たきうちプレス

文武両道!けが克服にかける札南・斉藤君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 文武両道!けが克服にかける札南・斉藤君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

今回の「院内で見つけたアスリート」は、たきうちプレス・ドクターのフォームチェックでおなじみの「たきうち整形外科スポーツクリニック」(瀧内敏朗院長、札幌市中央区南1西6、札幌北辰ビル2階)で、ヘルニアとヒジ痛の治療・リハビリに励む札南高野球部1年の斉藤隆馬君を紹介する。斉藤君は高校入学した間もなくの昨年6月、腰の痛みを発症、硬式野球に本格的に取り組み始めた矢先だった。迷うことなくスポーツ障害の治療・リハビリで評判が高い「たきうち整形外科スポーツクリニック」を訪ねた。そこで診断された病名はヘルニア。多少のショックはあったが、「治すことが先決」と、それから休むことなく半年以上も根気よく通院を続けている。春からは2年生、後輩も入部してくるので「早く治してシーズンに入りたい」。ヘルニアと一緒にケアしているヒジ痛も徐々に回復しつつあり、正しい投げ方を研究しながら治療・リハビリに取り組んでいる。

『院内で見つけたアスリート』

▽ 斉藤 隆馬君 札南高1年-真駒内中軟式野球部

斉藤隆人君(高1)

身長:168センチ 体重:61キロ

◎軟式野球部出身の韋駄天内野手

斉藤君は真駒内中学時代は軟式野球部で活躍した。高校に入って初めて硬式野球と出合い、硬式の面白さ、奥深さを実感して本格的に野球に取り組もうと決心した。入部してみて、軟式と硬式のギャップの大きさに驚き、「一種のカルチャーショックに陥った」と当時を振り返る。高校野球に希望の胸を膨らませ「さあ、これからやるぞ」と思いをはせた矢先の昨年6月ごろ、ヘルニアの痛みが発症した。斉藤君にとっては想定外のアクシデントだった。中学時代は1番を打ち、50メートル走、5・9秒の自慢の足も痛みで走られなくなり、事態の深刻さを知った。病院選びも迷わず専門医、リハビリスタッフが揃った「たきうち整形外科スポーツクリニック」に決めた。父親もヘルニアで同クリニックで治療を受けたこともあり、不安を抱くことなく受診した。それから半年余、練習の休みの日に毎週根気よく通院している。電気治療と腰の牽引を施し、完治に向けて頑張っている。併せて、悪い投げ方で発症したヒジ痛の治療・リハビリも行っており、シーズンに向けて万全の態勢で臨むことにしている。

リハビリ室で治療を受ける斉藤君

投球フォームの改善を行っている斉藤君

◎思い出の中体連、忘れられない初の全市野球大会出場

忘れられない中3の時の中体連札幌市野球大会。斉藤君が在籍していた真駒内中野球部は、過去に全市大会にも出場できなかった“弱小チーム”だった。それが斉藤君たちの時代になって、部活の指導教師が「自由野球」を認めてくれて選手たちの才能と闘争心を引き出し初の全市大会出場となった。練習から試合まで選手たちの自主性が重んじられ、好結果につながった。「一人一人が考え、みんなが一致して結果を求めたことがよかった」と斉藤君。全市大会に出場が決まった時は、うれしさのあまり3年生18人全員で泣いて喜んだ。そのとき初めて全員野球の素晴らしさを教えられ、「今でもすごい強烈な思い出として残っています」。斉藤君の野球人生を変える劇的なシーンとなったのだ。

勉強と野球を両立させ、そしてけがとも戦いながら頑張る斉藤君の目指すところは当然甲子園。そして、父親が経営する歯科医院(豊平区平岸)の跡継ぎとして歯科医になることだ。練習のない日は塾に通って午後10時ぐらいまでは勉強にも励んでいる。得意科目は英語と数学。中3の全市大会初出場で学んだ貴重な体験「自分たちで考え、みんなで行動する野球」を身につけた斉藤君なら、勉強と野球の両立は難しくないはずだ。今年のグラウンドでの活躍が楽しみだ。

(記者の目・中山 武雄) 取材中も常に礼儀正しく、テキパキと答えてくれた斉藤君。リハビリも淡々とこなし、「とりあえず痛みがおさまるまで回復し、あとは自然治癒に任せます」と長期戦の構えで治療を受けている。高校生ながら冷静な事態把握をしていることに感心した。その冷静な判断力が野球にとって一番求められる大切な要素だ。ポジションはセカンド。内野の要として打ってつけの人材と見た。

たきうち整形外科スポーツクリニック

たきうち整形外科スポーツクリニック・リハビリ室

同クリニックは、札幌市中央区南1西6という立地条件に恵まれた位置にある上、豊富な知識と経験を持つ医師、リハビリスタッフがそろっており、スポーツ障害患者らの信頼度が高い。閉塞感のない最新鋭のオープンMRIを導入し、より精密な画像診断で損傷状態を把握、適切な診断を提供している。院長の瀧内敏朗医師は、プロ野球チームの帯同ドクターを務めた経験を持ち、当ストライクのサイトでもおなじみの「フォームチェック」をわかりやすく解説し、好評を得ている。また、スポーツの専門知識を持った理学療法士が充実した機器を用いて運動療法、物理療法を施している。リハビリ室には硬式ボールで全力投球できるスペースもあり、まさにその場で回復度合いがチェックできる、患者にとってはうれしい施設だ。温浴療法装置、低周波治療器、超音波治療器、筋力測定器など、設備は万全だ。

▽ 診療時間▽

◎昼の部  午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

◎夜の部  午後4時30分~午後8時

(水曜日は夜の部のみの診療)

☆ 3月の下肢外来は17日(土)のみ

【ドクターのフォームチェック】
第1回「金子投手&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属
第2回「町田投手」西発寒ホークス所属
第3回「立野投手」真栄ビクトリー所属
第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属
第5回「関根匤希」東ハリケーン所属
第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属
第7回「下重匡史」札幌北シニア所属
第8回「渡辺佑汰」東札幌中央ビクトリーズ所属

▽お問い合わせ▽

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌市中央区南1条西6丁目11番地北辰ビル2F(東急ハンズの向いのビル)
電話:011-241-8405
info@takispo.jp

休診日:日・祝日、第2、4、5土曜日。携帯からも予約が可能

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
中学硬式野球クラブチーム
【PR】見学会開催のお知らせ<札幌北リトルシニア球団>
新入団員募集中!

札幌北リトルシニア球団は、今月見学会を開催します。

熱意あふれる親身な指導で、中学でしっかりと土台を作り、高校以降で飛躍する選手になるようにしっかりと取り組んでおります。

みなさんのお越しをお待ちしております!


・日時:10月14日(月・祝)、19日(土)、20日(日) 各日9:00〜

・場所:小鍛冶球場(札幌市東区中沼町13)

※雨天時は室内練習場に変更する場合があります。(東区丘珠町391-1)

・持ち物:ユニフォーム、スパイク、グローブ、自身の飲み物等

※野球の出来る服装でお越しください。硬式バットは球団で用意します。


【問い合わせ、連絡先】

監 督  田中(090-3776-0304) 

コーチ  松本(080-8628-1148)

理 事  梶浦(090-3116-2534)

※仕事で出られない時は折り返しさせていただきますのでご了承ください。


上記見学会以外でも、随時見学できます!

まずは、ご連絡ください。


※詳しくはチームHPでもご確認ください。
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
中学軟式クラブチーム
【PR】見学・体験のお知らせ<ピースベースボールクラブ>
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
南区で発足した中学生軟式野球チームのピースベースボールクラブは
以下の日程でチーム説明会を開催いたします。
 硬式野球と軟式野球の違い、チームの指導方針、勉強との関わり方、
保護者の皆さまが不安に思っていること等、中学野球チーム選びの参考
にぜひお越しいいただければ幸いです。

 なお、練習の見学・体験も随時募集しております!

ホームページ:https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

チーム説明会
 11月17日(日)16:00~ 札幌市もいわ地区センター
 11月24日(日)16:00~  札幌市もいわ地区センター

※札幌市もいわ地区センター(札幌市南区川沿8条2丁目4-15)
https://moiwa.jp/


お問い合わせ先
 kyudobaseballclub@gmail.com または090-8708-6966
監督 高山まで
グローブ
ボール