たきうちプレス

準備OK!高校野球に挑む札山の手高の山田君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 準備OK!高校野球に挑む札山の手高の山田君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




リハビリの先生から正しい投げ方を学ぶ山田君




「たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたアスリート」の今月の登場者は札幌・山の手高の山田響君(16、新1年生)。山田君は今月上旬、入部予定の硬式野球部で先輩とキャッチボールをしていたところ右肩に異変を感じて同スポーツクリニックで診察を受けた。幸い、軟骨損傷(けが)の一歩手前の所で発見したため大事に至らずフォーム修正のリハビリにとどまり、新ステージの高校野球に大きな夢と希望を抱き入学、開幕を心待ちにしている。

札山の手高・新1年生の山田響君

▽山田 響(札幌・山の手高1年、16=175センチ、63キロ、外野手)

蘭越野球スポーツ少年団-洞爺湖リトルシニア-札幌・山の手高硬式野球部

野球は小学3年から始めた。

小学のころからけがに対する予防意識が高く、少しでも異変を感じると親に相談して対応した。

今回もキャッチボールをしていた時、利き腕の右肩に違和感を覚え即、「たきうち整形外科スポーツクリニック」で診察を受けた。

早期診察で「けがの一歩手前」のところで食い止め、安心して万全の態勢で高校野球に臨むことができた。

常日頃から予防意識(けが)が高く、スポーツ選手にとっては欠かせない大切なことを山田君は身をもって実践している。

出身は後志の蘭越町で中学時代は硬式野球の洞爺湖リトルシニア(洞爺湖町)で活躍、高校は札幌市の私学、札幌山の手高校を選んだ。

志望の一番の理由は昨年の野球部体験。監督の指導方針が「自分に一番合う」と感じ、寮生活を強いられるがあえて挑戦することにした。

「学年に関係なく力のある者をレギュラーに起用する」、この言葉が山田君の心を動かした。

だから、具合の悪いところがあってはならないのだ。

「1年目が勝負の年です」と今季に賭ける意気込みは並々ならないものがある。

中学では2年生からレギュラーを取り、ライトで1・2番か下位打線で活躍した。

野球のほか部活で陸上部にも入り、幅跳びで中体連の全道大会に出場したスポーツマン。

外野手一本を貫き、足も速く守備には自信を持っている。

自分で「小学時代は運動神経が低いと思っていたが中学のリトルシニア時代に努力に努力を重ねた結果、自分にも人並みの運動神経があると気づかされました」。

それから自信がつき、また努力して頑張ろうと前向きに考えられるようになった-と話す。

将来の夢は中学の体育教師。

「自分も生徒と一緒になってプレーし、生徒の目線で教えたい」。

今回の通院でリハビリの先生から教えられたことも多い。

正しい投げ方を学び、肩・ヒジに負担がかからない正しい投げ方で投球フォームも修正した。あとは実戦で生かし、今季のレギュラー取りに全力で挑む。

(記者の目・中山武雄)
予防も含めて、けがに対する意識が高くすばらしい。

けがは不可抗力の部分も多々あるが、「けがをしない」日常の意識が最も大切です。

インタビュー中、山田君から何度も「予防」の言葉があり体を大切にする意識が相当高いと思いました。

だれしも、けがは辛い思いをしなければなりません。

けがは気持ちが緩んだ時に多く発生するものです。

試合中よりも練習の時の意識の持ち方が大事です。

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

たきうち整形外科スポーツクリニックへの問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

※ゴールデンウィーク中の休診日 4月27日(土)、28日(日)、29日(月)、5月3日(金)、4日(土)、5日(日)。

※8日(水)~10日(金)は瀧内院長が学会出席のため休診

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
2010、2011、2014年『ジャイアンツカップ』出場!
【PR】秋季準Vの札幌豊平ボーイズが、体験者募集!
新入団員募集中!
《団員募集中》土日祝日(9:00~17:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
球場・室内:札幌市南区中ノ沢
グラウンド有り
室内練習場:7m×45m(球場隣接)
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集!<札幌北広島ボーイズ>
体験参加、新入団員募集中
札幌北広島ボーイズは、少年硬式野球では日本で最大規模のボーイズリーグに所属し、現在新チーム(中学2年、1年生)34名の団員で構成されています。
高校野球を目指して硬式野球に慣れておきたい! 純粋に硬式野球に挑戦したい! 夢をもっている6年生ぜひ一緒に野球をしませんか!
練習・試合は主に土・日・祝日に行い、平日は高校で必要となる自主練習を重んじ、勉強もできる環境を整え、より良い中学生活を送れるよう取り組んでいます。
常時、体験入団を受け付けています。練習日程等はホームページを確認いただくか、下記まで気軽にお問い合わせください。

●練習専用球場・・・「中山球場」北広島市共栄54-13 中山機械㈱敷地内
●球団専用室内練習場・・・・北広島市島松269-1

【お問合せ】
代  表 小 川 正 道  携帯 090-2877-9777
監  督 山 田  徹   携帯 090-8634-5635

野球をやるならボーイズリーグ!
入団するなら札幌北広島ボーイズ!
”女子選手”一緒に野球をやりませんか!
【PR】札幌ブレイク
新入団員募集中!
少年野球をしていて、中学でも野球を続けたい女の子。初心者だけど野球が好きでプレイしてみたい女の子。年齢制限はありません。野球歴も関係ありません。一緒に野球をやりませんか!札幌ブレイクは、札幌で活動する女子軟式野球のチームです。
 選手は、札幌・小樽・江別・北広島・恵庭・岩見沢など各地から集まり、年齢層も社会人・大学生・高校生・中学生・小学生と幅広く在籍しています。
 また、キャプテン・副キャプテンのほか、会計・広報・その他係などを選手から選出し、自主的に活動しています。
グローブ
ボール