全国 全道

【動画付】東16丁目フリッパーズが道内学童No.1!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【動画付】東16丁目フリッパーズが道内学童No.1!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




優勝の瞬間、マウンドに集まる東16丁目ナイン



野球関係者、父母らの熱い思いが夢の舞台となって実現した「北海道学童野球最強決定戦」が11月7日、札幌日大高校野球部グラウンド(北広島市)で行われた。

全日本学童野球・南大会、北大会の優勝、準優勝の4チームが参加して北海道一を競った。

ナンバーワンに輝いたのは南大会優勝チームの札幌・東16丁目フリッパーズ。

決勝の対戦相手はこちらも北大会で優勝した新得町野球少年団で文字通りの南北対決となったが、打力・走力に勝った東16丁目フリッパーズが5-2で勝利した。

この大会は、コロナ禍で全国大会の開催が見送られ元気をなくした野球少年たちを励まそう-と野球有志の集まり「甲子園の心を求めて実行委員会」が企画した。

甲子園出場校のグラウンド(札日大高)で、全国トップクラスの札幌国際情報高吹奏楽部が友情出演し、決勝戦は大いに盛り上がり、”プチ甲子園”の雰囲気に小学生の選手たちも満足したさわやかな笑顔がグラウンドに広がっていた。

東16丁目フリッパーズは1月に静岡県で開かれる「第14回ポップアスリート星野仙一杯」に出場する予定。

▽決 勝
新得町野球少年団
2000000=2
201110x=5
東16丁目フリッパーズ
(新)砂田、葛西、八條-渡邊羚
(東)吉川、浅野、吉川、寺町-藍葉
▽三塁打 渡邊(新)
▽二塁打 渡邊(新)、藍葉(東)

▽1回戦
釧路ゴールデンモンキーズ
000000=0
003031=7
東16丁目フリッパーズ
(六回コールドゲーム)
(釧)平野、内海-鎌仲
(東)浅野、佐藤、木村-藍葉
▽二塁打 能登、山田(釧)

七小野球スポーツ少年団
10001=2
3024x=9
新得町野球少年団
(五回コールドゲーム)
(七)近藤、小石-結城
(新)砂田、葛西-渡邊羚
▽本塁打 砂田(新)

第3位の七小野球スポーツ少年団

第3位の釧路ゴールデンモンキーズBBC



「この勢いで優勝だ!」次の目標は1月の静岡大会

決勝戦は南の覇者・東16丁目フリッパーズ、北の覇者・新得町野球少年団の両雄対決となったが、打力・走力に勝り、試合巧者のフリッパーズが執念の全道一に輝いた。

初回に新得に先制を許したものの、その裏に4番・吉川慎之助の中前打などで同点に追いつき主導権を取り返した。

ここからフリッパーズのうまさが発揮された。

長打はないが得点圏のランナーはきっちり返す-を実行した。

三回は四球出塁の吉川が還り、四回には中前打で出塁した1番・丹場祥平三塁手を2番・藍葉吏良捕手が左前打で返し4点目、五回も1点を加えて試合を決めた。

先発した吉川投手は「今日は余り良くなかった(投球内容)。1月の全国大会(ポップアスリート大会・静岡)では絶対いい投球をする。そして優勝します」と力強い。

吉川投手(東16丁目)



「強いフリッパーズ」の勢いは止まらない。

これで今季負け知らず、学童全国大会は2016年のベスト4から始まり17年優勝、18年2回戦敗退、19年ベスト8、今年(開催されていれば)と5年連続の出場だった。

それだけに今季は残念な結果に終わったが、その代わり道内最強戦という形で選手たちにプレゼントされた。

チームを率いる笹谷武志監督(41)は「今年は2017年に全国優勝した年に匹敵するぐらい選手が揃った。素直さが上達につながっていると思います」と勝因を分析する。

キャプテンの淺野広喜一塁手は「(出場していれば)全国大会優勝の自信はあった。打力・守備とも一番充実していた」。出場できなかった全国大会の分を1月の静岡大会で晴らす-と頼もしく明言した。

決勝のマウンドに上がった2人写真左から吉川、淺野投手(東16丁目)

優勝の東16丁目フリッパーズ



新得町野球少年団、先制点生かせず

初回先制2点を挙げ好スタートを切ったが同点に追いつかれて、その後の攻めにチームの良さが出ずじまいに終わってしまった。

1回戦の5番・砂田左漸投手の鮮やかな左中間本塁打、決勝での4番・渡邉羚生捕手の先制三塁打、二塁打(四回)と見せ場はあったが、得点圏でのあと一歩が出なかった。

キャプテンの渡邉羚君は「初回、先制して流れをつかみたかったが乗れなかった。十勝の町村大会で不覚の負けを喫して、すごく悔しかった。それをみんなで反省して、その後の試合は負け知らず。今日の負けで今季2敗目になりました」と悔しそうに話すキャプテンだったが、気持ちはすでに次のステップへ切り替えているようだ。

ベンチ前で監督の話に耳を傾ける新得町ナイン

準優勝の新得町野球少年団



まるで甲子園球場!札幌日大高グラウンド

札日大高野球部グラウンドが甲子園球場に早変わり!?

会場となった北広島市の札日大高野球部グラウンドに全国トップクラスの札幌国際情報高吹奏楽部の皆さんが応援演奏で友情出演した。

決勝戦の七回までとエキシビションの父兄らによる特別試合の9イニングを演奏、選手や応援席の父母らの盛り上げをアシストした。

札幌情報国際高吹奏楽部と言えば、ダンプレ(ダンシングプレー=踊りながら演奏)スタイルで演奏する全国トップレベルの公立高校。

札日大高吹奏楽部が試験のさなかで参加できなかったため、野球を通じた様々なつながりから実現した。

選手たちは大喜び。

「夢の甲子園を体験したような気分」と両チーム・ナインは感激していた。

また、試合後に行われたエキシビションの”憧れの甲子園を体験する交流試合”1イニングも演奏付きのおまけつき。北の釧路ゴールデンモンキーズ×新得町野球少年団、南の東16丁目フリッパーズ×七小野球スポーツ少年団がそれぞれ1イニングずつ交流試合をした。

高校野球をしていた父兄に「憧れの甲子園を味わわせたい」との思いに応えたイキな計らいで実現した。

どの顔を生き生きとした表情でプレーしていた。

国際情報高・吹奏楽部へ感謝のあいさつをする東16丁目ナイン

協力:甲子園の心を求めて実行委員会



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 札幌スタジアム
  • フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • ノースジャンボバッティングスタジアム
  • 大成会
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
中学硬式クラブチーム
【PR】2024年度 石狩中央リトルシニア球団 新入団員募集中‼
新入団員募集中!
2024年度 石狩中央リトルシニア球団 新入団員募集中‼

石狩中央リトルシニアは、来季の新入団員の募集に伴い、練習体験会を実施致します。

現在チームは、2年生13名、1年生8名の計21名の団員で活動中です。

ホームグランドは、青葉公園野球場(連盟公式戦使用)、樽川公園野球場、
そして球団専用球場・協会球場(樽川球場より車で2分)を新たに所有!

球団施設として、石狩市花畔に室内練習場を所有

球団専用の大型バスを所有



〇体験会について

2023年10月21日(土)
2023年10月22日(日)
体験会開催決定!!

体験会以外の日でも随時体験を受け付けますので、下記連絡先まで気軽にご相談下さい。

少しでも多くの方に練習に参加して頂き、チームの雰囲気、硬式ボールの感触を体験して頂きたく、半日、1日、何度でも体験は受け付けておりますので、気軽にお越し下さい。

多くの皆様のご参加お待ちしております!

体験会の詳細につきましては、球団ホームページにて掲載して参りますので、多くの方のご参加お待ちしております。

@体験会お問い合わせ
石狩中央リトルシニア球団
球団事務局)
 西條 (090-3397-4616)
 三上 (090-6996-3461)
※非通知不可となっておりますので、確認の上御連絡お願い致します。
中学軟式クラブチーム
【PR】ピースベースボールクラブ2024年度生募集のお知らせ
ピースベースボールクラブ2024年度生募集のお知らせ
体験会告知第3弾をお知らせいたします。


12月16日(土)09:00~12:00 南区 PEACE専用室内練習場

12月17日(日)09:00~12:00 南区 PEACE専用室内練習場

2024年
1月6日(土)10:00~13:00 月形町 月形アリーナ

1月7日(日)09:00~12:00 南区 PEACE専用室内練習場

1月8日(月祝)09:00~12:00 南区 PEACE専用室内練習場

※ 天候不良等により会場変更する場合があります。お手数ですが、体験会参加希望の
方は、事前にホームページより参加登録をお願いします。

・各学年15名を限度に選手を募集いたします。

・野球を通じた「人間力の向上」を第一の目的としています。

・練習時間は、最大4時間を基準としています。

・保護者会、保護者当番等はありませんが、一部審判のご協力をいただく場合があります。

・専用室内練習場、専用14人乗りワゴンを所有し、保護者の負担をできる限り少なくするよう
努めています。

スケジュール等、詳細はホームページでご確認ください。
中学硬式クラブチーム
【PR】随時練習参加をお待ちしています!!【札幌白石ポニーリーグ】
新入団員募集!!
私たち白石ポニーリーグは、2024年度からポニーリーグとして新たなスタートを切りました。

おかげさまでこれまで、1~3年生まで合わせて10人の選手が入団しました。

中学校で野球をしようか迷っているあなた、部活動かクラブチームかで迷っているあなた、野球シーズンはこれからです。



白石ポニーリーグでは、現在、随時体験練習を受け付けています。

野球未経験の選手も入団し、楽しく活動に参加しています。

野球経験や男女を問いませんので、「中学校から野球をやりたい!」という方は、ぜひお問い合わせください。

特に中学1年生、2年生は、これからまだまだ沢山の大会等に参加可能です!

今からでも間に合いますので、下記の問い合わせ先(監督:小原(おばら))までお気軽にご連絡ください。

先日は白石ポニーリーグとしての開幕戦となる春季リーグ戦が行われ、1年生から3年生まで学年を問わず出場。

すでに1年生の選手も活躍しています。

道内のポニーリーグ所属チームは3チームと少数ではありますが、今年度は北海道で本州のチームも参加する大会が開催されます。

成長著しいこの時期の皆さんにとって、十分楽しめて貴重な経験が積める活動を予定していますので、ぜひご期待ください!!



【他のチームではできない体験もできます】

当チームでは、中学校野球部との合同練習や元プロ野球選手による指導など、他のチームではできない経験がたくさんできます。

また、社会人チーム(江別ブルーインズ)や当球団の小学生チーム(白石リトルリーグ)、野球少年団との交流もあります。

年代や性別にとらわれず、野球を生涯スポーツとして捉えた活動を私たちは目指しています。



【今年度の主なスケジュール】

6月 全日本選手権予選
   北日本選手権大会

8月 北海道・北東北大会

9月 新人戦

この他にも女子チームも含めた他の連盟との交流や、中学生であれば、軟式、硬式、連盟等を問わず、誰でも参加することができるリーグ戦も企画しています。


【体験練習随時受付中!!】

対象 中学校1年生から2年生(女子選手も大歓迎!!)

練習場所 美原球場(江別市美原293番地2:旧日産サニー球場)
   厚別区共済第2グラウンド(札幌市厚別区厚別町1063-25)

練習日  毎週土曜・日曜、祝日(9:00~16:00)

※他の習い事や部活動との掛け持ちもできます
※各家庭のペースで無理なく活動に参加できます

【体験受付】 監督:小原 丈敏(おばら たけとし)
電話:090-2814-0329
グローブ
ボール