プレイバック

『ここにも白球あり』 女子プロ野球選手・山崎まり

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ここにも白球あり』 女子プロ野球選手・山崎まり
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




山崎まり選手=(写真・本人提供)





 女子プロ野球・兵庫ディオーネで活躍する北海道出身の山崎まり選手が10年前、女子選手として野球を続ける上で節目、節目の岐路に立った悩みを包み隠さず当時を振り返りながら告白してくれた貴重な史記を、10年の時を経てベースボール北海道ストライクで紹介いたします。

~まえがき~

少年野球でも全国各地で数多くの女の子が、野球を楽しんでいます。

しかし卒団後の環境が、男の子に比べて受け皿が小さい現実があります。中学へ進むとソフトボールを始める子、クラブチームに入る子、まったく違うスポーツを始める子。どれも最終的には、自分自信で決断する道があります。
今回のストライクでは、とことん『野球』にこだわった女の子「山崎まり」さん(当時札幌藻岩高校3年野球部マネージャー)に野球を楽しんでいる女の子や、今後の進路に悩んでいる子へ何かメッセージをいただけないでしょうか!のリクエストに快くペンをとってくれました。

ここにも白球あり 「熱球マガジンSTRIKE 2008年3月号より」

高校時代の山崎さん

野球との出会いは、3歳年上の兄が野球をやっていて、週末は、グランドに行き毎週見ていて段々やりたくなったのだと思います。

見ているよりプレーした方が何倍も楽しかったし、負けず嫌いの性格だったので、兄に負けたくないという気持ちもあったと思います。

そして、小二の冬に真駒内スターズに入団し、もう十年間ボールを追いかけ続けています。

そうやって続けている中で、一番悩んだのは高校進学です。




高校では、女子は試合に出られないので進学を機にソフトボールや他の競技を勧められたりしたのですが、やはり野球がやりたい気持ちが強く、本州の女子硬式野球部がある学校へ見学も行ったのですが、地元の札幌藻岩高校への進学を決断しました。

それは、甲子園を目指す日々を共有したいという気持ちもありましたし、大好きなスポーツがどこかに行かないとできないことに寂しさというか悔しさを感じたからだと思います。

高校の仲間と試合に出られなかったのはつらかったのですが、仲間や先生方のおかげで甲子園を目指す日々を共有することができました。

さらに、道内にも女子硬式野球のホーネッツレディースができたので、試合にも出ることができ、結果的に大変良かったです。でも、一番良かったことは、自分が大好きなスポーツをやるには、親・チームメイト・指導者の協力と理解がなくてはできないことに気づけたことです。今では、感謝の気持ちでいっぱいで、そういう意味でも貴重な体験ができたと思います。

今、少年野球で野球をやっている女子選手にはその野球が好きな気持ちを忘れないことと大好きなスポーツに出会えることはなかなかないのでその出会いを大切にしてほしいです。

環境は厳しいかもしれませんが、それ以上に得るものが大きいすばらしいスポーツだと自分は思います。




札幌藻岩高校3年野球部マネージャー
山崎 まり

山崎選手=(写真・本人提供)

【山崎まり・野球歴】
真駒内スターズ(少年野球)―札幌真駒内シニア(中学硬式野球)―札幌藻岩高校に進学しマネージャーを務める。ホーネッツレディース(女子硬式クラブチーム)-筑波大学硬式野球部-アサヒトラスト(女子硬式)-レイア(2013、2014)-アストライア(2015、2016)-ディオーネ(2017~)

女子プロ野球選手で活躍する「山崎まり」さん。

高校時代の取材での印象は、トレーニング中、彼女の眼光は鋭く女子選手とは思いないほどの凄みを感じたことを記憶しています。

今も当時のまま色あせることなく野球が上手くなりたい!と思って白球を追っているに違いないでしょう。

自らで手繰り寄せ掴んだ野球人生に敬意を表するとともに女子選手の憧れ、目標になっている今。

長くプレーヤーとしてご活躍されますようお祈り致しております。(書き手・大川祐市)

山崎選手=(写真・本人提供)

山崎選手=(写真・本人提供)




山崎選手=(写真・本人提供)

熱球マガジンSTRIKE 2008、3月号






ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
中学硬式野球
【PR】新入団員募集中!<札幌羊ケ丘リトルシニア>
新入団員募集中!
札幌羊ヶ丘リトルシニア


■新入団員募集中!
札幌羊ヶ丘リトルシニアは、来春に中学校に入学する学童から中学3年生までを対象とした硬式野球チームです。
冬期間は、室内練習場で汗を流して頑張っております。

現在、新入団員を募集しています。
何時でも見学/体験をお受けしますので、下記「お問い合わせ先」にご連絡の上 お越しください。
選手・指導者・関係者一同、皆様のご参加を心からお待ちしております。

≪指導方針≫
1.規律を重んじる明朗な社会人としての素養を持った、時代を担う健全な人材の育成を図ること。
2.スポーツ精神を養うとともに、団体生活におけるチームワークの重要性を身につけること。
3.地元地域の野球を愛する中学生に硬式野球を正しく指導し、体力と技術の向上を図ること。

■練習日
木曜日(17:30~21:00 *自由参加)
土・日・祝日(9:00~17:00)

■練習場所
夏季:滝野JAグランド(札幌市南区滝野13番地)
冬季/雨天:室内練習場(滝野JAグランド向かい)
         
■お問い合わせ先
連絡先 <事務局長> 中村
TEL 090-2051-3598
e-mail fumitaka-1018@hotmail.co.jp
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集!<札幌北広島ボーイズ>
体験参加、新入団員募集中
札幌北広島ボーイズは、少年硬式野球では日本で最大規模のボーイズリーグに所属し、現在新チーム(中学2年、1年生)34名の団員で構成されています。
高校野球を目指して硬式野球に慣れておきたい! 純粋に硬式野球に挑戦したい! 夢をもっている6年生ぜひ一緒に野球をしませんか!
練習・試合は主に土・日・祝日に行い、平日は高校で必要となる自主練習を重んじ、勉強もできる環境を整え、より良い中学生活を送れるよう取り組んでいます。
常時、体験入団を受け付けています。練習日程等はホームページを確認いただくか、下記まで気軽にお問い合わせください。

●練習専用球場・・・「中山球場」北広島市共栄54-13 中山機械㈱敷地内
●球団専用室内練習場・・・・北広島市島松269-1

【お問合せ】
代  表 小 川 正 道  携帯 090-2877-9777
監  督 山 田  徹   携帯 090-8634-5635

野球をやるならボーイズリーグ!
入団するなら札幌北広島ボーイズ!
グローブ
ボール