リトルシニア

旭川北稜タイブレークの末初優勝!準V小樽

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 旭川北稜タイブレークの末初優勝!準V小樽
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




優勝の瞬間、喜びを爆発させる旭川北稜ナイン



中学硬式野球リトルシニアの第30回春季全道大会は29日、札幌スタジアムで決勝と3位決定戦が行われ決勝では旭川北稜球団が延長十一回タイブレークの末、9-7で小樽リトルシニアを下し、初優勝を果たした。

3位に札幌新琴似リトルシニア。

初優勝の旭川北稜球団

◆決 勝(29日)

旭川北稜(6)3-3(4)小樽

旭川北稜
20000100033=9
00120000031=7
小樽
(11回特別ルール)
(旭)谷口、馬場、山口歩-藤原
(小)敦賀、佐野、菅原琥-佐野、敦賀、佐野
▽三塁打:藤原(旭)、藤原、熊野(小)

メダル授与での旭川北稜ナイン



初回に2点先制した旭川北稜は四回に同点、さらには2-3と逆転を許したが六回に7番・山本竜聖(3年・東川大雪野球少年団出身)のレフト前タイムリーヒットで同点。

七回終わって決着がつかず!

さらに延長九回でも決着つかず、試合は十回から一死満塁で始まるタイブレークに突入した十一回、先頭の4番・西村颯汰(3年・近文レッドライナーズ出身)が、ライト前タイムリー。

続く5番・藤原佑磨(3年・東聖イーグルス出身)が犠飛で1点。

結果これが決勝点となった。

さらに6番・小嶋哲平(3年・共栄ワンダーズ出身)もレフト前タイムリーでこの回3点を奪った。

粘る小樽打線を旭川北稜投手陣が継投で逃げ切った、先発谷口悠真(3年・陵雲ファイターズ出身)、馬場太智(3年・永山中央野球少年団出身)、山口歩琉(3年・比布野球少年団出身)らがバックを信じて投げ続けた。

一進一退の攻防は、最後まで諦めない全員野球が勝利の原動力となった。

 

角井 修監督は「苦しい展開の中、二死から同点に追いつき。延長10回タイブレークで、小樽の攻撃を三振ゲッツーのダブルプレーで守り抜けた場面が大きかった。うちはスーパースターがいるわけじゃない、小粒ながらチームワークで勝ち上がって優勝できた。一週間後に始まる日本選手権ではこの勢いで優勝を目指します」と力強く宣言した。

 

決勝で2安打2打点の活躍を見せた藤原佑磨主将(3年・東聖イーグルス出身)は「決勝は執念を合言葉に、最後まで諦めず戦えた。日本選手権道予選では今年こそ優勝したい」と胸を張った。

旭川北稜球団



<発行人>

大会は約1ヶ月。

最後の終止符をうつ決勝は、なんと延長十一回に及ぶ熱戦となった。

 

準決勝で優勝候補筆頭と名前が挙がっていた札幌新琴似を破って決勝へコマを進めた小樽と旭川北稜球団の熱戦は見ごたえ十分だった。

 

優勝した旭川北稜には学童時代、旭川選抜として活躍した藤原主将や西村らが中心によくまとまったチーム。

決勝の戦いを見る限りチームに一体感があった。

全国相手にどこまで戦えるか見てみたいチームの一つだ。

 

角井監督は昨年秋から監督就任。

高校時代は旭川実業のエースとして甲子園に出場。

ミラクル旭実の原動力として活躍した。

~ミラクル旭実~

1995年の第77回全国高等学校野球選手権大会で春夏通じて初出場だった「旭実」こと旭川実業は初戦の松山商業を5-4の逆転勝ちで破ると今度は2回戦で鹿児島商業を両チームで計37安打にも上る打撃戦を制すと、3回戦の銚子商(千葉)でも4対2の逆転勝ちで8強に名乗りあげる。

迎えた準々決勝で敦賀気比に2-3で涙するも堂々の全国8強入りに北海道民は感動の拍手を送った。

先発の谷口投手(旭川北稜)



小樽惜しくも準V

1-2で1点を追いかける小樽は四回、先頭の4番・熊野雄斗(3年・入船フェニックス)が、右中間を破るスリーベースヒットでチャンスを作った。

続く5番・長谷川瑛光(3年・オール手宮サンライズ出身)が、ベンチの期待に応えきっちりセンター前に運び同点。

さらに7番・大野慶大(2年・札幌新琴似リトル(硬式)出身)に代わって代打の増井陽琉(3年・小樽シーレックス奥沢出身)が、スクイズを決め3-2と逆転した。

六回に同点にされるも延長八回、九回、十回、十一回と終盤、得点圏に走者を進め一気にサヨナラの機運を高めていたが、あと一本に涙した。

村上武洋監督は「リーグ3位から決勝トーナメントの決勝までよくやった方です。旭川をあそこまで苦しめたこと、自信になったはずだ。3年生が少ない中、日々成長を感じる。日本選手権では思いは一つ、頑張ります」と悔しさの中、一定の手ごたえを感じ頂点獲りに意欲を見せていた。

小樽シニア



<発行人>

決勝での勢いは小樽にあったように感じた。

何度となくサヨナラを予感させる場面があったが、旭川北稜の投手陣の前に封じ込められた。

先発したエース敦賀那佑汰(3年・小樽シーレックス奥沢出身)は初回、内安や内野の失策などでピンチを招き5番・藤原にタイムリーを浴び2点献上。

しかし二回以降、低めにストレートと変化球のコンビが集まりだし、本来の丁寧にコースをつくピッチングで再びゲームを作った。

派手さは無いが、ボールにも切れがあり良いピッチャーだ。

日本選手権道予選でも<注目>したい。

打線では強打・熊野、長谷川が存在感見せていた。

9番打者の藤原翼空(3年・緑丘ホーマーズ出身)も攻守で輝きを放っていた。

同チームの躍進に期待したい!

敦賀投手(小樽)

準優勝の小樽シニア



3位札幌新琴似

準決勝で涙するもやはり次大会・日本選手権道予選の大本命と言える。

3位決定戦ではとかち帯広を7-0と五回コールドゲームで下した。

先発の半田 悠(3年・東16丁目フリッパーズ出身)や四回からマウンドに上がった山田遼太(3年・新琴似スラッガーズ出身)も盤石の仕上がりを見せていた。

攻撃では5番・高橋英汰(3年・篠路ライオンズ出身)、中田壮謙(3年・東16丁目フリッパーズ出身)らが三塁打の長打を放ち振りの強さも感じた。

投打に噛み合った時の強さは類まれなものがある。

同チームの戦いから目が離せない!

半田投手(札幌新琴似)

◆3位決定戦(29日)

札幌新琴似7-0とかち帯広

とかち帯広
00000=0
41002=7
札幌新琴似
(五回コールドゲーム)
(と)能登輝、川島-渡邊
(新)半田、山田-中田
▽三塁打:中田、高橋英(新)
▽二塁打:嶽石(新)

ライトオーバーの三塁打を放った中田(札幌新琴似)

3位の札幌新琴似シニア



4位とかち帯広

試合は4点を追う二回、先頭の4番・能戸輝夢(3年・木野東ブルーサンダーズ出身)が、センター前と二盗など三進するも後続が倒れ無得点

三回にも相手のミスに乗じて一死三塁とチャンス作った。

この場面で内ゴロでホームを狙うもホーム手前でタグアウト。

強豪・新琴似の前に、1点が遠かった。

敗れはしたがこの4位でしっかりシード権を掴んだ同チームは日本選手権道予選で再びスタートを切り、一心不乱でリベンジを目指す。

 

先発した能戸は、立ち上がり変化球が定まらず3四球とバッテリーミスなどで大量4点献上。

二回にも1失点。

しかしストレートの伸びが良く、非凡な才能を感じる。

身体は身長183センチ、体重83キロ。

恵まれた体格を生かしたストレートは威力十分だ。

このストレートだけでも世代ナンバーワンを目指して磨きに磨いてほしい!

<注目>選手です。

能戸投手(とかち帯広)

4位のとかち帯広シニア

協力:日本リトルシニア中学硬式野球協会北海道連盟



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 札幌スタジアム
  • フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
  • ノースジャンボバッティングスタジアム
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学軟式野球クラブチーム
【PR】第3回(最終)小学生保護者対象 説明会について<札幌ブレイブティーンズ>
新入団員募集中!
第3回(最終)小学生保護者対象 説明会について

2021年も残り2週間と少しとなりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて表題の通り、札幌ブレイブティーンズでは、小学生の保護者を対象に説明会を実施致します。

チームの説明はもちろん、ご質問にもお答え致します。




日   程  :2022年 1月22日 土曜日
 
場   所  : 新琴似・新川地区センター  札幌市北区新琴似2条8丁目1-20

 ※ 会場には入れる定員数が決まっている為、出席の際には必ず申込みをお願い致します。
 ※ 保護者説明会は、今回が最終と考えており、その後は希望があれば個別で対応致します。
 ※ 当日は説明の他、ご質問にもお答えしますのでお気軽にご質問ください。
SAPPORO BRAVE TEENS




札幌ブレイブティーンズ
監督  森岡 昂平
090-7654-6830
braveteens.30@outlook.jp




中学硬式野球クラブチーム
【PR】恵庭リトルシニア球団
日頃から恵庭シニアを応援、サポートしてくれている皆様に心より感謝申し上げます。 恵庭リトルシニアは現在、室内練習場に人工芝を張り冬季練習を頑張っております。 新チームは2年生が17人、1年生が16人、6年生は1人。 6年生の団員募集中です! 当チームは土日に加え平日練習を火曜、木曜と行っております。 写真はリニューアルした室内で楽しくトレーニングしている選手達です。 同チームは二年前に北海道で行われた第6回東日本選抜野球大会で初優勝を飾るなど活躍中です。 是非とも多くの6年生に恵庭シニアを知ってもらいたい思っております。
◆スローガン  
「全力疾走」を怠らないチームを目指す!

◆練 習 日   
火曜・木曜(夏季16:30~日没まで)(冬季18:30~20:30)
土曜・日曜・祝日(9:00~16:00)

◆グラウンド  
恵庭市柏木町602-2付近(室内練習場併設) ことぶきバス駐車場向い 

新入団員募集中!
お気軽に見学、練習にご参加ください。

◆連 絡 先   
事務局長 石川  090-8706-9469
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験会のご案内<札幌円山リトルシニア球団>
新入団員募集中!
札幌円山リトルシニアでは、硬式野球に興味をお持ちの小学6年生のみなさんを対象に入団体験会を開催いたします。
当団では、自分を更に高めたい方も、自信はないけどチャレンジしてみたい方も大歓迎!お気軽に体験してください!

11月3日(日)
9時30分~12時00分
13時00分~15時00分
上記の時間内にてご相談ください

特別体験会
元ダイエーホークスの西島 貴之氏を特別コーチに迎えてのバッティング練習を
行います!
11月10日(日)  9時00分~12時00分
同日午後からは、通常体験会となります

13時00分~15時00分

場所 : 石狩ホクレングラウンド(当球団専用球場)
石狩市新港西2丁目783
        
雨天時→室内練習場  札幌市北区太平6条1丁目2-1 
※北海道マイホームセンター北会場隣接
持ち物: グローブ(軟式用可)、運動靴、水筒、ユニフォームか練習着、または運動できる服装
午前・午後通してのご参加は昼食を持参ください

内容: キャッチボールや希望のポジションでの守備練習、バッティング練習に楽しく参加できます

体験希望の方はお手数ですが下記まで御連絡の上お越しください
【お問い合わせ先】 
円山リトルシニア球団 事務局   木川 080-3294-1340
(平日は18:00以降にお願いします。番号非通知はご遠慮下さい)
グローブ
ボール