たきうちプレス

札幌東シニアの大日方君、新天地で再出発。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 札幌東シニアの大日方君、新天地で再出発。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




リハビリ治療の後、投球練習する表情にも明るさが見えてきた大日方君




たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたアスリート」の今月の登場者はリトルシニア(中学硬式野球)の札幌東シニア、大日方創太郎君(おびなた・そうたろう=札幌北陽中1年)。

大日方君は小学6年の昨年秋に傷めていた右ひじを手術、約7か月の辛いリハビリを頑張り抜き、ほぼ完治までにこぎつけた。

シーズンが始まり焦りの心はあるが、体力面の復調も含めて「今は完全に治して再出発」することに専念している。

そして1日も早くチームに溶け込み、新たな中学野球に熱い思いを寄せている。

札幌東リトルシニアの大日方創太郎君

▽大日方 創太郎(12、札幌北陽中1年=154センチ、48キロ、外野手)札幌・麻生野球少年団-札幌東リトルシニア球団

野球を始めたのは小学1年生から。

野球選手だった父親とのキャッチボールやバッティングセンターでボールを打った時の快感が面白さにつながり、「僕もやって見よう」となり、今では一番好きなスポーツになった。

小学時代は主にサードだったが投手、捕手もやり、6年時には外野手もこなしたオールマイティーな頑張り屋さん。

今回のけが(右ヒジ)は5年生の時に傷めたもの。

投げ方が悪い、いわゆる野球ひじをガマンにガマンを重ねて投げ続けた結果、1年後の6年生になって手術をすることになった。

たきうち整形外科スポーツクリニック」の瀧内敏朗院長が執刀し、腱の移植手術を行った。

約7か月のリハビリを経過し、今はほぼ普通に投げられまでになり、あとは瀧内院長の”GOサイン”を待つだけになった。

「リハビリの先生らに投球フォームや正しい投げ方を教えてもらい、以前よりスムーズに投げられるようになりました」。

頑張り抜いた長期リハビリにようやく明るい結果が見え、表情も明るい。

5年生の初めからレギュラーで活躍してきた大日方君。

一番の長所は「僕はチャンスに強い」と自分に言い聞かせ、何度か実証した。

その一つが5年生の時のくりくり野球大会の準決勝だった。

0-0で迎えた最終七回裏、麻生野球少年団は1死満塁のチャンスとなり、バッターは6番・大日方君に回ってきた。

「ここで打てばヒーローになれる」と強い気持ちで打席に立ち、高めの球を思い切り打って左中間二塁打。

走者一掃のサヨナラ打となり、今も脳裏にしっかりと焼き付き忘れることのできない1シーンとなっている。

夢はでっかくメジャーリーガー。

「難しいのは知っていますが、夢は大きく持ちたい」と前向き。

そのためには何をすればいいのか、自分なりに考えて努力をしている。

けがでボールを投げられない時でもランニングなどを欠かさず、体力作りに頑張っている。

「まずは完全復帰して、けがで遅れた分を取り戻し、同級生や先輩たちに1日も早く追いつきたい」と現実にもしっかりと目を向けて、新しい中学硬式野球に取り組む覚悟のようだ。

(記者の目・中山武雄)いろんなことを考えながら野球に取り組み、常に前向きな姿勢で臨んでいる選手と思いました。

「夢はメジャーリーガー」も唐突に出てきた言葉ではないようです。

ヤンキースの田中投手やエンゼルスの大谷選手ら投手、バッターを問わずメジャー選手を自分に置き換え、夢を作り上げていると感じました。

大変いいことです。

夢を持つことは自分自身のレベルアップに必ず役に立ちます。

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

たきうち整形外科スポーツクリニックへの問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
中学軟式クラブチーム
【PR】2月練習体験会<JBC札幌・男子チーム>
新入団員募集中!
<練習体験会>
2月の練習体験会の日程

2月2日(土)12:00〜15:00
2月9日(土)9:00〜12:00
2月16日(土)9:00〜15:00
2月23日(土)9:00〜15:00

会場:k-field室内練習場
住所:白石区川北2301
下が土の室内練習場なので、スパイクも持参よろしくお願い致します。

沢山の参加お待ちしております‼


JBC札幌・代表の渋谷 貴です。

昨年の秋頃から休部という残念な形を取らせていただきました。
練習体験会を希望するご家庭が相次ぎ、今回指導体制を一新して2019年から再スタートさせていただきます。

監督には北海出身の吉田 仁(45)と札幌第一出身のコーチを務めてもらう川村健二氏(29)、トレーナーは以前と同様川村コーチと同期の幸坂トレーナー(29、駒大苫小牧→亜細亜大学)が、新生JBC札幌をけん引します。

ゼロからの人集めでしたが、練習体験会の問い合わせがお陰様で続いております。
吉田監督は人柄も良く、野球を通じて人間教育も実践してくれる貴重な指導者。

チームの最大の目標である、全日本少年札幌支部予選を近い将来勝ち抜いてくれると信じております。
※今年から中学部活動との兼任も可能とし、女子選手も募集致します‼️


〇監督:吉田 仁氏(45)
山鼻イーグルス(現中南イーグルス)→伏見中学野球部→北海高校→道都大学短期大学部(現星槎道都大)です。
2018はJBC札幌女子チームのコーチ実績あり。
〇コーチ:川村健二氏(29)
野球歴
東ハリケーン(主将)-札幌北シニア(主将)-札幌第一高校(主将)-明治大学


【入団、練習体験会お問い合わせ先】
渋谷代表090‐6994‐7317
吉田監督090‐1522‐4688
中学硬式野球クラブチーム
【PR】とかち道東ボーイズ
とかち道東ボーイズ

『スポーツを通じて人間性を学び養う』
『目先のチームの勝利より、選手個々の成長のためのアプローチを優先!』

新入団員募集中!

【練習日時】
平日:(火・木)18:00~20:00
土日:3~4時間

【練習場所】
平日:白樺学園室内練習場・芽室健康プラザ 他
土日:芽室町営球場・鹿追室内練習場 他

【対象】
小学4年生~中学1年生(4月まで)

【お問い合わせ】
事務局:竹島 宏和TEL:090-7653-4883
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ、体験会のお知らせ
新入団員募集中!
少年野球チームの選手の皆さん、父母の皆様におかれましては、シーズンも終盤を迎え今後の野球進路に関して色々とお考えのことではないでしょうか。
札幌手稲ボーイズは、ボーイズリーグ北海道支部に所属し、元ヤクルトスワローズ有澤賢持が監督を務め、野球経験の豊富なコーチングスタッフと共に愛情を持って指導にあたっております。
中学生の選手にとって、プロ野球で培った野球技術・理論を直接教わることは、将来野球を続ける上で貴重な財産になっていくと確信しております。
チーム単位や少人数で何度でも体験いただけます!まずはお気軽にお問合せください。

<選手の皆さんへ>
たくさんの仲間と野球の基本、規律、忍耐といったスポーツ精神を養い、学校生活だけでは得ることのできない友情を育み、共に高みを目指し、憧れの硬式野球で一緒に夢を追いかけませんか?
いつでも練習を体験しに来てください!


札幌手稲ボーイズ

活動日   火・木・金・土・日

活動場所  しんたく球場(石狩市字南線通)
       樽川室内練習場(石狩市樽川174-4)
  
                クワバラ トモミ
問い合わせ先 球団代表 桑原 知己 090-2051-8291


※公開体験日の他にも体験・見学は随時受け付けております!お気軽にお問合せください!
グローブ
ボール