たきうちプレス

北海学園札幌高の柏田君、秋復活を目指す!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 北海学園札幌高の柏田君、秋復活を目指す!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




取材日にギプスが取れたばかり。久々にグラブの感触を味わう柏田君




たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたアスリート」の今月の登場者は北海学園札幌高の柏田準介君(しゅんすけ、2年)。

柏田君は先月中旬にTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)で右手首を手術、やっとギプスが取れてこれから本格的なリハビリに取り組み、1日も早い完全復帰を願って奮闘中だ。

「秋のシーズンに間に合いそうなので頑張ります」と表情も明るい。

北海学園札幌高校の柏田準介君

▽柏田 準介(北海学園札幌高校2年、硬式野球部=178センチ、74キロ、ファースト)札幌・東グレートキングス-札苗北中軟式野球部-北海学園札幌高硬式野球部

けがは突然襲ってきた。

3月下旬から1週間の日程で行われた沖縄合宿が終わった4月中旬ごろから手首に異変を感じ、痛みが急に増してきた。

しばらく様子を見たが改善することなく、5月に入って「たきうち整形外科スポーツクリニック」で診察を受けた。

医師から病名を告げられ手術をすることになった。これまで大きなけがはなかったので「手術と聞いて最初はびっくりしました」(柏田君)。

一時は、大好きな野球ができなくなるのではないかとの不安に襲われた。

手術・経過も順調に推移しており、今は心配事は完全に消えて1日も早い完治を目指してリハビリに集中する心も出来上がった。

野球は友達に誘われ小学2年から始めた。始めてすぐに「野球の楽しさ」を知って夢中になった。

小、中時代は投手、ファーストをしていたが高校になってからはファーストに固定、本人も納得の選択だ。

「投手もいいが、自分にはファーストが一番向いている」、小学4年生からメーンにしているポジションに楽しさと愛着を感じている。

術後の経過はすこぶる順調だが、正直なところ焦りもある。

「けがで休んでいる期間、一塁手取りを争っているチームメートの様子が気になります」と、ライバルたちに後れを取っている「練習の差」を気にしていた時もあったが、今は心を完全に切り替えて早期復帰に集中している。

「先生(瀧内院長)からも順調に来ている、と言われ安心してリハビリに取り組めます」。

当然の事で、大きな目標は甲子園出場。

小さいころからテレビを見ていて憧れの存在だ。

そのためにも今回のけがを完全に治して、まずは秋の新人戦でレギュラーの座を取って優勝することだ。

チームに恩返しのつもりで決意を新たにしている。

(記者の目・中山武雄)「将来の仕事もスポーツに関係するところに就職したい。

野球は草野球でもいいから、ずーっと続けたい」という柏田君。

取材中も「野球は本当に楽しいです」と何度も言われ、聞いていて嬉しくなりました。

好きこそものの上手なれ-です。

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

たきうち整形外科スポーツクリニックへの問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会 鈴木貴博
TEL  090-7057-6583
監督(阿部):090-2056-9966
中学硬式野球クラブチーム
【PR】旭川西リトルシニア球団が、体験者募集!
新入団員募集中!
最高の友と最高の舞台へ

旭川西リトルシニア球団では硬式野球に興味のある小学6年生から中学2年生を募集しております。
体験入団は随時行っておりますので、興味のある方はお問い合わせください。

練習日
火・水・木・金・土・日・祝日

練習場所
フェニックススポーツセンター室内練習場
市内・近郊グラウンド使用

お問い合わせ先
監督 武田 090-6876-3001
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習のお知らせ<札幌札幌真駒内シニア>
新入団員募集中!
硬式野球体験会のご案内!

札幌真駒内リトルシニア球団は、日本リトルシニア中学硬式野球協会北海道連盟に所属する中学硬式野球チームです。
硬式野球に興味がある現在中学1年生及び小学6年生の体験会参加者を随時募集しております。興味がある方はお気軽に下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

●チームスローガン
「明るく 厳しく のびのびと」

●練習日
土曜日、日曜日、祝日(お盆、年末年始を除く)9:00から17:00まで

●練習場所
札幌市南区真駒内191番地内 (有限会社澤田運輸さんの敷地内)※澤田運輸さんの敷地(私有地)を通り抜け案内看板のとおり進んでください。

・夏季:真駒内駒岡Gスタジアム 
・雨天時・冬季:真駒内駒岡室内練習場  


●お問い合わせ
監督久保田:090-8899-5918
事務局長竹下:090-3206-3831
グローブ
ボール