スポーツ整形外科に聞け!

「野球は最高に面白い!札幌国際大の石川君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「野球は最高に面白い!札幌国際大の石川君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

地域医療の拠点になっている「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が3月21日から外来のリハビリ専用の「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣に新設、開業した。野球基準に適合したリハビリ野球マウンドもあり、患者にとっては安心した精神状態の中で早期復帰を目指せる。そんな新装なった同クリニックでリハビリに励む「院内で見つけたアスリート」は、札幌国際大学硬式野球部1年の石川航大君。中学から捕手をしており、高3の昨年春に右肩炎症に悩まされながらも騙しだまし練習、試合を続けてきたが良くならず、大学進学を機に完全に治そうと羊ヶ丘病院にやってきた。「早くボールが投げられるようになり、新スタートを切りたい」と、リハビリにも力が入る。

タオルを使って投球フォームを確認する石川君

キャッチャーで活躍している石川航大君

▽石川 航大(札幌国際大学1年=捕手、170センチ、59キロ)発寒グリーンホークス-発寒中軟式野球部-札手稲高硬式野球部-札幌国際大学硬式野球部

父親が野球をやっていた影響で小学3年から始めた。中学から捕手に専念し高校、大学へと捕手を希望している。「捕手はチームの中でただ一人、みんな(8人の選手)と向き合ってプレーする!そんな姿が格好いいと憧れていた」と、捕手を選んだ理由を話す石川君。相手ベンチの動き、自陣のベンチにも目を配り作戦を練るところが面白味があり、大好きだと言う。

けがをしたのは高3の昨年春。シーズン始めの肩のけが発症だったので、痛み、違和感を抑えて練習、試合を続けた結果、悪化してしまった。他の病院で治療を受けたが半年たっても良くならず、父親の勧めで羊ヶ丘病院に通うことにした。今年月、遅すぎた受診だったが、今は順調にリハビリも進み1か月ぐらいで完治する見通しが立ち、ホッと胸をなでおろしている。「これほど大きなリハビリ治療を受けるのは初めて。早く治して大学野球で頑張りたい」と、気持ちを切り替えながらシーズン復帰を目指している。

「野球に関しては一番勉強しているつもりです」、捕手らしいデータを重視して知識を蓄えている。高2で遠投75メートル、二塁間送球ベスト2秒という強肩ぶりのポテンシャルに期待が膨らむ石川君。教員免許、トレーナー資格を取って、将来は野球の指導者にも夢は膨らんでいる。

(記者の目・中山武雄)「野球はツーアウトから逆転できるスポーツ。だから面白いんです」と話す石川君の笑顔を見ていると、野球を心底から愛していることが伝わってくる。好きこそ物の上手なれ・・・楽しんでやることが一番大切だと思います。

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニックが開業

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目=岡村健司理事長、倉秀治病院長)が3月21日、リハビリ専門の「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を同区青葉町11丁目に新設、開業した。スポーツに特化した最新の運動機器が勢ぞろいし、外来のリハビリ専用のクリニックとして注目されている。

新設の「リハビリクリニック」は羊ヶ丘病院と連携し、質の高いリハビリを提供している。新設地も羊ヶ丘病院から車で10分以内に移動できる近距離にあり、外来患者専用のクリニック。広々とした室内には野球基準に沿った本格的なマウンドや走行スペースも十分にとっている。

広々としたリハビリ室

野球基準をクリアした本格的なマウンド

最新のマシンが勢ぞろいしたリハビリ室

【受付・診療時間】

月~金 受付午前の部:7:00~12:00 午後の部:12:00~19:30(土曜16:30)

診療午前の部:7:30~12:30 午後の部:13:30~20:00(土曜17:00)

休診日 日曜・祝日・年末年始

予約・問い合わせ ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

ストライク発行人 大川

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

Sponsored Link

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目1-27
TEL:011-815-6008
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ
新入団員募集中 ‼ 現在、新入団員8人。(2016.2.20現在) 9人目、10人目の入団をお待ちしております。 体験練習は随時受け付けています。
ボーイズリーグ 北海道支部所属
札幌手稲ボーイズ

【チームビジョン】
心身を練習と実践で鍛え、将来につながる野球の基礎づくり

【チームスローガン】
一戦一戦を大切にチーム一丸となって戦おう!めざせ全国優勝!!

【チーム紹介】
"監督は、元ヤクルトスワローズ 投手 有澤賢持氏。
"
恵まれた野球環境の中で充実した指導、豊富な練習量で
ボーイズリーグの頂点を目指し日々練習に打ち込んでおります。

【監督プロフィール】
北日本学院(現・旭川大高)から大昭和製紙北海道、日産サニー札幌を経て、
"1987年ドラフト3位でヤクルトスワローズ入団。貴重な左腕中継ぎとして活躍。
"
引退後、少年野球チーム監督などを務め、
2004年1月札幌手稲クラブ(現札幌手稲ボーイズ)監督就任。
現在は北海道野球協議会特別技術指導員、プロ野球OBクラブ北海道幹事を務め、
道内各地の野球教室で指導を行うとともに
マスターズリーグ・札幌アンビシャスに選手として参加しています。
(2015.12.29のSTV「わくわくラジオ」で紹介されました。)

【在籍選手】
2年生14名 1年生18名 6年生8名 (2016.2.20現在)

【球団球場】(専用球場)
しんたく球場(石狩市字南3線通)

【室内練習場】(冬季・雨天時)
札幌手稲ボーイズ室内練習場(石狩市樽川174-4) 

【練習日】
火・木・金・土・日・祝

【お問合せ先】
球団代表 桑原 090-8051-8291
中学硬式野球クラブチーム
【PR】恵庭リトルシニア球団
日頃から恵庭シニアを応援、サポートしてくれている皆様に心より感謝申し上げます
◆スローガン  
「全力疾走」を怠らないチームを目指す!

◆練 習 日   
火曜・木曜(夏季16:30~日没まで)(冬季18:30~20:30)
土曜・日曜・祝日(9:00~16:00)

◆グラウンド  
恵庭市柏木町602-2付近(室内練習場併設) ことぶきバス駐車場向い 

新入団員募集中!
お気軽に見学、練習にご参加ください。

◆連 絡 先   
事務局長 石川  090-8706-9469
中学硬式野球クラブチーム
【PR】旭川西リトルシニア球団
新入団員募集中!
最高の友と最高の舞台へ

旭川西リトルシニア球団では硬式野球に興味のある小学6年生から中学2年生を募集しております。
体験入団は随時行っておりますので、興味のある方はお問い合わせください。

練習日
火・水・木・金・土・日・祝日

練習場所
フェニックススポーツセンター室内練習場
市内・近郊グラウンド使用

お問い合わせ先
監督 武田 090-6876-3001
グローブ
ボール