スポーツ整形外科に聞け!

けがを治して正位置どり!恵庭南高の伊藤君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - けがを治して正位置どり!恵庭南高の伊藤君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月、患者急増のために開業した外来専用の「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」(同区青葉町11丁目)に通院するスポーツ競技者の奮闘ぶりを紹介する「院内で見つけたアスリート」は、恵庭南高硬式野球部の伊藤悠希君(16、1年)に登場してもらった。伊藤君は昨年12月、バスケットボールの授業中にジャンプして着地に失敗し大けがを負ってしまった(左ひざじん帯断裂)。初めてのけがでショックも大きかったが、「焦らず、じっくり完全にけがを治そう」と自分の心に言い聞かせて、今懸命にリハビリに取り組んでいる。全治8か月、2月に手術をし順調に経過しているが頭の中は復帰後の野球のことばかり。4月から新2年生、まずは秋の新人戦までにレギュラー取りを目標にリハビリに専念する覚悟だ。

リハビリ治療を受ける伊藤君。けがをして学ぶことが多いようだ




Sponsored Link

恵庭南高硬式野球部の伊藤悠希君

▽伊藤 悠希(16、恵庭南高1年=170センチ、68キロ、セカンド)千歳・北栄フェリックス-千歳中軟式野球部-恵庭南高硬式野球部

これまで大きなけがの経験がなかった伊藤君にとって、今回のけがあまりにも衝撃的な出来事だった。歩けなくなり、将来への不安が頭をよぎることもあったが、幸い手術後の経過も順調に進み今はリハビリに専念できるまでに回復しホッと胸をなでおろしている。けがをして「自分の役割、重要さがわかりました。早く治してチームのみんなと一緒にプレー出来る日を思い描いて頑張っています」と、日々のリハビリに取り組んでいる。現在は週3回、「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」に通い治療を受け、回復度に合わせて通院回数を減らしていく予定だ。

中学時代は3番、捕手で活躍した。一番の思い出プレーは3年時、滝川市で行われた全道軟式野球大会。準決勝で1-3で負けていた試合を伊藤君のランニングホームラン(3ラン)で逆転、チームのムードを最高潮に盛り上げたとき。結果的に再逆転され勝利を逃したが、「(チームの)みんなの喜ぶ姿を見て、本当に充実感を感じました」と振り返る。足も速く、バッティングには自信を持っている。流し打ちやコースの打ち分けを考えながら打撃技術を磨いている。本人いわく、「あとは守備を完ぺきにしてチームに貢献できればいいと思っています」。

まずは新人戦(秋)までに完全にけがを治してレギュラー取りを目指す。昨年の新人戦で背番4をもらった実績もある。病院でのリハビリのほか、学校のトレーニング室で自主的にスクワットなど体幹を強化するトレーニングを積極的に行っている。夢は甲子園出場とプロ野球選手、それだけにリハビリにも自然と力が入っているが、「焦らず、じっくり」を肝に銘じながら1日も早い復帰を願っている。
(記者の目・中山武雄)けがをして「ストレッチの大切さを知った」という伊藤君。初めてのけがでしたが、その重要性をしっかり学んでいるところが素晴らしい。「足首が固い」ということも再認識し、プレー前のストレッチを念入りにした-と大きな収穫も得たようです。上達するには、まずけがをしない体づくりが大切ですね。

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区青葉町11丁目に開業し2年目に入り、急増する患者へより良い医療サービスを提供し対応している。施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などをそろえ、患者の早期復帰をサポートしている。

理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当ストライク・サイトで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えになっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間】

♦月~金 受付午前の部:7:00~正午  午後の部:13:30~19:30(土曜16:30)

診療午前の部:7:30~12:30  午後の部:13:30~20:00(土曜17:00)

♦休診日 日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院




Sponsored Link

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

Sponsored Link

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道KB野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 北海道野球協議会
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 三愛自動車
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ
新入団員募集中 ‼ 現在、新入団員8人。(2016.2.20現在) 9人目、10人目の入団をお待ちしております。 体験練習は随時受け付けています。
ボーイズリーグ 北海道支部所属
札幌手稲ボーイズ

【チームビジョン】
心身を練習と実践で鍛え、将来につながる野球の基礎づくり

【チームスローガン】
一戦一戦を大切にチーム一丸となって戦おう!めざせ全国優勝!!

【チーム紹介】
"監督は、元ヤクルトスワローズ 投手 有澤賢持氏。
"
恵まれた野球環境の中で充実した指導、豊富な練習量で
ボーイズリーグの頂点を目指し日々練習に打ち込んでおります。

【監督プロフィール】
北日本学院(現・旭川大高)から大昭和製紙北海道、日産サニー札幌を経て、
"1987年ドラフト3位でヤクルトスワローズ入団。貴重な左腕中継ぎとして活躍。
"
引退後、少年野球チーム監督などを務め、
2004年1月札幌手稲クラブ(現札幌手稲ボーイズ)監督就任。
現在は北海道野球協議会特別技術指導員、プロ野球OBクラブ北海道幹事を務め、
道内各地の野球教室で指導を行うとともに
マスターズリーグ・札幌アンビシャスに選手として参加しています。
(2015.12.29のSTV「わくわくラジオ」で紹介されました。)

【在籍選手】
2年生14名 1年生18名 6年生8名 (2016.2.20現在)

【球団球場】(専用球場)
しんたく球場(石狩市字南3線通)

【室内練習場】(冬季・雨天時)
札幌手稲ボーイズ室内練習場(石狩市樽川174-4) 

【練習日】
火・木・金・土・日・祝

【お問合せ先】
球団代表 桑原 090-8051-8291
ICS(石狩中央シニア)が目指す3つの「球心」力(I・C・S)
【PR】石狩中央リトルシニア球団
新入団員募集中!
★チームスローガン
 Indomitable courage (あきらめない心)
 Cheerful greetings (元気にあいさつする心)
 Sincere thanks (感謝する心)
 この3つの「心」を胸に「楽しく」「厳しく」硬式野球にチャレンジ!!
 硬式野球に興味のある中学1年生、小学6年生、体験入団で練習参加してみませんか?体験・見学はいつでも可能です!!

★練習場所(夏季、冬季)
 毎週 水・金・土・日 他祝日

 夏季:石狩青葉球場、樽川球場
 冬季:室内練習場(石狩市花畔207-13)
    11月からは室内練習場にて練習を行っています

 ※当日の日程はホームページのカレンダーでご確認ください。

★連絡先
 事務局:大塚 090-7056-0398(非通知不可)
 E-mail:ishikarichuoh@gmail.com
中学硬式クラブチーム
【PR】札幌白石リトルシニア球団
新入団員募集!
札幌白石シニア球団では硬式野球をやってみたい、小学6年生で興味のある子
を募集しています。
練習の見学・参加はいつでも大歓迎です!

■チームスローガン
「すべてに中学生らしく!!」
1 文 武 両 道 中学生らしい心技体をバランス良く鍛える。
2 自主性&積極性 今の練習は、何のためにやっているのか?
常に自分たちで考えて行動することが基本姿勢。
3 チームワーク向上 明るく、楽しく、礼儀正しく、フェアーな精神を養成
4 目標に前向きに! 勝つことを諦めず、失敗を乗越える精神力の向上。
5 利他の心を養う 自分中心でなく、チームのために戦い続ける心。
6 野球技術の習得 高校野球に繋げるために、一番は基礎動作の反復練習。

■場所 江別市美原293番地2 
    札幌白石イーグルス球団専用球場 
   (天候によっては隣接の室内練習場)
  毎週土 (9:00~16:00)
     日・祝日 (9:00~16:00)
  冬期は室内練習場

■連絡先
事務局:中川 携帯電話:090‐4876‐6737
グローブ
ボール