スポーツ整形外科に聞け!

ソフトボールの池田瑞季さん、肩の回復へ全力治療

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ソフトボールの池田瑞季さん、肩の回復へ全力治療
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

由仁中学校3年・池田瑞季さん(14歳)

【医療法人社団 悠仁会 羊ケ丘病院整形外科編】

今回の「院内で見つけたアスリート」は、2月13日に厚別区青葉町で新装開院した医療法人社団 悠仁会「羊ケ丘病院整形外科」に治療通院する由仁中学女子ソフトボール部副キャプテンの池田瑞季さん(14、3年)を紹介する。池田さんは3月末、熊本県で行われたジュニアオリンピック中学女子ソフトボール大会の北海道選抜メンバーとして出場した有望選手。年明けの2月ころから、肩が痛み出してスポーツ障害治療に定評がある同病院に通いだした。「早く治してシーズンに備えたい」と経過良好なリハビリに表情も明るく、中学最後のシーズンに闘志を燃やしている。

医療法人 悠仁会 羊ヶ丘病院
札幌市厚別区青葉町三丁目一番十号(南郷通り沿い 厚別消防署向かい)
電話(011)351-2211

「院内で見つけたアスリート」

池田瑞季さん(14、中3)、由仁中学ソフトボール部副キャプテン=遊撃手・投手

先月のジュニアオリンピック道選抜メンバーで全国出場

投げ方が悪くて肩を痛めた池田さん。3月中旬から毎日「羊ケ丘病院整形外科」のリハビリテーション科に通って治療を受けている。2月ごろから肩の痛みが激しくなり、父親の友建さん(41)に相談、友建さんの知人が医師をしている同病院で治療をうけることになった。治療のプログラムは肩を伸ばしたりのマッサージ、投げ方の矯正などリハビリ専門スタッフによる適切な治療を休むことなく集中的に受けており、今は痛みは少し残るものの、シーズンインまでの完全復活に手ごたえを感じているようだ。今季は中学最後の年。それだけに体調万全の形で臨み、悔いのないソフトボール競技に打ち込みたいと願っている。

由仁中学校3年・池田瑞季さん(14歳)

ソフトボールは中学生になってから始めたが、小学4年から2歳上の兄の強い影響を受けて野球もやってきた。また、冬はスキーのアルペン競技選手でも活躍するスポーツウーマンだ。由仁中でソフトボール部に入ったきっかけは、五輪金メダリストで、女子ソフトボール全日本のエース、上野投手へのあこがれからだった。バッターを切りきり舞いさせ、三振をとる「かっこよさ」にひかれ、由仁中でも投手と遊撃手を務めている。日々努力のかいあって、2年生からレギュラーの座をつかみ、いまやチームにとって欠かすことのできない中心的存在の選手だ。

そんな中、「ソフトボールをやっていてよかった」と池田さんにとって忘れられないビッグな出来事も起きた。昨年、由仁中学ソフトボール部始まって以来の快挙となった全空知大会での優勝。そして地元由仁町で開催された北海道中学ソフトボール大会(兼中体連)の全道大会に出場したことだ。学校、チームのナインともども、そのうれしさを味わい、地区大会といえど、優勝するということのすばらしさを知った。そのご褒美ともいえる今年3月25日~27日に熊本県八代市で開かれたジュニアオリンピック全日本中学女子ソフトボール大会の北海道選抜出場メンバーにも選ばれたのだ。道選抜の主力メンバーは、ミズノ旗争奪北海道大会で優勝した「もみじ台南中」の選手だが、由仁中からは2人が選ばれた。池田さんは外野手、6番打者として出場し、3打数2安打の活躍をしたが、チームは山梨選抜に2-8で敗れて1回戦敗退した。それでも池田さんには、次につながる大きな収穫があった。「全国大会では、相手チームのバントなど細かい技術のうまさ、精神面の強さが自分たちより上だと感じました」と素直に認め、今後の練習に役立てるという。貴重な経験を生かしてスタートする今季の池田さん。けがとの戦いを乗り越えて、中学生最後のシーズンに臨む。その背中に由仁中ソフトボール部の大きな期待がかかっている。

(記者の目・中山 武雄) インタビュー中、常にしとやかに話す池田さんだったが、内に秘める闘志はビンビン伝わってきた。初の全国大会で3打数2安打の打撃力は、並みの精神力では打てない。自身では「まだまだ弱い(精神力)」と言っているが、常に上を目指す向上心があるからだろう。また、「自分だけでなく、周りに気遣える人になりたい」とも言う。全国大会で一回り成長した証だろう。

移転新装した「羊ケ丘病院整形外科」

2月13日、札幌市厚別区青葉町3丁目1の10(南郷通り沿い、厚別消防署向かい)に移転、新装開院した医療法人社団 悠仁会「羊ケ丘病院整形外科」。しょうしゃで、明るく機能的な建物は、最新病院にふさわしい設備が勢ぞろいし、患者にとってはうれしい限りだ。設備ばかりでなく医療内容もエキスパートによる質の高いトップクラスの治療を提供している。理事長・副院長の岡村健司医師は当ストライク・サイトのシリーズ「スポーツ整形外科に聞け!野球肩って何!」でおなじみのスポーツドクターだ。高校球児として活躍したが、肩をこわして野球を断念するという経験を持ち、スポーツ障害患者の立場になって治療するドクターとして評判が高い。専門医、専門スタッフによるリハビリ治療にも定評があり、必要に応じてMRI、CT、電気生理学的検査を行うが、「検査は必要最小限に抑える」ことも同病院の特長となっている。

明るく広々としたリハビリ室

新リハビリテーション室は2階にあり、広さ・採光を配慮した開放的で快適な空間となっており、安心してリハビリに励むことができる。最新リハビリ機器のほか、実際にボールを投げたり、蹴ったりできる防球ネットもあり、回復度を見ながらチェックできるようになっている。

充実した設備の中、普段と変わらない丁寧な治療が取材時にもあった。

▼受付時間▼

平日  午前8時30分~午後4時30分

土曜日 午前8時30分~正午

理事長兼副院長 岡村健司氏

▼ 診療時間▼

平日  午前9時~正午

午後1時30分~午後5時

土曜日 午前9時~午後0時30分

▼ 休診日▼

日曜・祭日・年末年始

電話 011-351-2211

協力:医療法人 悠仁会 羊ヶ丘病院




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
”女子選手”一緒に野球をやりませんか!
【PR】札幌ブレイク
新入団員募集中!
少年野球をしていて、中学でも野球を続けたい女の子。初心者だけど野球が好きでプレイしてみたい女の子。年齢制限はありません。野球歴も関係ありません。一緒に野球をやりませんか!札幌ブレイクは、札幌で活動する女子軟式野球のチームです。
 選手は、札幌・小樽・江別・北広島・恵庭・岩見沢など各地から集まり、年齢層も社会人・大学生・高校生・中学生・小学生と幅広く在籍しています。
 また、キャプテン・副キャプテンのほか、会計・広報・その他係などを選手から選出し、自主的に活動しています。
中学硬式野球クラブチーム
【PR】旭川大雪ボーイズ
新入団員募集中!
旭川大雪 ボーイズは昨年の秋季北海道選手権大会で優勝し、3/26日から東京・大田スタジアムで開催される第46回日本少年野球春季全国大会(ボーイズリーグ全国大会)に出場することが決定致しました。
しかし道内での優勝は飽くまでも過程であって、私たちの目標はそこではありません。全国で勝ち進むことです。
選手たちは今、自分が何をやるべきかを自覚しております。その情熱は後輩たち、さらには新入団生にも波及、浸透しつつあります。

そんな旭川大雪ボーイズでみなさんも一緒にやりませんか!まだまだ新入団生歓迎ですよ!次世代の旭川大雪ボーイズを築いて下さい!

スケジュールは球団ホームページでご確認ください。



お電話でのお問い合わせは  
監督 西大條(にしおおえだ) 携帯:090-5951-7831
中学硬式クラブチーム
【PR】小学生対象 硬式野球体験会のお知らせ<札幌白石シニア>
新入団員募集!
札幌白石リトルシニア主催
小学生対象
硬式野球体験会

場所
北海道日本ハム屋内練習場
日時
1月20日
15時〜18時

硬式野球に興味のある小学1年生〜6年生の参加をお待ちしてます。
※当球団はリトルリーグも運営しておりますので小学1年生から受付ます。

申し込みは、先着順で締め切りは1月12日、定員になり次第締め切らせて頂きます。

問い合わせ
小原
090ー2814ー0329
グローブ
ボール