スポーツ整形外科に聞け!

6年生にかける、あけぼのみどりFの中村君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 6年生にかける、あけぼのみどりFの中村君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




Sponsored Link

JR新札幌駅、地下鉄新さっぽろ駅から徒歩5分の利便さと、高度な医療技術を提供し、地域医療の拠点になっている「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)。患者急増に対応して外来専門の「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」(同区青葉町11丁目)を増設し、フル稼働している。今回のシリーズ「院内で見つけたアスリート」は、江別・あけぼのみどりファイターズの中村新(しん)君(10、江別太小5年)に登場してもらった。中村君はシーズン終盤の9月に野球ひじ(利き腕・左)が発症しボールが投げられなくなり、即刻「野球ひじ」治療で定評のある羊ヶ丘病院付属リハビリクリックに通院することになった。幸い軽症ということで、今ではフォームもしっかり改善され「違和感なく、スムーズに投げられるようになりました」と笑顔で話す中村君。夢はプロ野球選手、来季はけがを完全に治して小学生最後のプレーに挑む。

シャドーピッチングでフォームをチェックする中村君

江別・あけぼのみどりファイターズの中村新君

▽中村 新(10、江別太小5年=148センチ、38キロ、一塁手・投手)江別・あけぼのみどりファイターズ

けがをしたのはシーズンも終わりかけた9月。ひじに特別な痛みを感じるわけではなかったが、ボールが投げられなくなってしまった。「どうしたのか」と、ちょっと不安になって両親と相談、野球ひじ・肩治療で評判の羊ヶ丘病院で診察を受けて、ひじの損傷が分かった。1週間に1回程度のリハビリを続けた結果、今は安定したフォームも出来上がりスムーズに投げられるようになった。「投球の時の肩・ひじの位置を意識しながら練習しています」と中村君。日に日によくなっていることを実感しているという。

足と守備には自信を持っており、4年生の時にはレギュラーでジャビット大会に出場し決勝まで進んだが惜しくも優勝は成らなかった。3回戦の月寒スターズ戦では、打順7番で出て2度のバントセーフを成し遂げ、韋駄天ぶりを発揮した。今後のプレーも足と守備でアピールして、プロ野球選手という大きな夢に向かって頑張っていく覚悟だ。「リハビリの先生から投げ方など、いろんなことを教えてもらいました。それを生かして何でもできる選手になりたい」と、将来を語る中村君。来季は小学生最後の年になるので、けがを完全に治してゼロから出発する-と張り切っている。

(記者の目・中山武雄)自分の長所をしっかりつかんで、「何でもできる選手」を目指す考え方に感心しました。長所、短所はどんな人にもあります。悪いところを直すことも大切ですが、それよりも、いいところをどんどん伸ばしていくのが一番いいと思います。中村君は足と守備には自信を持っているようなので、そちらの方をどんどん伸ばしていって目標を達成してほしいです。頑張ってください。

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が今年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を同区青葉町11丁目に開業し、スムーズな治療運営を目指してスタートした。施設内には野球規準に適合したリハビリ用の投球マウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などをそろえ、患者のリハビリをサポートしている。

理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当ストライク・サイトで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球を始める少年少女や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、ある時は良き相談者になって患者の心の支えになっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間】

♦月~金 受付午前の部:7:00~12:00 午後の部:12:00~19:30(土曜16:30)

♦診療午前の部:7:30~12:30 午後の部13:30~20:00(土曜17:00)

♦休診日:日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院




Sponsored Link

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

Sponsored Link

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌石狩ボーイズ
新入団員募集
○チームスローガン
 高校野球で通じる選手育成
~夢を追いかけ、野球を学び、野球を知る~ 

○活動日
毎週土曜・日曜日・祝日

○設備
専用グランド、ピッチングマシン2台、契約室内練習場

○連絡先
sapporo.ishiari@gmail.com
代表 小野寺
ICS(石狩中央シニア)が目指す3つの「球心」力(I・C・S)
【PR】石狩中央リトルシニア球団
新入団員募集中!
★チームスローガン
 Indomitable courage (あきらめない心)
 Cheerful greetings (元気にあいさつする心)
 Sincere thanks (感謝する心)
 この3つの「心」を胸に「楽しく」「厳しく」硬式野球にチャレンジ!!
 硬式野球に興味のある中学1年生、小学6年生、体験入団で練習参加してみませんか?体験・見学はいつでも可能です!!

★練習場所(夏季、冬季)
 毎週 水・金・土・日 他祝日

 夏季:石狩青葉球場、樽川球場
 冬季:室内練習場(石狩市花畔207-13)
    11月からは室内練習場にて練習を行っています

 ※当日の日程はホームページのカレンダーでご確認ください。

★連絡先
 事務局:大塚 090-7056-0398(非通知不可)
 E-mail:ishikarichuoh@gmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌真駒内リトルシニア球団
新入団員募集中!
札幌真駒内リトルシニア球団体験のお知らせ

長沼室内練習場における冬季練習・新入団員体験会が本格的に始動いたします!

札幌真駒内リトルシニア球団は、夏季練習を南区駒岡にある専用グラウンドで行ってきましたが、冬季間は北広島のすぐ隣町!長沼町にある室内練習場〔全長100m)の土の上で11月26日(日)より本格的に始動いたします。日頃の活動内容を身近に感じることができる体験会ですので、これから硬式野球をやりたいと考えている方、まだ迷っている選手?父母の皆様は、是非体験会に参加してみてください。
真駒内リトルシニア球団関係者・選手・父母会は、皆様の参加を心より歓迎し、お待ちしております!

体験会に参加を希望される方は下記までご連絡下さい。
※室内練習場がわからない方には詳しくご案内致します。

札幌真駒内リトルシニア球団
事務局長 宮地
‭090 8270 3230‬
監督 久保田
‭090 8899 5918‬
グローブ
ボール