胆振・日高

被災地・厚真町から通う中学球児を取材

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 被災地・厚真町から通う中学球児を取材
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip



写真左から井鳥君、奥井君、伊勢君




<がんばる被災地の中学球児>

北海道胆振東部震災の被害が大きかった震源地・厚真町から通う中学球児3人を取材した。

厚真町は夕張山地から太平洋へと南流する厚真川の流域をほぼそのまま町域としており、南北に長いのが特徴。

今回の最大震度7を記録した大地震では山間部での被害が大きく吉野地区の集落は約1キロにわたる土砂崩れで埋まり、厚真町では36人が亡くなった。

厚真町は南北に長く今回取材した3人の中で、一番被害が大きかったのは豊沢地区に住む井鳥隼太君(中1・厚真ファイターズ出身)に当時を聞いた。

野球があの恐怖を忘れさせてくれた

整列する苫小牧中央ナイン

地震当時、暗闇の中逃げる際ドアに額をぶつけ今も生々しく傷が残る井鳥君。

電気、水道も止まり、避難所くらしは10月7日まで続き自宅に帰れたのは地震発生から32日後の8日月曜日のことだ。

井鳥君が住む厚真町豊沢地区は、別荘などが立ち並ぶ丘の上となっており山間部に近かったため被害が大きく、土砂崩れの影響で道路の寸断で一時陸の孤島となった。

「避難所くらしではダンボールベットが堅かったのと人がすぐそばで寝ているのが気になって最初は寝れなかった」と当時を語ってくれた。

「飲み水は丸々1ケ月出なかった。子供たちは野球の友達といる時が、一番の笑顔を見せていた」と父・秀司さん(46)。

余震は、震度1~4程度のものがほぼ毎日あり、あの時の恐怖をまた呼び戻すと言う。

~奥井、伊勢家にも聞いた~

厚真町豊川地区に住む・奥井啓太君(中2・上厚真ベアーズ出身)は「まだ余震とかが怖いが遠征とか仲間と野球をしているときは地震を忘れることができた」と笑顔。

母・麻里子さん(45)は「生活用水が一週間、飲み水は10日と水が出なかったことが一番不便だった」と被害を語ってくれた。

厚真町共和地区に住む・伊勢脩永君(中1・上厚真ベアーズ出身)は「電気の無い中、不安だったが野球をやっているときは地震の怖さを忘れることができた」と当時を振り返る。

母・奈津子さん(38)は「野球の子供たちといるのが一番気がまぎらうようです」と話す。



<インタビューに答えてくれた3人>

▼井鳥隼太(いとり しゅんた)

厚真中1 厚真ファイターズ出身 右投げ・両打ち

161センチ、53キロ ポジション:ファースト・サード

持ち味:右打者での犠牲バンド

▼奥井啓太(おくい けいた)

厚南中2 上厚真ベアーズ出身 右投げ・右打ち

164センチ、51キロ ポジション:センター

持ち味:ミート力

▼伊勢脩永(いせ しゅうと)

厚南中1 上厚真ベアーズ出身 左投げ・左打ち

161センチ、55キロ ポジション:ライト

持ち味:パワー

地震当日の丹羽監督が凄い!

今回の取材で分かったことだが丹羽 肇監督(51)が地震発生当日の行動が凄い!

当日、ラジオを聞いていたところ震源地が厚真町と知りいてもたってもいられずチームバスに乗って現地に向かったと言う。

「倒壊した家を眺めても気が滅入るはず、避難所もごった返しているはず」と現地に向かった。

道中、伊勢さんと車ですれ違い無事を確認した。

その足で豊川地区に向かったところ途中、道路が土砂で寸断され約1キロほど歩いたところで井鳥さんに会うことができた。

隼太君は額から血を流していたが無事を確認できた。

奥井さんは医療関係にお勤めの為、地震直後から病院に勤務していたため安否確認が遅れたが全員の無事を確認できた。

地震発生当日、震源地厚真町へ向かった丹羽監督

 



<最も被害が大きかった厚真町吉野地区>

最も被害が大きかったとされる厚真町吉野地区

3人を取材した後、現地に向かった。

苫小牧市苫東地区の柏原球場から車で15分ほどで厚真町に入り、さらに15分ほど走ると今回の地震で最も被害が大きかったとされる吉野地区に着いた。

吉野地区に入ると土砂崩れで道路を寸断していた跡が未だに残っていた。山裾に建てられた住居が押しつぶされている様子は、予想をはるか超える自然の驚異を感じた。



厚真町吉野地区

厚真町吉野地区

厚真町吉野地区

今なお土砂崩れの影響で道路が寸断される吉野地区。

本当に言葉を失う

まだまだ復興には時間がかかりそうだ。




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
学童軟式野球クラブチーム
【PR】東16丁目フリッパーズ
日本一美しく!日本一逞しく! 野球を通じて親子で夢を見よう!
※東16丁目フリッパーズ

「頂戦!」 
東16丁目フリッパーズでは、全日本学童軟式野球大会・高野山旗全国学童軟式野球大会・全国スポーツ少年団軟式野球交流大会での全国大会出場を目指し、3度目の全国制覇に向かって活動しております。

「育成と勝利!」
東16丁目フリッパーズでの、「活動・体験・経験」によって、「本物の自信」・「強い精神力」・「勝負強さ」を子供たちが身につけていく事を育成の柱とし、また、勝利のために妥協せず仲間と共に「競争・協力・工夫」をして、夢を追い続けていく事を活動目標としています。
                                                        練習開催日であれば、いつでも体験・見学可能です。直接グランドに来て頂いてもかまいません。

たくさんの夢見る親子をお待ちしております。

◆対象地域:札幌市全域
◆対象学年:小学校4年生~6年生
◆練習場:元村公園(札幌市東区北28条東18丁目)
◆練習日:毎週火曜日~金曜日  練習時間 16:30~19:30(練習参加日応相談)
◆土日祝:試合時間により変動。

※東16丁目キッズ

東16丁目キッズでは、低学年の部(小学校1年生~3年生)の活動の改革・充実を目指しています。

最先端の指導(強制的ではなく自然と身につく運動能力と野球の技術の向上)と、新しいスタイルの低学年学童野球の場(短い時間で効率的に、指導者が工夫を凝らし、すべての子供への取り組みやすさを追求)を提供します。

野球をやりたい・やってみたい・やらせたい・やらせてみたい。どんな理由でもかまいません。

少しでも野球に興味をもっている子供たち・親子への入り口となります。

野球をしたことがなくても、運動に自信がなくても心配ありません。

野球というスポーツは個性と特徴を生かしていくスポーツです。

みんなで力を合わせれば、たくさんのかけがえのない時間を経験することができます。

最初の1ヶ月は無料体験となっておりますのでお気軽に参加、お問い合わせください。

◆対象地域:札幌市全域
◆対象学年:小学校1年生~3年生(年長さん応相談)
◆練習場:元村公園(札幌市東区北28条東18丁目)
◆練習日:毎週火曜日・金曜日  練習時間 17:00~18:30
◆土日祝:週によって変動します。

基本的には土曜日もしくは日曜日の午前中に3時間程練習。
試合や大会も予定しております。

その他、東16丁目フリッパーズの応援やレクリエーションなど。

問い合わせは、
東16丁目フリッパーズ監督 笹谷 武志 090-9431-7999

東16丁目フリッパーズ/キッズ Facebook
https://www.facebook.com/higashi16choume.flippers/ 
ICS(石狩中央シニア)が目指す3つの「球心」力(I・C・S)
【PR】練習体験会のお知らせ<石狩中央リトルシニア球団>
新入団員募集中!
<練習体験会>
会場はすべて石狩中央リトルシニア室内練習場で行います。

〇1月20日(日)
9時から15時

〇2月20日(日)
9時から15時

〇3月20日(日)
9時から15時

★チームスローガン
 Indomitable courage (あきらめない心)
 Cheerful greetings (元気にあいさつする心)
 Sincere thanks (感謝する心)
 この3つの「心」を胸に「楽しく」「厳しく」硬式野球にチャレンジ!!
 硬式野球に興味のある中学1年生、小学6年生、体験入団で練習参加してみませんか?体験・見学はいつでも可能です!!

★練習場所(夏季、冬季)
 毎週 水・金・土・日 他祝日

 夏季:石狩青葉球場、樽川球場
 冬季:室内練習場(石狩市花畔207-13)
    11月からは室内練習場にて練習を行っています

 ※当日の日程はホームページのカレンダーでご確認ください。

★連絡先
 事務局:大橋 090-1529-1928
 E-mail:ishikarichuoh@gmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ
新入団員募集中 ‼ 現在、新入団員8人。(2016.2.20現在) 9人目、10人目の入団をお待ちしております。 体験練習は随時受け付けています。
ボーイズリーグ 北海道支部所属
札幌手稲ボーイズ

【チームビジョン】
心身を練習と実践で鍛え、将来につながる野球の基礎づくり

【チームスローガン】
一戦一戦を大切にチーム一丸となって戦おう!めざせ全国優勝!!

【チーム紹介】
"監督は、元ヤクルトスワローズ 投手 有澤賢持氏。
"
恵まれた野球環境の中で充実した指導、豊富な練習量で
ボーイズリーグの頂点を目指し日々練習に打ち込んでおります。

【監督プロフィール】
北日本学院(現・旭川大高)から大昭和製紙北海道、日産サニー札幌を経て、
"1987年ドラフト3位でヤクルトスワローズ入団。貴重な左腕中継ぎとして活躍。
"
引退後、少年野球チーム監督などを務め、
2004年1月札幌手稲クラブ(現札幌手稲ボーイズ)監督就任。
現在は北海道野球協議会特別技術指導員、プロ野球OBクラブ北海道幹事を務め、
道内各地の野球教室で指導を行うとともに
マスターズリーグ・札幌アンビシャスに選手として参加しています。
(2015.12.29のSTV「わくわくラジオ」で紹介されました。)

【在籍選手】
2年生14名 1年生18名 6年生8名 (2016.2.20現在)

【球団球場】(専用球場)
しんたく球場(石狩市字南3線通)

【室内練習場】(冬季・雨天時)
札幌手稲ボーイズ室内練習場(石狩市樽川174-4) 

【練習日】
火・木・金・土・日・祝

【お問合せ先】
球団代表 桑原 090-8051-8291
グローブ
ボール