スポーツ整形外科に聞け!

投打を磨き次のステップ!栗沢コンバットの竹藪君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 投打を磨き次のステップ!栗沢コンバットの竹藪君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




フォームも完全に直して次のステップを見据える竹藪君



医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)の外来患者専用施設、「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック(同区青葉町11丁目)に通院し、復帰に向けて頑張っている様子を紹介する連載企画「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は岩見沢・栗沢コンバットの竹藪大翔君(ひろと、栗沢小6年)。

竹藪君は野球を始めた2年目の5年生からチームのレギュラーで投手、捕手で活躍してきた。

今季は小学生最後の年になるのでいつも以上に気合が入っていたが6月末の地区大会の試合後に利き腕の右ひじに違和感を覚え、すぐに両親らに相談し同リハビリクリニックで診察を受けた。

幸い初期段階(野球ひじ)だったので症状も軽く約2か月の治療で全力投球ができるまでに回復した。

野球をしたい-との熱い思いが早期復帰をかなえ、次のステップ(中学硬式)へ心を切り替える竹藪君だ。

岩見沢・栗沢コンバットの竹藪大翔君

▽竹藪 大翔(岩見沢・栗沢小6年=150センチ、39キロ、投手・捕手)岩見沢・栗沢コンバット

野球は4年生から始めた。父・浩祐さん(43)、母の奈美子さんが大の野球好きで竹藪君も自然と好きになり、今では野球一家の中心となっている。

病院に通うほどのけがは今回が初めてで不安も大きかったが、早期治療だったため大事には至らずホッと胸をなでおろしている。

ほぼ完治したが自分の欠点(フォーム矯正、体の固さなどの改善)を治すためリハビリ治療は今後も続け、けがをしない正しい投げ方のフォーム確立や体のケアを含めたリハビリ続行となった。

野球大好きな両親の深い理解と愛情があり、その先には中学(シニアリーグ)以降の硬式野球を見据えた長期作戦が展望されている。

 

「以前より腕が振れて、スピードが増した気がする」と竹藪君。

リハビリの先生から学んだことを忠実に実践してフォーム矯正に努力を続けている毎日だ。

自分のいいところは「うーん、わからない」とはにかむが、足も速く打力もある。

けがをする前は投手のほかに捕手もしており器用さも持ち合わせている。

打順は1番(けが前)か6番を打ち、チームにとっては欠かせない存在になっている。

 

今年は岩見沢市の「道新杯」で優勝、7月の「信用金庫杯」でも優勝するなどチームの地区大会成績は好調だった。

その中で、竹藪君が一番の思い出の試合になったのが「信用金庫杯」だ。

大会第2試合、由仁町のチームに2-5で負けていたが奇跡のどんでん返しを演じたのが竹藪君だ。

満塁の場面で打順6番で登場、「ここは絶対打ちたい」と打席に立ったがファールゾーンのファーストフライになってしまった。

あ~あ万事休す、かと思われたが相手が落球、女神が突然やってきた。

一度アウトになった思いで心を切り替え何球か粘った後にライトオーバーの快心一打が飛び出し、足を生かして満塁ホームランになり奇跡の逆転劇となった。

チームはその勢いで大会優勝まで成し遂げた。

「あんなうれしいことはなかった」と振り返る竹藪君。

道新杯予選でもホームランを打っており、今後の成長が楽しみだ。



(記者の目・中山武雄)今回のひじ損傷でけがをしない体づくりの大切さを学んだことは、本人にとっては今後の大きな財産になっていくでしょう。

完治しても通院しリハビリを続けて体のケアやフォーム矯正に努力する心構えは素晴らしいことです。

ご両親の深い理解があってこそのことですが、本人の意欲がなければできません。頑張ってください。

豊富な人材・知識で迎える医療スタッフ「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)2017年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」近隣の同区青葉町11丁目に開業し急増する患者に対応するとともに、さらなる医療サービスの向上を目指している。

施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを備え、患者の早期復帰をサポートしている。

院長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラスの名医。当サイト・ストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代に野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、スキー、テニスなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間(外来・リハビリテーション)】

♦受付(月~金) 午前の部:8:30~11:00 午後の部:11:00~16:00(土曜は午前のみ)=自動再来受付機は午前7:00~、完全予約制

♦診療(月~水、金) 午前の部:10:00~13:40 午後の部:15:40~19:30

♦休診日 日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ケ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
少年硬式野球(小学1年~中学1年生まで)
【PR】小学1年生から始められる硬式野球<札幌豊平リトル>
新入団員募集中!
豊平リトル チームスローガン

1. 常に全力プレーをする事! 
2. 感謝の気持ちを忘れない事!
3. チームワークを大切にする事!

選手皆で話し合い掲げたチームスローガンです。

○活動内容
小学校1年生~中学1年生の硬式野球チームです。
日々World Series(世界大会)出場を目指し活動しております。
練習日は、土曜・日曜・祝祭日の4時間(9時~13時)が基本です。
(試合・冬季間など変更になる場合があります)
練習時間が短い分、効率よく集中して指導しています。

○ホームグラウンド
雁来少年野球場
東区東雁来8条4丁目南側(河川敷)

○お問合せ先
豊平リトルリーグ事務局
E:mail sapporotoyohiralittle@gmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】日高リトルシニア球団
新入団員募集中!
日高地域の少子化は深刻です。数年後には単独中学校での野球部維持は厳しくなることが現実的な問題となっています。

将来ある子供たちの可能性を引き出すチャンスが必要と考えて「野球人は紳士たれ」を合言葉に基礎・基本から指導を行ないます。

選手募集してます!野球が好きなこと・本人と保護者が球団の活動方針などに同意できること。
一度練習や試合を見学にきて欲しいです。

●活動内容(夏季、冬季) 
毎週 火・木・土・日
火・木 17:00~21:00  土・日 9:00~15:30
夏季 荻伏球場
冬季 町内体育館・室内練習場
●施設(グラウンド、室内練習場)

浦河町荻伏球場・室内練習場・

●連絡先※ホームページ含む
監督   浦川 聡 090-2698-0487
事務局長 真下 修 090-3018-0595
中学硬式野球クラブチーム
【PR】練習体験会のお知らせ<札幌北リトルシニア球団>
新入団員募集中!
あけましておめでとうございます。

札幌北リトルシニア球団は1月6日より練習を開始しております。
すでに現6年生も参加して練習を開始しておりますが、年が明けてからの冬休みのこの時期以降にも多くの6年生が練習に参加をし、実際の雰囲気を感じて入団していただくケースが例年多くあります。

まだチームを決めかねている、迷っている6年生、どこにも体験に行っていないけど硬式ボールも経験してみたい選手など、是非札幌北リトルシニア体験会に参加して下さい!

熱意溢れる親身な指導で、中学でしっかりと土台を作り、高校以降で飛躍する選手になるようにしっかりと取り組んでおります。百聞は一見に如かず。是非ともご覧下さい。

【練習体験会】
・日時:平成31年1月13日(日) 12:00~15:00
・場所:石狩フェニックスフィールド 石狩市志美240-1
・持ち物:野球道具一式(土ですのでスパイクなどをご持参下さい)・自身の飲み物等
※野球の出来る服装でお越しください。硬式バットは球団で用意します。

【問い合わせ、連絡先】 ※参加希望な方は極力事前にご連絡下さい。当日でも構いません。
監督 田中(090-3776-0304) 
ヘッドコーチ 松本(080-8628-1148)
※仕事等で出られない時は折り返しさせていただきますのでご了承下さい。

通常練習の体験も大歓迎です! 
冬季期間は水曜日・土日祝において主に札幌北シニア室内練習場にて行っております。
(活動場所~札幌市東区丘珠町391-1)
詳しくはチームHPでもご確認ください。
グローブ
ボール