ホクレン旗

鳴海投打に活躍!石山アトムズ初優勝!岩見沢南準V

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 鳴海投打に活躍!石山アトムズ初優勝!岩見沢南準V
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ゲームセットの瞬間、初優勝に喜ぶ石山ナイン=7日、札幌麻生球場






Sponsored Link
ミズノ (MIZUNO) 少年軟式用 グローバルエリートRGブランドアンバサダー…

◆第35回ホクレン旗争奪北海道少年軟式野球選手権大会
▽決勝 石山アトムズ少年団1‐0岩見沢南ビクトリー=(7日・札幌麻生球場)

第35回ホクレン旗争奪選手権大会・第3日は7日、札幌麻生球場で準決勝2試合と決勝が行われ、決勝は石山アトムズ少年団(石狩支部)が、1‐0で岩見沢南ビクトリー(空知支部)を下し、8月5~7日までの3日間の日程で23チームが出場し石山アトムズ少年団が初の栄冠に輝いた。同チームは10月に、北海道森町で行われる北日本少年野球大会へ北海道代表として出場することも決まった。同大会には東北の代表が一堂に集まる。3位は新十津川ホワイトベアーズ(空知)、屯田ベアーズ(石狩)となった

▽決勝
石山アトムズ少年団(石狩)
000100=1
000000=0
岩見沢南ビクトリー(空知)
(六回時間切れ)
(石)鳴海-島津
(岩)丸谷、南部-小野
▽本塁打:鳴海(石)

石山・鳴海投手、投打にけん引! 

値千金のランニング本塁打を放った鳴海選手=7日、札幌麻生球場

石山・鳴海健臣投手(6年)は、準決勝に続き決勝の岩見沢南戦にも先発し、MAX120km/hのストレートを武器に決勝も登板。六回4安打完封。得点圏に3度走者を置く場面もあったが、落ち着いたピッチングで要所を抑えた。

打っては0-0で迎えた四回、先頭で打席に立つと4球目を、見事に捉え岩見沢南のライト・伊藤嵩弥選手(5年)の頭上を大きく超える当たりでボールは転々とフェンス近くまで転がり鳴海は一塁、二塁、三塁キャンバスを周ると一気にホームまで駆け抜けた。「自分で決めてやろうと狙っていました。フルスイングできた」と振り返った。同選手は準決勝・新十津川ホワイトベアーズ戦でもランニング本塁打を記録するなどこの日だけでも2本の本塁打を放ち、鳴海は今シーズン実に42本目の本塁打となる!素振りは毎日100回、タオルを使ったシャドウピッチングが日課だ。小学生とは思えない体格もあるが記録の陰に、日々の努力がしっかりと裏打ちされていた。またプレーだけではなく精神面でもチームの支えとなっているという。「5年生以下も良いので来年も是非、連覇目指して頑張ってもらいたい」と後輩たちの活躍も願った。

それを象徴したプレーの一つにライトを守る田畑悠樹選手(5年)が、ライト線への飛球をダイビングキャッチで好捕。追撃を狙う岩見沢南の勢いを止めた好プレーだった。成田耕一監督(46)は「選手たちはあの緊張感の中、よく頑張ってくれた。健臣の頑張りはもちろんだが、バックも良く守ったお陰で全道制覇できた。選手のおかげです」と選手一人ひとりを労った。

初優勝の石山アトムズ少年団=7日、札幌麻生球場

岩見沢南、あと一歩で涙

2年ぶりの全道頂点を目指したが、あと一歩届かなかった。それでも今大会屈指の鳴海健臣投手から二回、三回、四回と得点圏に走者を進め苦しめた。春先に4番の小野宏太捕手(6年)が、ケガでチーム離脱。ようやく合流できたのが7月の上旬。本人もチームも今大会に懸けていた。試合終了後は、大粒の涙が選手の頬濡らした。

鍛え上げたの堅守が、大舞台で輝いた!

六回、追加点を狙う石山の攻撃で一死一塁の場面、ショートゴロを遊撃手・藤本慎之亮(6年)から二塁手・遠藤叶梧(6年)、一塁手・熊谷昂哉(6年)とボールが渡り6-4-3のダブルプレーと堅守の岩見沢南を見せてくれた。岩見沢応援席からは大きな拍手が沸き起こった。また四回から2番手で登板した南部哲太郎投手は、小柄ながら左腕からキレのあるストレートを投げ込み石山打線の追加点を許さなかった。坂下賢一監督(50)は「ホームランを打たれたボールは、インコース低めに狙ったボールが少し甘くはいってしまったようだ。しかしここまで勝ち抜いた選手たちの成長は、今大会の収穫だ。次は、北海道チャンピオンシップ主催のキングオブキングが目標となります」と敗れたものの今シーズン最後の大会へ向けて決意を新たにしていた。

準優勝の岩見沢南ビクトリーナイン=7日、札幌麻生球場

三年前、多賀グリーンカップのメンバーに!

三年前、滋賀県多賀町で開催された多賀グリーンカップ(3年生以下大会)に北海道選抜として出場したメンバーの中に石山から当時3年生の鳴海、上林颯良。岩見沢南から藤本、南部、小野宏太、丸谷陽彩らが名を連ねて当時の監督は坂下氏が率いて準優勝に輝いた。当時のメンバーが時間と場所を変え、ホクレン旗・決勝と言う大舞台で対決するのも何かの縁を感じる。今後の活躍が益々楽しみだ。

協力:北海道少年軟式野球連盟

Sponsored Link



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌手稲ボーイズ、体験会のお知らせ
新入団員募集中!
札幌手稲ボーイズは、本州では主流のボーイズリーグ北海道支部に所属し、元ヤクルトスワローズ有澤賢持が監督を務め、その監督から指導を受けたコーチ陣のもと、基礎体力トレーニングや基礎練習の反復を中心に豊富な練習量で来たるべく高校野球生活を見据えた指導を行っております。
中学生の選手にとって、プロ野球で培った野球技術・理論を直接教わることは、将来野球を続ける上で貴重な財産になっていくと確信しております。

練習体験や見学も随時行っております! 練習体験は何度でもご参加いただいてOKですので、ご興味ある方はお気軽にご連絡ください!

<選手の皆さんへ>
たくさんの仲間と野球の基本、規律、忍耐といったスポーツ精神を養い、学校生活だけでは得ることのできない友情を育み、共に高みを目指し、憧れの硬式野球で一緒に夢を追いかけませんか?
いつでも練習を体験しに来てください!


札幌手稲ボーイズ

活動日   火・木・金・土・日

活動場所  しんたく球場(石狩市字南線通)
       樽川室内練習場(石狩市樽川174-4)
  
                
問い合わせ先 
球団代表 桑原 知己  090-2051-8291

※球団代表桑原に連絡がつかない場合は
総務部 西田 090-6440-5414
又は石川 090-1529-0925
までご連絡ください。

ホームページ:http://www.ikz.jp/hp/teine-boys/

年内の活動日は12月22日(日)までです! 平日も土日も随時体験練習出来ますので、お気軽にご連絡ください。お待ちしております!
少年硬式野球(小学1年生~中学1年生まで)
【PR】小学1年生から入団可能な硬式野球<札幌新琴似リトルリーグ>
新入団員募集中!
新琴似ウィンキーズでは札幌市内・近郊の現幼稚園・保育園年長~小学1年生~6年生(※6年生は9月以降生まれが対象)の新入団員を大募集しております。
野球大好きな子・硬式野球に興味のある子、野球経験の有無、男女は問いません、当リトルリーグは最長中学1年9月までの活動です。(※リトルリーグ年齢規定により変わります)
選手は札幌・石狩・小樽など様々な地域から参加、また軟式野球経験者、軟式野球卒団者(6年秋入団)もいます。

体験、見学、入団希望の方は下記の連絡先までご連絡下さい。

活動内容
毎週土曜日・日曜日、祝日(9:00~16:00)
※冬期期間は要確認
札幌新琴似リトルリーグ・ウィンキーズ球場
 練習場は札幌市北区新琴似町に有ります。
(札幌市北区区民球場の隣です)
連絡先
▼広報専用
TEL:080‐9616‐5754
メール:shinkotonill@gmail.com
中学硬式野球クラブチーム
【PR】6年生11人、まだまだ仲間募集中!<とかち帯広リトルシニア>
新入団員募集!
とかち帯広リトルシニア球団では、新入団員を募集しております。

当球団は、ナイター照明付き専用球場・室内練習場を完備し日々練習に取り組んでおります。

2020年シーズンより斎藤啓太 新監督を迎え、新体制にてスタートいたしました!
今年度の新たな取り組みとして、新1年生(現・小6)の選手のみを対象とした練習日を設けるなど、当球団スタッフは、選手の健康管理はもちろん、オーバーワークにならないよう練習メニューを構成しております。選手一人一人の成長に合わせた指導を心がけております。

中学校に進学したら軟式野球部に入ろうか悩んでいる方、中学硬式野球に興味はあるけれどイマイチ一歩が踏み出せない方、是非一度中学硬式野球を体験してみませんか?
体験に参加すると絶対入らなくてはいけない?そんなことはありません!何度でも体験に来ていただいて結構です。

斎藤監督を始め4名のコーチが指導の下、「十勝から日本一」をスローガンに日々活動しております。
2020年2月時点で、新中学3年生13名・新中学2年生2名・新中学1年生11名の計26名で活動しております!
現在は帯広市内の選手はもちろん、新得・士幌・忠類・広尾と管内各地より、また管外より通っていただいている選手もいらっしゃいます。

今シーズンより球団バスも50人乗り大型バスになり、遠征等の移動の負担も減りました。
練習や球団の様子は、球団ホームページや、球団Facebookで発信しておりますので、是非一度ご覧になってください。

選手・指導者・関係者一同、多くの方の体験への参加を心からお待ちしております!

【練習日・練習時間】
土・日・祝 午前8時30分~午後4時
火・水・木 午後6時~午後9時

【練習場所】
帯広後楽園球場(帯広市西22条南5丁目)
中島通沿いです。室内練習場も併設されています。

【体験練習参加申し込み・お問い合わせ先】
森 (球団会長)090-8426-0925
岡 田(球団理事)090-1643-2517
斎 藤( 監 督 )090-5228-5327
グローブ
ボール