、リハビリ治療を受け、シーズンへ万全の備えをした。

『院内で見つけたアスリート』

石山智也さん

▽石山 智也さん(23)室蘭シャークス (春日ライオンズ-千歳中軟式野球部-北広島高野球部-北大野球部)

身長:185センチ 体重:82キロ

◎北大、神宮大会ベスト8進出時のエース

小学4年生から野球を始めた石山さん。地元千歳市の春日ライオンズに入り、大学3年までキャッチャー一筋で活躍してきたが、大学4年生になって自ら志願して投手になり、その年(2010年)の全日本大学選手権大会(東京・神宮球場)にエースとして出場してベスト8という開学以来の快挙を成し遂げた。もちろん全国初勝利だ。その時のうれしさ、感動がのちの投手生活につながり、社会人になって室蘭シャークスの投手陣の一翼を担っている。

絵に描いたような文武両道を貫いた石山さんは北大卒業後、野球に理解がある新日鉄直系の総合エンジニアリングの中堅ゼネコン・太平工業室蘭支店に入社し、仕事と野球に挑戦し、機会があればプロをも目指す新星だ。今は会社の独身寮に入り、午前8時から5時までサラリーマン生活を送り、そのあと毎日午後6時から3時間、チーム練習を行っている。高いレベルを目指す石山さんはチーム練習が終わってからも1時間30分ぐらいの個人練習をして帰宅する毎日。食事をして、洗濯を済ませると深夜になる。そんな苦労も「全然平気です」という石山さん。プロに挑戦するなら「今しかない」という強い気持ちの表れだ。「野球は楽しむもの。義務にならない、やりたいからやっている」と淡々と話す。

今季はチームの都市対抗(全国)2年連続出場の大きな目標がかかっている。石山さんにとっては初出場となった昨年は1回戦敗退という悔しい思いを味わった。昨年は公式戦の出番がほとんどなかった石山さんだったが、この都市対抗全国大会では、最後の打者で登板し三振を取ったのが強烈な思いとして残っている。その意味からも今季の連続出場をチームの誰よりも願い、再び全国の大舞台での登板を思い描き、日々の練習にも熱が入っている。マックス143キロのストレートに磨きをかけるため、毎日の走りこみは欠かさない。400メートル×10本、坂ダッシュ30~40本と、冬の間にみっちり鍛えた。あとは実戦で試すだけだ。

今年に入って(2月ごろ)、肩に違和感を覚え痛みが発症した。投球フォームの崩れから、投げ方が悪くなり炎症が起きたようだ。たきうち整形外科スポーツクリニックの瀧内院長には大学時代から治療、精神的なアドバイスを受けて心身の師と仰いでいた。今回も痛みがあり不安になって、万全を期すために瀧内院長を訪ねた。「院長に診てもらったので安心しました」と、厚い信頼を寄せる。リハビリではスポーツ専門の理学療法士から治療を受け、その後フォームチェックの助言をもらい、明るい表情で室蘭に帰宅した。

(記者の目・中山 武雄)スポーツも、勉強も頑張ってきた石山さん。目標をしっかり持った生き方が、インタビュー中にも熱く伝わってきた。まず、社会人野球で自身の力をはかって、それからプロに挑戦するという、確実な人生観を持っている。体格にも恵まれプロで十分通用する素質はある。今後の努力と社会人野球の活躍いかんで、夢が現実になることが十分ありと見た。

☆たきうち整形外科スポーツクリニック☆

同クリニックは、札幌市中央区南1西6という立地条件に恵まれた位置にある上、豊富な知識と経験を持つ医師、リハビリスタッフがそろっており、スポーツ障害患者らの信頼度が高い。閉塞感のない最新鋭のオープンMRIを導入し、より精密な画像診断で損傷状態を把握、適切な診断を提供している。院長の瀧内敏朗医師は、プロ野球チームの帯同ドクターを務めた経験を持ち、当ストライクのサイトでもおなじみの「フォームチェック」をわかりやすく解説し、好評を得ている。また、スポーツの専門知識を持った理学療法士が充実した機器を用いて運動療法、物理療法を施している。リハビリ室には硬式ボールで全力投球できるスペースもあり、まさにその場で回復度合いがチェックできる、患者にとってはうれしい施設だ。温浴療法装置、低周波治療器、超音波治療器、筋力測定器など、設備は万全だ。

◆お問い合わせ◆
たきうち整形外科スポーツクリニック
札幌市中央区南1条西6丁目11番地北辰ビル2F(東急ハンズの向いのビル)
電話:011-241-8405
info@takispo.jp

【休診日】
日・祝日、第2、4、5土曜日。携帯からも予約が可能

☆次回の下肢外来は、6月2日(土)です。
5月の下肢外来は、鈴木医師が学会出席のため休診です。

☆ゴールデンウィークの診療案内☆
4月28日(土)29日(日)30日(月) 休診
5月1日(火)診療 11:30~20:00
5月2日(水)診療 11:30~20:00
5月3日(木)4日(金)5日(土)6日(日) 休診

5月1日・2日は混雑が予想されます。
当院では、シマフクロウコールを導入しておりますので、再診の方はぜひご利用ください。

【ドクターのフォームチェック】
第1回「金子投手&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属
第2回「町田投手」西発寒ホークス所属
第3回「立野投手」真栄ビクトリー所属
第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属
第5回「関根匤希」東ハリケーン所属
第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属
第7回「下重匡史」札幌北シニア所属
第8回「渡辺佑汰」東札幌中央ビクトリーズ所属

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ
新入団員募集中 ‼ 現在、新入団員8人。(2016.2.20現在) 9人目、10人目の入団をお待ちしております。 体験練習は随時受け付けています。
ボーイズリーグ 北海道支部所属
札幌手稲ボーイズ

【チームビジョン】
心身を練習と実践で鍛え、将来につながる野球の基礎づくり

【チームスローガン】
一戦一戦を大切にチーム一丸となって戦おう!めざせ全国優勝!!

【チーム紹介】
"監督は、元ヤクルトスワローズ 投手 有澤賢持氏。
"
恵まれた野球環境の中で充実した指導、豊富な練習量で
ボーイズリーグの頂点を目指し日々練習に打ち込んでおります。

【監督プロフィール】
北日本学院(現・旭川大高)から大昭和製紙北海道、日産サニー札幌を経て、
"1987年ドラフト3位でヤクルトスワローズ入団。貴重な左腕中継ぎとして活躍。
"
引退後、少年野球チーム監督などを務め、
2004年1月札幌手稲クラブ(現札幌手稲ボーイズ)監督就任。
現在は北海道野球協議会特別技術指導員、プロ野球OBクラブ北海道幹事を務め、
道内各地の野球教室で指導を行うとともに
マスターズリーグ・札幌アンビシャスに選手として参加しています。
(2015.12.29のSTV「わくわくラジオ」で紹介されました。)

【在籍選手】
2年生14名 1年生18名 6年生8名 (2016.2.20現在)

【球団球場】(専用球場)
しんたく球場(石狩市字南3線通)

【室内練習場】(冬季・雨天時)
札幌手稲ボーイズ室内練習場(石狩市樽川174-4) 

【練習日】
火・木・金・土・日・祝

【お問合せ先】
球団代表 桑原 090-8051-8291
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会 鈴木貴博
TEL  090-7057-6583
監督(阿部):090-2056-9966
中学硬式クラブチーム
【PR】小学生対象 硬式野球体験会のお知らせ<札幌白石シニア>
新入団員募集!
札幌白石リトルシニア主催
小学生対象
硬式野球体験会

場所
北海道日本ハム屋内練習場
日時
1月20日
15時〜18時

硬式野球に興味のある小学1年生〜6年生の参加をお待ちしてます。
※当球団はリトルリーグも運営しておりますので小学1年生から受付ます。

申し込みは、先着順で締め切りは1月12日、定員になり次第締め切らせて頂きます。

問い合わせ
小原
090ー2814ー0329
グローブ
ボール