コラム「野球少年の食トレ」

第31回 食事もトレーニングの一環

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第31回 食事もトレーニングの一環
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




間違った食トレ



第31回 食事もトレーニングの一環

先日のニュースで、高校野球の強豪校の行き過ぎた「食トレ」についての問題点が取り上げられていました。

野球をするお子さんの食事について、私は何度も声を大にして言いたかったことですが、こうやってニュースに取り上げられたこの機会に食事の摂取法について改めてお話しようと思います。

ニュースでは、野球の指導者の間で「食事もトレーニングの一環」というもとでの誤った考え方が広まっていると報道していました。

「米は1日▲合以上」「食事は1日最低5食」「弁当箱は容量が■ℓ以上のもの」等、ただ量を食べることだけを進めることはよくありません。

でも、それを信じている方が世の中にはまだたくさんいらっしゃるのが現状です。

育ち盛りの野球少年をそれなりの通用する体型に育てあげ、野球に合った栄養の摂り方、食事の仕方をしっかりと把握しないと誤った方向に進んでしまいます。

人間はそれぞれ個人差もありますし、食べ物に関する好み、食べ方、消化スピード、体質は十人十色です。

たくさんのお子さんに対して、まとめて全員に「これだけ食べなさい」と強要しても、余裕で食べることのできるお子さんがいる一方で、限界を感じて食べられないお子さんもいます。

食べられないお子さんは、食べることに関してトラウマになったり、ひどい時にはメンタル面での治療が必要になる場合も考えられます。

良かれと思ってすすめていることが逆効果になってしまうのです。

食べ方や栄養に関する知識が曖昧なまま、ただ量を食べることだけをすすめるのは人間の身体には全く無意味なのです。

ニュースでは、野球の指導者が子供たちに1日に米を7合持参させ、強制的に食べさせていたと報じていました。

たくさん米を食べるだけで、野球少年は育ちません。

人間の身体は、日々、食べ物から作られています。摂取した栄養が相互作用し、そこからエネルギーになり、血になり筋肉になり骨になります。

お米を7合食べるのであれば、それに見合った他の栄養素もしっかりと摂らなければなりません。

栄養の偏った食事では全く意味がありません。

アスリートフードマイスターとして私が悲しく思うのは、思い込みだけで、ただ食べさせればいいということに集中するあまり、身体に大切なものを見逃していることが多いということです。

この度は、いつものコラムよりは私の思いを強く発信させていただいておりますが、それだけ「食べる」ことは大切にしないといけないということなのです。

今回のニュースを見て、あらためて、野球少年の食に関する意識を高めていただきたいと思い「野球少年の食トレ」に関しての講座を開講いたします。

保護者の方、指導者の方には、強い野球少年を育てるための知識をお伝えしようと思います。

「食事もトレーニングの一環」という考えのもと、正しい食トレを多くの方に知っていただければ幸いです。

老田よしえ

▽老田よし枝プロフィール
株式会社フェニックスサポート代表取締役。AFM北海道 主宰、アスリートフードマイスター1級。札幌メンタルビジョントレーニングセンター代表。

テレビ局でADとして勤務後、結婚。退職した後、夫婦で渡米。2001~2014年アメリカ・ニューヨーク州在住。現在、野球少年の2児の母として日々奮闘中。
趣味はスキー(SAJ公認スキー準指導員)。

★ブログ「ライスボ~ル アスリートフードマイスターの母による野球少年を大きく育てる方法。」http://www.athletefoodmeister-yoshie.com/
★Facebookの「AFM北海道」のページではイベント情報を掲載しています♪

食トレ講座(9月29日)に関してのご案内は、私のブログかFacebook「AFM北海道」のページに告知させていただきます。



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学軟式クラブチーム
【PR】見学・体験のお知らせ<ピースベースボールクラブ>
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
南区で発足した中学生軟式野球チームのピースベースボールクラブは
以下の日程でチーム説明会を開催いたします。
 硬式野球と軟式野球の違い、チームの指導方針、勉強との関わり方、
保護者の皆さまが不安に思っていること等、中学野球チーム選びの参考
にぜひお越しいいただければ幸いです。

 なお、練習の見学・体験も随時募集しております!

ホームページ:https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

チーム説明会
 11月17日(日)16:00~ 札幌市もいわ地区センター
 11月24日(日)16:00~  札幌市もいわ地区センター

※札幌市もいわ地区センター(札幌市南区川沿8条2丁目4-15)
https://moiwa.jp/


お問い合わせ先
 kyudobaseballclub@gmail.com または090-8708-6966
監督 高山まで
中学硬式野球
【PR】新入団員募集中!<札幌羊ケ丘リトルシニア>
新入団員募集中!
札幌羊ヶ丘リトルシニア


■新入団員募集中!
札幌羊ヶ丘リトルシニアは、来春に中学校に入学する学童から中学3年生までを対象とした硬式野球チームです。
冬期間は、室内練習場で汗を流して頑張っております。

現在、新入団員を募集しています。
何時でも見学/体験をお受けしますので、下記「お問い合わせ先」にご連絡の上 お越しください。
選手・指導者・関係者一同、皆様のご参加を心からお待ちしております。

≪指導方針≫
1.規律を重んじる明朗な社会人としての素養を持った、時代を担う健全な人材の育成を図ること。
2.スポーツ精神を養うとともに、団体生活におけるチームワークの重要性を身につけること。
3.地元地域の野球を愛する中学生に硬式野球を正しく指導し、体力と技術の向上を図ること。

■練習日
木曜日(17:30~21:00 *自由参加)
土・日・祝日(9:00~17:00)

■練習場所
夏季:滝野JAグランド(札幌市南区滝野13番地)
冬季/雨天:室内練習場(滝野JAグランド向かい)
         
■お問い合わせ先
連絡先 <事務局長> 中村
TEL 090-2051-3598
e-mail fumitaka-1018@hotmail.co.jp
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
グローブ
ボール