スポーツ整形外科に聞け!

北広島シニアの水岡君!甲子園目指してリハビリ奮闘

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 北広島シニアの水岡君!甲子園目指してリハビリ奮闘
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

理事長兼副院長 岡村健司氏

シリーズ「院内で見つけたアスリート」は今回、札幌市豊平区にある「医療法人 社団 悠仁会 羊ケ丘病院」(月寒東1条19丁目)で取材した。羊ケ丘病院といえば、当サイトの人気シリーズ「スポーツ整形外科に聞け! 野球肩って何!」でおなじみのスポーツドクター・岡村健司医師が理事長を務める整形外科専門病院。肩、ひじ、手、首、足、腰、股関節、ひざといった身体の部位別に専門医が置かれている特別な存在として患者らからの信頼が厚い。岡村理事長自身が高校時代、投手として活躍していた時に突然肩に激痛が走り投げられなくなり、医者からは「もう野球をやめなさい」と言われ、失意のどん底に突き落とされた苦い経験がある。それがもとで大好きだった投手をあきらめざるを得ない状況になった。「あのとき、ちゃんとした治療をしていれば、投手に復帰できたかも知れない・・・」と自身の野球歴の中で語っている。今も札幌医大整形外科野球チーム(オステオファイターズ)など4チームで外野手、一塁手で出場し野球を楽しみ、患者の「気持ちがわかる」整形外科医として名を知らしめている。最新鋭の医療機器と、最高のスタッフでスポーツ障害治療に取り組む「羊ケ丘病院」。特に、国内でもいち早く導入した肩内視鏡手術、低侵襲手術で高い回復率をあげるなど、注目点が多い。今回紹介する北広島リトルシニアの水岡和樹君(札幌市信濃中3年)も投手生活でひじを痛め、「専門医の揃った安心・信頼できる整形外科病院を」ということで、「羊ケ丘病院」で軟骨移植手術を受けて、今リハビリに奮闘している。

シリーズ「院内で見つけたアスリート」

水岡 和樹君(札幌市信濃中3年)

北広島リトルシニア-信濃スターズ。身長179センチ、体重65キロ







突然襲った悲劇、ショックの果てにヒジの軟骨移植手術で活路

小学2年から始めた大好きな野球。体格にも恵まれ、信濃スターズ時代から投手として活躍、そして中学になって憧れの硬式野球の北広島リトルシニアに入団した水岡君。

順調に素質を開花させ、北広島リトルシニアでも投手陣の中核で頑張ってきた。

そんな水岡君に突然悲劇を襲ったのは今年の8月の夏季全道選手権だった。

対函館北戦、リリーフとして登板した五回、突然ヒジが痛み出した。

なんの前触れもなく、急に襲ったヒジの痛み。

それでも気迫で投げ続けていたが、監督から「投げ方がおかしい」と指摘され、2回でマウンドを降りた。当然のことながら監督から「何で言わなかった」とお目玉をくらってしまった。

監督に言えば降ろされることが明白だったので、「もっと投げたかった」一心で無理を承知で隠したのだ。その時、「もう一生投げることができなくなっちゃうのではないか」という恐怖心も同時に襲ってきたのだ。

手術成功、順調に回復「ホッとしています」

ヒジの屈伸などのリハビリを受ける

「ショックでした」と、あの日の出来事を振り返る水岡君。両親に打ち明ければ「野球をやめろ」という答えが返ってくるのは間違いない、と悩みは深まるばかり。

悶々とする日々を送りながらも、結局は大切な両親に打ち明け、シーズン後に手術をして再起を図ることにした。

手術前はヒジが曲がらないほどに悪化し、本人も絶望のどん底に突き落とされた心境だったようだ。

それからは家族で最善の病院選びが始まり、優れた専門スタッフが揃っており、充実したリハビリ内容で実績を誇る「羊ケ丘病院」に行き着いた。

病名は「右肘関節離断性骨軟骨炎」。

ボールの投げ過ぎで起きた結果だ。

手術は9月13日に行われ、ヒザから軟骨を移植して無事終わった。

それからリハビリに奮闘して、今ではヒジが伸びたり曲がったりするまでに回復して、まだ痛みは残るものの明るい兆しが見えてきた。

週1回は、厚別の自宅から姉・由希さんの車で通院して、懸命に治療を受けている。

リハビリは20分程度で、その内容には本人も満足しており、「先生や療法士の皆さんが親身になってやってくれるので安心しています」。

甲子園出場が夢の水岡君。軽いキャッチボール程度なら年明けにもできそうで、志望高校に入学する4月には本格的な投球もOKとなり、いよいよ甲子園ロードの第一歩を踏み出す。

一時は「もう投げられない」とがけっぷちに立たされ絶望した球児の胸に、再び夢が現実のものとなって見えてきた。回復状況に「ホッとしています」という水岡君。家族の協力と、手厚い治療に心から感謝している様子が伺えた。

(記者の目・中山 武雄)
中学3年生で179センチの長身、恵まれた体格はまさに投手向きの体形だ。

何より、けがにも負けることなく、目的に向かって突き進む向上心は今後の野球人生に大きな財産となるだろう。

ピンチのあとはチャンスあり。初めての怪我と言うことで衝撃度は大きかったが、それを生かすも殺すも今後の努力次第、ということを肝に銘じて頑張ってほしい。

今の球速は120キロほどというが、伸びるのはこれから。

成長する肉体とともに、精神の鍛えも忘れないで夢の甲子園を掴み取ることを期待したい。

羊ヶ丘病院・明るく広々としたリハビリ室

もうすぐ新病院が完成いたします。

平成24年2月13日(月)新病院での診療開始予定
移転先 札幌市厚別区青葉町3丁目1番10号 (南郷通り沿い 厚別消防署真向かい)
地下鉄 新さっぽろ駅 JR 新札幌駅 徒歩3分 アクセスがとっても便利になります。
ペインクリニック診療時間変更のお知らせ (2011年11月22日) 11月29日より下記の通り変更となります。 毎週火曜・午後⇒毎週火曜日・午前

【12月休診案内 (2011年11月22日) 】
●倉 医師(整形外科・下肢専門医)12月7日(水)9日(金)
●井田医師(整形外科・腰椎専門医)12月10日(土)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院
札幌市豊平区月寒東1条19丁目1番1号
TEL:(011)853-2211 FAX:(011)856-7760
詳しくはホームページはこちら
アクセスはこちら
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●






ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会 鈴木貴博
TEL  090-7057-6583
監督(阿部):090-2056-9966
女子軟式クラブチーム
【PR】12月練習体験会のお知らせ<JBC札幌女子チーム>
新入団員募集中!
☆新メンバー大募集☆

【女子軟式野球クラブチーム:JBC札幌女子チーム練習体験会】
12月8日土曜日
12時集合、12時〜15時
会場:K-FIELD
札幌市白石区川北2301

【練習体験、入団に関するお問い合わせ先】
渋谷監督09069947317

JBC札幌女子チームは創部2年目の北海道で1番新しい女子軟式野球クラブチームです‼️

11月12日現在、21名(内、中学生14名:中学1年生7名、中学2年生7名)で活動してます‼️
北海道女子軟式野球連盟に加盟しております。

一般(春季大会、秋季大会、羊ヶ丘病院杯)と
全日本軟式野球連盟主催の全国中学軟式女子野球大会の北海道予選に中学生(JBC札幌ジュニア)が出場してます。

◎新中学1年生から一般までの女子選手大募集❗️

JBC札幌女子チームは一歩一歩着実に駆け上がり北海道No.1、全国大会で勝てるチームを目指します‼️

【2018JBC札幌女子戦績】
春季大会4位
秋季大会3位
羊ヶ丘病院杯優勝❗️

【今後の練習予定:練習体験可】
※室内練習場については全て札幌市白石区K-FIELD
札幌市白石区川北2301
1月14日(土)9:00〜15:00
1月19日(土)9:00〜12:00
2月2日(土)12:00〜15:00
2月9日(土)9:00〜12:00
2月16日(土)9:00〜15:00
2月23日(土)9:00〜15:00
3月3日(日)12:30〜15:30
3月16日(土)9:00〜12:00
3月30日(土)12:00〜15:00

【練習体験、入団に関するお問い合わせ先】
渋谷監督09069947317
tora33@hotmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】日高リトルシニア球団
新入団員募集中!
日高地域の少子化は深刻です。数年後には単独中学校での野球部維持は厳しくなることが現実的な問題となっています。

将来ある子供たちの可能性を引き出すチャンスが必要と考えて「野球人は紳士たれ」を合言葉に基礎・基本から指導を行ないます。

選手募集してます!野球が好きなこと・本人と保護者が球団の活動方針などに同意できること。
一度練習や試合を見学にきて欲しいです。

●活動内容(夏季、冬季) 
毎週 火・木・土・日
火・木 17:00~21:00  土・日 9:00~15:30
夏季 荻伏球場
冬季 町内体育館・室内練習場
●施設(グラウンド、室内練習場)

浦河町荻伏球場・室内練習場・

●連絡先※ホームページ含む
監督   浦川 聡 090-2698-0487
事務局長 真下 修 090-3018-0595
グローブ
ボール