スポーツ整形外科に聞け!

プロになって2千本安打!夢描く東雲Fの小野君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - プロになって2千本安打!夢描く東雲Fの小野君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

JR新札幌駅、地下鉄新さっぽろ駅から徒歩5分の利便さと、高度な医療技術を提供し、地域医療の拠点になっている「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)。患者急増に対応して外来専門の「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」(同区青葉町11丁目)を今年3月に増設し、フル稼働している。シリーズ「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は、札幌・東雲ファイターズの小野遼斗君(11、栄南小5年)。遊撃手、投手で活躍する小野君だが、シーズン真っ最中の6月に右ひじを損傷し、同クリニックで懸命なリハビリを続けてきた結果、「今はボールも投げられるようになり、最高にうれしい」と明るい表情で話し、最上級生になる来季を見据えてオフ・トレに力を注ぐ構えだ。

大きな夢に向かってリハビリに取り組む小野君




Sponsored Link

札幌・東雲ファイターズの小野遼斗君

▽小野 遼斗(札幌・栄南小5年=150センチ、40キロ、遊撃手・投手)札幌・東雲ファイターズ

野球は2年生から始め、今回のけがは初めてだった。利き腕の右ひじに違和感を感じたのはシーズン中の6月、すぐに両親に相談して「羊ヶ丘病院」で診察を受けた。成長期にありがちなひじの軟骨損傷で、完治するまでは「ボールを投げてはダメ」とドクターストップがかかった。「投げられなくなる」ことに最初はちょっと不安だったが、けがの前に遊びで”両投げ”を始めていたのが幸いし即左投げに切り替え何とか練習と試合に対応することができ、不安を解消した。

11月中旬、リハビリに頑張ってきた4か月の結果が実り、待望の「ボール投げOK」のサインをもらった。「うれしかった」と小野君。投げられることへの素直な喜びを語った。秋の新人戦は打順4番で出場した。バッティングには自信を持っており、来季の主砲取りに気合も入っている。

「誰にも負けたくない」、小野君の最大の長所だ。そのためにも積極的に自主練習に取り組み、自宅でも素振りや柔軟体操に力を入れている。リハビリの先生から指導を受けたひじ回りの柔軟体操、バランス感覚を磨く練習など何度も繰り返し反復している。「夢はプロ野球選手」ときっぱり。日ハムファンで大谷翔平選手は憧れの的だ。来季の目標は学童南大会で優勝して全国大会に出場すること。「毎試合、1本はヒットを打てる選手になりたい」と具体的な目標を決めてステップアップを目指している。

(記者の目・中山武雄)自ら言うように、負けん気は相当強そうだ。技術以外にアスリートにとってはなくてはならない要素の一つです。驚いたのは「プロ選手になって2,000本のヒットを打つことです」と、答えが返ってきたことです。ここまで具体的な数字を持って夢に向かって考えている野球少年はこれまでいなかったような気がします。大変いいことです。そのためには何をするのがいいのか、考えられるからです。

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が今年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を同区青葉町11丁目に開業し、スムーズな治療運営を目指してスタートした。施設内には野球規準に適合したリハビリ用の投球マウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などをそろえ、患者のリハビリをサポートしている。

理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当ストライク・サイトで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球を始める少年少女や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、ある時は良き相談者になって患者の心の支えになっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間】

♦月~金 受付午前の部:7:00~12:00 午後の部:12:00~19:30(土曜16:30)

♦診療午前の部:7:30~12:30 午後の部13:30~20:00(土曜17:00)

♦休診日:日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院



Sponsored Link

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

Sponsored Link

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 広告募集
  • 広告募集
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会長:髙森090-1303-6769
監督(阿部):090-2056-9966
2010、2011、2014年『ジャイアンツカップ』出場!
【PR】札幌豊平ボーイズ
新入団員募集中!
《団員募集中》土日祝日(9:00~17:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
球場・室内:札幌市南区中ノ沢
グラウンド有り
室内練習場:7m×45m(球場隣接)
中学硬式野球クラブチーム
【PR】小樽リトルシニア球団
新入団員募集中!
★チームスローガン
目指せテッペン! 目指せ日本一!

小樽リトルシニアは礼儀と整理整頓を常に心がけています。
小樽市内はもとより、近郊からの団員を募集しております。

★球場、室内
4月~10月は小樽市営桜ヶ丘球場(小樽市花園5-3-3)および市内高校グランドなどで練習、冬期間は専用室内練習場(小樽市オタモイ1-30)、市内高校室内練習場、市内学校体育館で練習をしております。

★連絡先
監督:村上 武洋 090-8636-5813
球団事務局長 福原 圭一 090-3392-7860
グローブ
ボール