スポーツ整形外科に聞け!

ドッジボールから野球へ-江別中央中の由利君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドッジボールから野球へ-江別中央中の由利君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)の外来専用の羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック(同区青葉町11丁目)に通院し、リハビリ治療に奮闘している様子を紹介する「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は江別・中央中軟式野球部の由利武大君(14、3年)。由利君は中学から野球をはじめ外野手として頑張っていたが、中2の冬に痛めた腰が悪化して今年6月から同病院リハビリクリニックで治療を受け順調に回復している。まだ過激な動作をすると痛みが残るが「もう少しの辛抱」と言い聞かせて、ただいまリハビリに奮闘中だ。



リハビリコーナーで軽い投球練習をする由利君




江別・中央中の由利武大君

▽由利 武大(14、江別・中央中3年=165センチ、50キロ、外野手)江別・中央中軟式野球部

腰を痛めたのは中2のオフの練習中。激痛が走り、早速地元の病院に通い治療を受けて一旦はよくなったが、その後無理を重ねて悪化を招いてしまった。これ以上の悪化に危機感が募り、両親に相談して今年6月から評判高い「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」で治療を受けることになった。無理をするとまだ痛みは残るが、全治に見通しも立って本人の表情にも明るさが戻り、次へのステップを目指して奮闘している。

由利君は小学生時代はドッジボールの強豪チーム対雁Vブルーウイングに所属し、レギュラーになった5年生の時に北海道大会優勝、全国大会3位(全日本ドッジボール選手権)の輝かしい実績を持っている。ドッジボールには未練があったが、中学に入って部活のある野球に転向した。「もともと野球は好きだったので、友人に誘われてすんなりと入部できました」。けがもあってあまり試合に出る機会はなかったが、中体連大会には8番・レフトで出場し、思い出の試合となっている。

中学野球はこれで終了したが、今後の目標はまだ決めかねている。というのも、好きな野球のほかに陸上(長距離走)にも興味があり、どちらにするか迷っている。「野球、陸上と迷っていますが、まず体をしっかりと治したいです」と由利君。けがの代償は大きかったが、得たものも多かった。リハビリ治療をする理学療法士の存在も知り、将来は「リハビリの先生を含めスポーツに関係する仕事に就きたい」と目標を描く。そのためにも腰のけがを完全に治すこと-と肝に銘じている。

(記者の目・中山武雄)現状を把握しながら、目標の選択肢を広げてチャレンジする意気込みはすばらしい。「後悔先に立たず」は先人の言葉、まず色んなことに挑戦してみることが一番大切なことだと思います。

評判高い「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が昨年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区青葉町11丁目に開業し2年目に入り、急増する患者により良い医療サービスを提供し対応している。施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを揃え、患者の早期復帰をサポートしている。
理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当サイト・ストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。
「野球肩って何?」(バックナンバー)
第1話「その原因」
第2話「投球フォームから」
第3話「どうして起こる」
第4話「症例の中から」
第5話「症例の中から」
第6話「不安定肩」
【受付・診療時間】
♦月~金 受付・午前の部:7:00~正午 午後の部:13:30~19:30(土曜16:30)
診療・午前の部:7:30~12:30 午後の部:13:30~20:00(土曜17:00)
♦休診日 日曜・祝日・年末年始
【予約・問い合わせ】
羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

 

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
中学軟式野球クラブチーム
【PR】12月体験会のご案内<札幌ブレイブティーンズ>
新入団員募集中!
12月体験参加可能日のお知らせ

12月16日(日) 11時~13時半
12月22日(土) 9時~11時
12月23日(日) 11時~13時半

チームは12月より体育館練習に入っております。

練習は主に北区、北陽小学校にて行っております。

ぜひご参加ください。

体験参加の場合、練習の時間は玄関の鍵を施錠している為チーム連絡先へ予めご連絡をお願い致します。

連絡先(監督)
TEL:090-7654-6830
Email:braveteens.30@outlook.jp


札幌ブレイブティーンズは現在、9名という少ない人数で活動をしています。
チームとして盛り上げていく為に、新入部員の力が絶対に必要になってきます。
ぜひ多くの参加者、入団者をお待ちしております。よろしくお願い致します。

【札幌ブレイブティーンズ】

スローガンは全員野球。チームの選手人数が多くても少なくでもこの言葉を念頭に頑張ります。

中学野球の結果だけを求めず、この先の高校野球、その上の野球、そして社会へ出る準備期間として、

「3年計画」というのが監督の狙いです。

どんな選手でも中学3年間で必ず成長をしますが、先まで長い目で見ることも大事にしています。



新入部員の募集は随時行っています。

シーズンが始まって5月から9月頃まで大会が多くなり選手登録締切もありますので、お早めにお問い合わせ頂きたいと思います。


平日はその年の選手の塾の関係等で休みの日を決め、平日は基本的に週4日、土日の活動となります。
ただ平日の練習に参加できない地域もある為、基本的には週末中心の活動です。

グラウンドは予約制で、新川水処理センターを主に使用しています。
冬の期間は、北陽小学校体育館、興正学園体育館をお借りし、練習を行います。



連絡先(監督)
090-7654-6830
braveteens.30@outlook.jp
中学硬式野球クラブチーム
【PR】とかち道東ボーイズ
とかち道東ボーイズ

『スポーツを通じて人間性を学び養う』
『目先のチームの勝利より、選手個々の成長のためのアプローチを優先!』

新入団員募集中!

【練習日時】
平日:(火・木)18:00~20:00
土日:3~4時間

【練習場所】
平日:白樺学園室内練習場・芽室健康プラザ 他
土日:芽室町営球場・鹿追室内練習場 他

【対象】
小学4年生~中学1年生(4月まで)

【お問い合わせ】
事務局:竹島 宏和TEL:090-7653-4883
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ
新入団員募集中 ‼ 現在、新入団員8人。(2016.2.20現在) 9人目、10人目の入団をお待ちしております。 体験練習は随時受け付けています。
ボーイズリーグ 北海道支部所属
札幌手稲ボーイズ

【チームビジョン】
心身を練習と実践で鍛え、将来につながる野球の基礎づくり

【チームスローガン】
一戦一戦を大切にチーム一丸となって戦おう!めざせ全国優勝!!

【チーム紹介】
"監督は、元ヤクルトスワローズ 投手 有澤賢持氏。
"
恵まれた野球環境の中で充実した指導、豊富な練習量で
ボーイズリーグの頂点を目指し日々練習に打ち込んでおります。

【監督プロフィール】
北日本学院(現・旭川大高)から大昭和製紙北海道、日産サニー札幌を経て、
"1987年ドラフト3位でヤクルトスワローズ入団。貴重な左腕中継ぎとして活躍。
"
引退後、少年野球チーム監督などを務め、
2004年1月札幌手稲クラブ(現札幌手稲ボーイズ)監督就任。
現在は北海道野球協議会特別技術指導員、プロ野球OBクラブ北海道幹事を務め、
道内各地の野球教室で指導を行うとともに
マスターズリーグ・札幌アンビシャスに選手として参加しています。
(2015.12.29のSTV「わくわくラジオ」で紹介されました。)

【在籍選手】
2年生14名 1年生18名 6年生8名 (2016.2.20現在)

【球団球場】(専用球場)
しんたく球場(石狩市字南3線通)

【室内練習場】(冬季・雨天時)
札幌手稲ボーイズ室内練習場(石狩市樽川174-4) 

【練習日】
火・木・金・土・日・祝

【お問合せ先】
球団代表 桑原 090-8051-8291
グローブ
ボール