スポーツ整形外科に聞け!

目標は二刀流、北広島シニアの今枝君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 目標は二刀流、北広島シニアの今枝君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月、患者急増に対応するために開業した外来専用の「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」(同区青葉町11丁目)に通院し、リハビリの奮闘ぶりを紹介する「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は、中学硬式野球の北広島シニアの今枝優真君(北広島大曲中1年)。今枝君は小学生から速球ピッチャーとして活躍してきたが、中学入学の直前の今年2月の練習中に両膝に激痛が走り、投球ができなくなった。チームの監督から「病院へ行け」と言われ即、同クリニックで診察を受け、じん帯損傷のリハビリ治療に専念した。幸い症状も軽かったので大事に至らず回復スピードもアップ、今は復帰に向けて最後の調整に入っている。

投球練習をする今枝君。目標は二刀流のプロ野球選手



北広島シニアの今枝優真君

▽今枝 優真(北広島大曲中1年=170センチ、79キロ、投手)北広島シニア-大曲カープジュニア出身

今回のけがは小5の時以来2回目だった。最初は右ヒジだったが今度は両膝外側のじん帯損傷だった。2月の練習中に突然襲ってきた痛みに驚き、不安が走った。「座っているだけでも痛く、ショックでした」。何が起きたのかもわからず悪い思いが頭に一杯広がったが、チームの監督の一言で「羊ヶ丘病院」で診察を受けることにした。幸い受診が早かったのでリハビリ治療も順調に経過し今はほぼ完治の状態に戻るまでに回復した。「大事を取りながらゆっくり治療結果を見ています」と今枝君、焦らず急がずチームへの完全復帰を考えている。

野球は小学1年から始めた。公園を歩いていたら大曲カープジュニアのコーチから声を掛けられ、”模擬投球”をしたら、コーチから「うちのチームに是非入ってくれ」と言われ、野球を始めたエピソードの持ち主。そのコーチの眼力のとおり、今枝君はチームの柱になる成長を遂げる。4年生の時、ノーヒット・ノーラン、6年時には完全試合(恵庭大会)を達成した。完全試合の時は1番バッターで出場し、先頭打者ホームランの記録も持つ。

NPB12球団ジュニアトーナメントの出場選手を選ぶ、北海道日本ハムファイターズJr.のセレクションには最終選考まで進み、強豪投手の中で最速116キロをマークし、注目を集めた。残念ながら投手枠の関係で落選したが、元プロ野球選手のコーチたちに強烈なアピールをした。足も速く、長打力もあり「憧れは二刀流の大谷選手。いい目標になっています」と、プロ選手を目指す今枝君。リハビリの先生から教えてもらった「けがをしない体づくり」を大切に守り、将来への大きな目標に向かって頑張っている。

(記者の目・中山武雄)インタビューの受け答えもしっかりしており、けがにもかかわらず表情が明るくプロ向きの性格のようです。中学1年で170センチ、79キロは立派な体格。これからまだまだ成長するでしょうから、将来が楽しみな一人です。投打とともに足も速く、まさにプロ選手向きです。今後の努力があれば必ず目標達成されます。期待しています。

「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区青葉町11丁目に開業し2年目に入り、急増する患者により良い医療サービスを提供し対応している。施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを揃え、患者の早期復帰をサポートしている。

理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当サイト・ストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間】

♦月~金 受付・午前の部:7:00~正午 午後の部:13:30~19:30(土曜16:30)

診療・午前の部:7:30~12:30 午後の部:13:30~20:00(土曜17:00)

♦休診日 日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 広告募集
  • >広告募集
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
中学硬式野球クラブチーム
【PR】旭川大雪ボーイズ
新入団員募集中!
旭川大雪 ボーイズは昨年の秋季北海道選手権大会で優勝し、3/26日から東京・大田スタジアムで開催される第46回日本少年野球春季全国大会(ボーイズリーグ全国大会)に出場することが決定致しました。
しかし道内での優勝は飽くまでも過程であって、私たちの目標はそこではありません。全国で勝ち進むことです。
選手たちは今、自分が何をやるべきかを自覚しております。その情熱は後輩たち、さらには新入団生にも波及、浸透しつつあります。

そんな旭川大雪ボーイズでみなさんも一緒にやりませんか!まだまだ新入団生歓迎ですよ!次世代の旭川大雪ボーイズを築いて下さい!

スケジュールは球団ホームページでご確認ください。



お電話でのお問い合わせは  
監督 西大條(にしおおえだ) 携帯:090-5951-7831
少年硬式野球(小学1年生~中学1年生まで)
【PR】札幌新琴似リトルリーグ
新入団員募集中!
札幌市内・近郊の小学1年生~6年生、野球大好きな子・硬式野球に興味のある子、新琴似ウィンキーズでは新入団員を大募集しております!(野球経験の有無、男女は問いません、当リトルリーグは中学1年9月までの活動です。) ※選手は札幌・石狩・小樽など様々な地域から参加、また軟式野球経験者、軟式野球卒団者(6年秋入団)もいます。
今季の大会結果
◎東日本選手権大会北海道地区大会 優勝!
・全日本選手権大会北海道地区大会 予選敗退
◎全国選抜大会北海道地区大会 優勝!
※全国選抜選手権大会 一回戦敗退
・理事長杯北海道大会 3位
・北海道連盟杯 3位
・新人戦 2位
・マイナー戦 準優勝
体験、見学、入団希望の方は下記の連絡先までご連絡下さい。
団員
6年 4名 5年 2名 4年 3名
3年 4名 2年 3名 団員16名 
※卒団中一6名
活動内容
毎週土曜日・日曜日、祝日(9:00~16:00)
札幌新琴似リトルリーグ・ウィンキーズ球場
 練習場は札幌市北区新琴似町に有ります。
(札幌市北区区民球場の隣です)
連絡先
▼広報担当 寺島
TEL:080‐9616‐5754
メール:shinkotonill@gmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!
今年も札幌中央リトルシニア球団は『心を一つに』神宮球場での全国大会を目指します!

【球団紹介】
札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。
専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。
チームカラーは白と紺。
球団のモットーはNext One(前を見続ける)

【球団方針】
中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。
球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え
前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。

【団員募集中】土日祝日
見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。
球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)

敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
グローブ
ボール