スポーツ整形外科に聞け!

野球肩って何!? 第3話 どうして起こるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 野球肩って何!? 第3話 どうして起こるの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

今回で3回目となる『野球肩って何!』どうして起こるのか・・・?症例を例に、羊ヶ丘病院 理事長・副院長岡村健司ドクターの協力の下、引き続き紹介させていただきます!もしやすでに痛みを感じている選手は必見ですよ!もしかするとすでに野球肩の疑いがあるかも?

理事長・副院長 岡村健司ドクター

みなさんこんにちは。羊が丘病院整形外科の岡村健司です。

前回、野球肩がどうして起こるのか、投球動作のフェーズ(投球相)を例にして、お話ししました。ボールを投げる動作の5つのフェーズで肩にいろいろな障害が起こる可能性があるとお話しました。今回からは具体的に野球肩とはどこが悪くなって症状が出るのかひとつひとつ疾患を取り上げていきます。今回は、野球肩の原因の中で最も多いインピンジメント症候群についてお話しします。“インピンジ”という言葉は日本語では”衝突“という意味です。症候群というのはシンドロームとも言われ病名と考えてください。つまりインピンジメント症候群とは衝突病です。一体ボールを投げると、どこがどこに衝突するのかこれからお話しします。前回の投球フェーズを思い出して下さい。

図 1

図2

投球フェーズのレイトコッキング期で肩が最大に外旋した位置(肘が頭の後方に来るトップの位置)からボールを加速してリリースしフォロースルーまでの間に肩は最大外旋から急激に内旋されます(図1)。この時、肩関節には前方に大きな力が加わります。特に、肩の開きが早かったり、肘が下がって肩にあそびができ肩がぶれると前方へのストレスがより大きくなります。前方に大きな力がかかると腕の骨(上腕骨頭)が屋根の骨(肩峰)に衝突し、その間にある腱や滑液包が炎症を起こしたり、損傷が起きます(図2)。したがって痛みはトップからリリースする間に肩の前方に起きることが多いです。

図3

ここでインピンジメント症候群をより理解しやすくするために肩関節の構造について少しお話しします。肩関節は人の関節の中で最もよく動く関節です。よく動くということは逆に不安定であるということです。したがって肩の周りには肩関節をしっかり安定させる筋肉や靭帯、腱が発達しています。特に腱板は肩関節の周りを取り囲みしっかりと肩を支えている4つの筋群(筋肉―腱)で、一般的にインナーマッスルと言われています。腱板の外側には肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)という袋があり、腱板が屋根の骨の下をうまくくぐれるようにすべるクッションの働きをしています(図3)。野球選手の肩のトレーニングでは盛んにインナーマッスルトレーニングが推奨されます。それは投球時に肩をしっかりと安定させて肩の“ぶれ”が起こらないようにするためです。ボールを投げすぎると腱板は疲労して肩をささえる力が弱くなり、肩がぶれてインピンジを起こしやすくなります。特にピッチャーやキャッチャーはボールを投げる機会が多いので腱板が弱ってインピンジメント症候群になりやすい傾向にあります。実際、野球をしている子の肩の診察をすると腱板、特に棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)の筋力が弱っている選手をよく見かけます。それではインピンジメント症候群にならないためには弱っている腱板を鍛えるインナーマッスルトレーニングだけをすればよいのでしょうか。実はそんなに単純なものではありません。腱板は肩甲骨から出てくる筋肉です。ですから土台である肩甲骨が不安定だとうまく腱板を鍛えることはできません。例えればぐらぐらした土台(肩甲骨)の上で腕立て伏せ(腱板訓練)をしているようなものです。ですから腱板を鍛えるには、まず肩甲骨周囲の筋肉トレーニングをして、肩甲骨がしっかりするようになったら腱板の訓練をすることが多いです。

インピンジメント症候群の治療はまずは肩を休めてあげることが必要です。つまり根本原因である投げすぎを止める必要があります。軽症なら1-2週間のノースローで完治します。同時に投球に負けない肩を作るために肩甲骨周囲の筋力訓練、腱板訓練(インナーマッスルエクセサイズ)を行います。筋力訓練は最低2ヵ月行わないと効果は認められませんので根気よく行う必要があります。ノースローや筋力訓練を行い、投球フォームを矯正(肩の開き、肘の位置)することでほとんどのインピンジメント症候群は改善します。しかしシーズン中で長期の安静や治療期間が取れない選手で、どうしても試合に出なければならないような場合は、痛み止めの薬を処方したり、炎症止めの注射をして急場をしのぐ治療をする場合もあります。しかしこのような保存治療を3-6か月行っても症状が改善されないような慢性的なインピンジメント症候群の選手では手術を行うことあります。手術は小さい傷(7mm)から内視鏡を入れてインピンジメントの原因となっている肩のゆるみを取るために関節包を縮めたり、慢性炎症を起こしている肩峰下滑液包を切除します。腱板が損傷していれば修復します。手術は30分ぐらいですが入院が2-3日必要です。手術後は肩のリハビリを行い、手術後3ヵ月で投球を再開し、約6か月で試合に復帰します。20年前よりこれまで多くの野球選手にこの手術を行い高い復帰率を得ています。野球に必ず復帰できますが、手術後にポジションを変更したり、野球のレベルを落とす必要のある選手もいます。

やはりインピンジメント症候群を起こしている野球肩の選手では早い段階でのリハビリ治療が最も重要であると考えます。次回は野球肩に多い関節唇損傷についてお話しします。

【リハビリ室スタッフ紹介】

理学療法士 橋本浩樹さん

リハビリテーション科
●橋本 浩樹(26歳)
~スポーツとの関わり~
小学校時代は小4から大学まで野球を一筋!高校野球では茨城の高校に通い甲子園を目指しました!3年時では4回戦で甲子園出場を果たした土浦湖北高校に破れ高校野球を終えました。

発行人から
とても明るく場を和ませてくれる橋本さんケガで落ち込んでちゃダメですよ!と言わんばかりで、野球の話題では盛り上がりそう!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院
札幌市豊平区月寒東1条19丁目1番1号
TEL:(011)853-2211 FAX:(011)856-7760
詳しくはホームページはこちら
アクセスはこちら
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
少年硬式野球(小学1年~中学1年生まで)
【PR】小学1年生から始められる硬式野球<札幌豊平リトル>
新入団員募集中!
豊平リトル チームスローガン

1. 常に全力プレーをする事! 
2. 感謝の気持ちを忘れない事!
3. チームワークを大切にする事!

選手皆で話し合い掲げたチームスローガンです。

○活動内容
小学校1年生~中学1年生の硬式野球チームです。
日々World Series(世界大会)出場を目指し活動しております。
練習日は、土曜・日曜・祝祭日の4時間(9時~13時)が基本です。
(試合・冬季間など変更になる場合があります)
練習時間が短い分、効率よく集中して指導しています。

○ホームグラウンド
雁来少年野球場
東区東雁来8条4丁目南側(河川敷)

○お問合せ先
豊平リトルリーグ事務局
E:mail sapporotoyohiralittle@gmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習(体験会)のお知らせ<札幌南リトルシニア球団>
新入団員募集!
札幌南リトルシニア球団は専用の球場と室内練習場を完備し日々練習を行っています。

今年の夏の高校野球でも数多くのOBの選手が活躍してくれておりました。次に続けと団員皆、前を向き元気にプレーしています。
皆さんも硬式野球に少しでも興味がありましたら、是非グラウンドへ来て硬式ボールに触れ一緒にプレーしてみませんか?
公開練習(体験会)も予定していますのでお気軽にご参加ください。

2019年度 
公開練習(体験会)のお知らせ

【日程】

令和元年
①10月19日(土)
②10月20日(日)
③10月26日(土)
④10月27日(日)

【時間】
 9:00~16:00
※ご都合の良い時間帯のみの参加でも結構です。

【場所】
札幌南リトルシニア球団グラウンド
※雨天の場合は室内練習場

上記日程の4日間、札幌南グラウンドにて公開練習を行います。
実際にグラウンドに出て一緒に体験練習を行いませんか?
優しい先輩達がご案内しますので安心してご参加下さい。
是非ともお友達と一緒にお気軽に足を運んで下さい。4日間ありますので1日とは言わずご都合が合えば何度来ていただいても結構です。

【ご準備いただくもの】

●運動しやすい服装(練習着またはチームユニフォーム)、
 スパイク、グローブをご準備下さい。
 ※バットはご用意しております。

●終日ご参加の場合は昼食をご準備下さい。
 ※10/19、10/20は豚汁を準備していますのでお楽しみに!!

気温が低い季節となりますので、暖かい格好でお越し下さいますようお願い申し上げます。
皆さまのご参加お待ちしております。

【お問い合わせ先】

事務局 四條(しじょう)
TEL:090-2052-5047

※公開練習日での体験会ご参加の方は連絡不要です。

※公開練習日以外の日程で見学、体験をご希望される場合は事前にご連絡をお願いいたします。

◆当球団ではAED(自動体外式除細動器)を常備しております。
”女子選手”一緒に野球をやりませんか!
【PR】札幌ブレイク
新入団員募集中!
少年野球をしていて、中学でも野球を続けたい女の子。初心者だけど野球が好きでプレイしてみたい女の子。年齢制限はありません。野球歴も関係ありません。一緒に野球をやりませんか!札幌ブレイクは、札幌で活動する女子軟式野球のチームです。
 選手は、札幌・小樽・江別・北広島・恵庭・岩見沢など各地から集まり、年齢層も社会人・大学生・高校生・中学生・小学生と幅広く在籍しています。
 また、キャプテン・副キャプテンのほか、会計・広報・その他係などを選手から選出し、自主的に活動しています。
グローブ
ボール