たきうちプレス

秋へ全力投球だ!北区Fの小森君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 秋へ全力投球だ!北区Fの小森君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




左腕でシャドーピッチングをする小森湊太君



「たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたアスリート」の今月の登場者は、札幌・北区ファイターズの小森湊太君(札幌・北陽小5年)。

投手をしていた昨年9月に利き腕の右ひじに違和感を覚え同クリニックで診察を受けて「野球ひじ」とわかり、それから大事を取って診察、リハビリを続けている。

器用な小森君は利き腕に少しでも負担を減らそうとけがをしてからは左投げを練習して会得、利き腕が完全に治るまで両方の腕を使ってボールを投げている。

今は順調に回復し、あとは医師からの”全力投球GOサイン”を待つだけ。

北区ファイターズの小森湊太君

▽小森 湊太(札幌・北陽小5年=146センチ、35キロ、投手、外野手)札幌・北区ファイターズ

4年生から投手になり、悪いフォームで投げ続けた結果、利き腕の右ひじに異状が生じていることがわかった。

即、チームの先輩から教えてもらった「たきうち整形外科スポーツクリニック」で診察を受けたのが昨年9月。

今春、一旦よくなったかに見えたが完治はしていなかった。

ボールを投げられる「うれしさ」のあまり、右ひじに急激に過度な負担をかけたのか症状を悪くしてしまった。

自覚症状がなかったため危うく見逃すところだったが、小森君の体を心配する両親の思いが通じて続行していた診療・リハビリチェック(レントゲン検査)で再発していることが分かり大事に至らず、通院をさらにに延長することになった。

 

 

右ひじのけがと分かってすぐに左投げの練習を始めた。

慣れるまでに3か月ぐらいかかったが、試合にも出場しトス程度なら投げられるようになった。

家でも真剣に取り組み練習した結果があらわれ、また野球ができる喜びを味わっている。

けがをしてから外野か一塁を守っている。

治った後は「やっぱり投手を続けたい」と、フォーム矯正やリハビリに特に力が入り、今は順調な回復に安堵感も出ている。

 

 

「バッティング、守備が大好き」と言う小森君。

足も速くクラスのリレー選手。打順は5、6番でたまに3番、1番を打つこともある。

思い出の試合は、3年生の時に北区の新人戦大会で新川のチームに優勝したこと。

小森君は7番で出場し接戦の四回、ランナーを二塁において左中間に見事なタイムリー打を放ち3-2で勝利をもぎ取りMVPに輝いた。

「抜けた瞬間、やったーと思いメチャクチャうれしかった」。

 

 

5年生で副キャプテン。チームのことも常に考えている。

「チームの人数が少ないのでもっと増えてほしい。

元気で楽しいチームですから気軽に入ってきてほしい」と、新入団員の募集を呼びかける小森君。

チームのみんなと楽しい野球に全力投球したいと願う。

 

 

(記者の目・中山武雄)素直にハキハキと答える小森君。けがに対しては両親ともども細心の注意を払い、ケアにも十分な考えを持っていることが伺えるます。

努力を惜しまず左投げにも挑戦するところは感心します。

初心忘れずに努力を続けて下さい。

 

「たきうち整形外科スポーツクリニック」

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に名が知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト・ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属当時

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリー所属当時

♦問い合わせ♦

「たきうち整形外科スポーツクリニック」への問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~午後8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】恵庭リトルシニア球団
日頃から恵庭シニアを応援、サポートしてくれている皆様に心より感謝申し上げます
◆スローガン  
「全力疾走」を怠らないチームを目指す!

◆練 習 日   
火曜・木曜(夏季16:30~日没まで)(冬季18:30~20:30)
土曜・日曜・祝日(9:00~16:00)

◆グラウンド  
恵庭市柏木町602-2付近(室内練習場併設) ことぶきバス駐車場向い 

新入団員募集中!
お気軽に見学、練習にご参加ください。

◆連 絡 先   
事務局長 石川  090-8706-9469
中学硬式野球クラブチーム
【PR】小樽リトルシニア球団
新入団員募集中!
★チームスローガン
目指せテッペン! 目指せ日本一!

小樽リトルシニアは礼儀と整理整頓を常に心がけています。
小樽市内はもとより、近郊からの団員を募集しております。

★球場、室内
4月~10月は小樽市営桜ヶ丘球場(小樽市花園5-3-3)および市内高校グランドなどで練習、冬期間は専用室内練習場(小樽市オタモイ1-30)、市内高校室内練習場、市内学校体育館で練習をしております。

★連絡先
監督:村上 武洋 090-8636-5813
球団事務局長 福原 圭一 090-3392-7860
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ
新入団員募集中 ‼ 現在、新入団員8人。(2016.2.20現在) 9人目、10人目の入団をお待ちしております。 体験練習は随時受け付けています。
ボーイズリーグ 北海道支部所属
札幌手稲ボーイズ

【チームビジョン】
心身を練習と実践で鍛え、将来につながる野球の基礎づくり

【チームスローガン】
一戦一戦を大切にチーム一丸となって戦おう!めざせ全国優勝!!

【チーム紹介】
"監督は、元ヤクルトスワローズ 投手 有澤賢持氏。
"
恵まれた野球環境の中で充実した指導、豊富な練習量で
ボーイズリーグの頂点を目指し日々練習に打ち込んでおります。

【監督プロフィール】
北日本学院(現・旭川大高)から大昭和製紙北海道、日産サニー札幌を経て、
"1987年ドラフト3位でヤクルトスワローズ入団。貴重な左腕中継ぎとして活躍。
"
引退後、少年野球チーム監督などを務め、
2004年1月札幌手稲クラブ(現札幌手稲ボーイズ)監督就任。
現在は北海道野球協議会特別技術指導員、プロ野球OBクラブ北海道幹事を務め、
道内各地の野球教室で指導を行うとともに
マスターズリーグ・札幌アンビシャスに選手として参加しています。
(2015.12.29のSTV「わくわくラジオ」で紹介されました。)

【在籍選手】
2年生14名 1年生18名 6年生8名 (2016.2.20現在)

【球団球場】(専用球場)
しんたく球場(石狩市字南3線通)

【室内練習場】(冬季・雨天時)
札幌手稲ボーイズ室内練習場(石狩市樽川174-4) 

【練習日】
火・木・金・土・日・祝

【お問合せ先】
球団代表 桑原 090-8051-8291
グローブ
ボール