スポーツ整形外科に聞け!

目標はすべて全道出場!白石高・藤田君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 目標はすべて全道出場!白石高・藤田君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




「もう大丈夫!」リハビリ施設コーナーで軽い投球をする藤田君




医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)の外来専用施設、「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック(同区青葉町11丁目)に通院し、復帰に向かって頑張っている様子を紹介する連載企画「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は札幌・白石高の新2年生、藤田琉空君(るくう)。

藤田君は昨秋の新人戦が終了した10月に左肩亜脱臼の損傷を受けて12月に同リハビリクリニックで手術した。

幸い術後の経過が順調に進み、シーズン開幕までには完治のゴーサインが出る。「今年が勝負の年、開幕に間に合ってうれしい」と心を弾ませる。

札幌・白石高の藤田琉空君(新2年生)

▽藤田 琉空(札幌・白石高新2年生、16=173センチ、59キロ、捕手・ショート)東札幌ジャイアンツ-札幌・日章中軟式野球部-札幌・白石高硬式野球部

高校に入ってからけがの連続だった。

昨年、入学直後の5月に捕球でダイビングして左肩損傷の1回目。2回目は8月、そして3回目の今回は10月、と同じ個所の3連続のけが(亜脱臼)。

左肩は利き腕ではないが12月に思い切って手術をした。

医師から「全治4か月」と言われ、頭の中は不安でいっぱいになったが幸い術後の経過、リハビリとも予想を上回る回復で約半月早い「完治宣言」が出た。「今はもう完全に大丈夫ですが、トラウマ(けが)になっておっかなびっくりで練習をしている状態です」。

兄の影響で野球は小学1年から始めた。

内野手もやったがメーンは捕手で活躍し、中学では2年の秋から正捕手になり高校1年の秋は捕手でベンチ入り(12番)するほどの期待が持たれていた選手。

そんな矢先の手術は藤田君にとって衝撃の度合いは大きかった。足も速く、打順は小学時は1・3番、中学ではクリーンアップの3番を任されていた。

「守備(捕手・内野手)には自信を持っています」と藤田君。完全回復した今は表情も明るい。

けがでチームメートに差をつけられた分、これから猛練習をして「みんなに追いつきたい」と意欲も頂点に達している。

今シーズンの目標もしっかりと描く。

春・夏・秋の全道大会にすべて出場し優勝も狙う-との強い気持ちを持ってチームに貢献したいと願っている。

けがで失った時間は戻らないが、得たものもたくさんあった。まず、リハビリの先生からアドバイスを受けたフィジカル面での強化法、ボールの投げ方など藤田君にとっては「目からうろこが落ちる」ことばかりだった。

「筋肉の付け方やほぐし方などたくさん学び、家で実践しています」。

将来の職業に理学療法士も急浮上し、新たな目標を視野に入れてスポーツに、勉学に頑張る覚悟だ。

(記者の目・中山武雄)度重なるけがで落ち込むことが多かった中で藤田君はそれを超える大きなものを得たように思います。

「理学療法士になりたい」との将来目標に心から拍手を贈りたいです。

体験した辛さを癒し、治し、教えてくれたリハビリの先生の重要な仕事を再認識して、自分に置き換えて憧れたのでしょう。素晴らしい、高校生から確たる目標を持って職業選択に挑戦していくことは正解◎です。

豊富な人材・知識で迎える医療スタッフ「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が2017年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区青葉町11丁目に開業し急増する患者に対応するとともに、さらなる医療サービスの向上を目指している。

施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを揃え、患者の早期復帰をサポートしている。
理事長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当サイト・ストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。
「野球肩って何?」(バックナンバー)
第1話「その原因」
第2話「投球フォームから」
第3話「どうして起こる」
第4話「症例の中から」
第5話「症例の中から」
第6話「不安定肩」
【受付・診療時間】
♦月~金 受付・午前の部:7:00~正午 午後の部:13:30~19:30(土曜16:30)
診療・午前の部:7:30~12:30 午後の部:13:30~20:00(土曜17:00)
♦休診日 日曜・祝日・年末年始
【予約・問い合わせ】
羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
中学軟式クラブチーム
【PR】見学・体験のお知らせ<ピースベースボールクラブ>
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
南区で発足した中学生軟式野球チームのピースベースボールクラブは
以下の日程でチーム説明会を開催いたします。
 硬式野球と軟式野球の違い、チームの指導方針、勉強との関わり方、
保護者の皆さまが不安に思っていること等、中学野球チーム選びの参考
にぜひお越しいいただければ幸いです。

 なお、練習の見学・体験も随時募集しております!

ホームページ:https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

チーム説明会
 11月17日(日)16:00~ 札幌市もいわ地区センター
 11月24日(日)16:00~  札幌市もいわ地区センター

※札幌市もいわ地区センター(札幌市南区川沿8条2丁目4-15)
https://moiwa.jp/


お問い合わせ先
 kyudobaseballclub@gmail.com または090-8708-6966
監督 高山まで
中学硬式野球クラブチーム
【PR】旭川大雪ボーイズ
新入団員募集中!
旭川大雪 ボーイズは昨年の秋季北海道選手権大会で優勝し、3/26日から東京・大田スタジアムで開催される第46回日本少年野球春季全国大会(ボーイズリーグ全国大会)に出場することが決定致しました。
しかし道内での優勝は飽くまでも過程であって、私たちの目標はそこではありません。全国で勝ち進むことです。
選手たちは今、自分が何をやるべきかを自覚しております。その情熱は後輩たち、さらには新入団生にも波及、浸透しつつあります。

そんな旭川大雪ボーイズでみなさんも一緒にやりませんか!まだまだ新入団生歓迎ですよ!次世代の旭川大雪ボーイズを築いて下さい!

スケジュールは球団ホームページでご確認ください。



お電話でのお問い合わせは  
監督 西大條(にしおおえだ) 携帯:090-5951-7831
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験会のご案内<札幌円山リトルシニア球団>
新入団員募集中!
札幌円山リトルシニアでは、硬式野球に興味をお持ちの小学6年生のみなさんを対象に入団体験会を開催いたします。
当団では、自分を更に高めたい方も、自信はないけどチャレンジしてみたい方も大歓迎!お気軽に体験してください!

11月3日(日)
9時30分~12時00分
13時00分~15時00分
上記の時間内にてご相談ください

特別体験会
元ダイエーホークスの西島 貴之氏を特別コーチに迎えてのバッティング練習を
行います!
11月10日(日)  9時00分~12時00分
同日午後からは、通常体験会となります

13時00分~15時00分

場所 : 石狩ホクレングラウンド(当球団専用球場)
石狩市新港西2丁目783
        
雨天時→室内練習場  札幌市北区太平6条1丁目2-1 
※北海道マイホームセンター北会場隣接
持ち物: グローブ(軟式用可)、運動靴、水筒、ユニフォームか練習着、または運動できる服装
午前・午後通してのご参加は昼食を持参ください

内容: キャッチボールや希望のポジションでの守備練習、バッティング練習に楽しく参加できます

体験希望の方はお手数ですが下記まで御連絡の上お越しください
【お問い合わせ先】 
円山リトルシニア球団 事務局   木川 080-3294-1340
(平日は18:00以降にお願いします。番号非通知はご遠慮下さい)
グローブ
ボール