たきうちプレス

全国経験、来季へ大きな糧に-仁木スポ少の神君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 全国経験、来季へ大きな糧に-仁木スポ少の神君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する今月の「院内で見つけたアスリート」は、今年3月に右ひじを痛めたが今は完全に復帰し、今月初めに全国大会にも出場した仁木野球スポーツ少年団の神大輔君(赤井川小5年、外野手)を紹介する。初めてのけがで不安もあったが幸い軽い症状で済み、治療中もレギュラーとして試合に出場していた根性の持ち主。「リハビリの先生からひじの使い方などを教えてもらい、これまでよりスムーズに投げられるようになった」と表情も明るい。まだ5年生、秋季大会や来季へ向けて一層気合が入っている。

スムーズな投げ方を会得し表情も明るい仁木野球スポーツ少年団の神君

神 大輔君

▽神 大輔(10、赤井川小5年=外野手、135センチ、28キロ)仁木野球スポーツ少年団

3月下旬の練習中、突然右ひじに痛みが走ったがたいして気にもせずにいたが、その後も痛みが収まらずチームメイトの先輩に紹介されて「たきうち整形外科スポーツクリニック」で診察を受け軽いひじ損傷とわかり、両親の送迎で赤井川村から通院することになった。最初は2週間に1回、その後は1か月に1回程度になり、順調にリハビリ治療が続いて今は完全に回復した。リハビリの先生からボールの投げ方、ひじの使い方などを学んでしっかり自分のものにして、けがの前より「スムーズに投げられる」と喜び、今後の野球に大きな自信を得たようだ。

今年の仁木野球スポーツ少年団の活躍は素晴らしかった。5年生レギュラーの神君にとっても忘れられないシーズンになった。まずはスタルヒン杯争奪全道スポーツ少年団軟式野球交流大会の優勝だ。決勝で12-11で千歳ガッツを破り優勝、見事に北海道代表になって8月3日開幕の全国大会(宮城県)に出場した。結果は残念ながら1回戦で徳島県チームに11-12の熱戦の末に敗れたが、神君は2番・レフトで出場しホーム生還の活躍をし、これまで一番の思い出試合となった。

「全国からいろんな強いチームが来ていて、すごいプレーが見られた。それがすごく勉強になった」と、全国大会の収穫を話した。冬はクロスカントリーの選手として体を鍛える神君。「守備のうまい選手になってプロ野球選手になりたい」。最後に、心ひそかに温める「大きな夢」も語ってくれた。

(記者の目・中山 武雄)まだ体は成長途上で小さいが、「プロ選手になりたい」と、でっかい夢を持っています。大事なことです。夢は大きいほどいい-そのために何をすればいいのか、はっきりした目標があり、努力するからです。
Sponsored Link



たきうち整形外科スポーツクリニック
札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科病院。瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師を務めるなど、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な経験と知識を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球関係者、選手、監督ら指導者にも人気となった。
「ドクターのフォームチェック」(バックナンバー)
第1回「金子投手&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属当時
第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時
第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時
第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時
第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時
第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時
第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時
第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時
▽問い合わせ▽

たきうち整形外科スポーツクリニック問い合わせはメール、info@takispo.jp、011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆診療時間(受付)☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日を除く)
夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)
休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たけうち整形外科スポーツクリニック

Sponsored Link



ストライク発行人 大川

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

Sponsored Link

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目1-27
TEL:011-815-6008
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!
⭐︎⭐︎ 球春到来 間近! ⭐︎⭐︎

今年も札幌中央リトルシニア球団は『心を一つに』神宮球場での全国大会を目指します!


【球団紹介】
札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。
専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。
チームカラーは白と紺。
球団のモットーはNext One(前を見続ける)

【球団方針】
中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。
球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え
前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。

【団員募集中】土日祝日
見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。
球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)

敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
中学硬式野球クラブチーム
【PR】旭川西リトルシニア球団
新入団員募集中!
最高の友と最高の舞台へ

旭川西リトルシニア球団では硬式野球に興味のある小学6年生から中学2年生を募集しております。
体験入団は随時行っておりますので、興味のある方はお問い合わせください。

練習日
火・水・木・金・土・日・祝日

練習場所
フェニックススポーツセンター室内練習場
市内・近郊グラウンド使用

お問い合わせ先
監督 武田 090-6876-3001
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌北リトルシニア球団
新入団員募集中!
札幌北リトルシニアリーグでは随時選手を募集しています。
◆グランド/ 小鍛冶球場/住所:札幌市東区中沼13番地
◆室内練習場/住所:札幌市東区丘珠町391-1
【お問い合わせ】
●田中監督:tel 090‐3776‐0304
●連盟理事梶浦:tel 090-3116-2534
グローブ
ボール