スポーツ整形外科に聞け!

リハビリでけがを乗り越えた少年野球コーチの宮崎さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - リハビリでけがを乗り越えた少年野球コーチの宮崎さん
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

週1回、リハビリしている宮崎さん

シリーズ「院内で見つけたアスリート」は、前回に引き続いて、当サイトで人気の「スポーツ整形外科に聞け!野球肩って何?」でおなじみのスポーツドクター・岡村健司さんが理事長兼副院長を務める「医療法人社団 悠仁会 羊ケ丘病院」(札幌市豊平区月寒東1条19)での紹介。「羊ケ丘病院」はただ今移転新築中で、今年2月13日から厚別区青葉町3丁目で診療開始予定だ。現在も専門医師、専門リハビリ・スタッフがそろい、道内でもトップクラスの質の高い医療を提供しているが、新病院開業でさらにその内容がレベルアップする。肩、ひじ、手、首、足、腰、股関節、ひざといった身体の部位別に置かれている特別な存在として患者らからの信頼が厚い。岡村理事長自身が高校球児として活躍したが、不運にも肩を痛めて大好きだった投手をあきらめざるを得ない状況に追い込まれ、医者からも「野球をやめなさい」と言われ、失意のどん底に突き落とされた苦い経験がある。現在も朝野球などを楽しむ現役プレイヤーだ。「患者の気持ちがわかる」スポーツドクターとして広く知られている。

リハビリスタッフ全員がスポーツマン

手術・治療のあと、もっとも大切なのはリハビリだ。そのリハビリを担当するのがリハビリテーション科。科長で理学療法士の山崎肇さん(43)は骨・関節系専門。小学5年生から中学、高校までラグビー一筋の熱血漢だった。作業療法士の及川直樹さん(30)は、小学生のときは野球、中・高時代はバスケットボール、大学になって野球に戻る。朝野球チームの選手だ。橋本浩樹さん(26)は小学生から大学まで野球一筋。茨城県の高校では甲子園を目指した。阿久澤弘さん(31)は中学からサッカー、須貝奈美子さん(31)は小学生からバスケットボール。今も社会人チームで活躍している。工藤睦子さん(26)は小3で始めた柔道を貫き、何と2段の腕前だ。山崎科長以下、全員がスポーツを本格的に取り組んできたアスリートだ。それだけに、けがをした痛み、精神的な苦しみなど患者の立場になって、リハビリ治療にあたっているのが羊ケ丘病院整形外科チームの最大の特色だ。

シリーズ「院内で見つけたアスリート」

宮崎正光さん(22) 少年野球「札幌・大谷地東ドリームス」コーチ

5年前、札幌の琴似工業高で甲子園を目指して頑張っていた宮崎さん。2年生の秋に主将となり、「さあ、これから」という3年生の夏大会1カ月前になって肩の脱臼というアクシデントに見舞われた。再発を繰り返すといわれる脱臼は野球選手にとっては致命的なダメージだ。手術をして直したが、それによって100パーセント直るという保障はない。だが、野球大好きな宮崎さんは選手としてやっていくことはあきらめたが、「プレイヤーではいたい」と、リハビリに専念し、卒業後は指導者の道を選んだ。その後、札幌市内の朝野球チームでプレイヤーとして、心の底から野球を楽しんでいた。そんな矢先、再び肩の脱臼に襲われ、9月に羊ケ丘病院整形外科で手術をした。再脱臼にショックも大きかったが、順調な術後とリハビリに、将来の目標にヤル気も出てきたという。

2度の肩脱臼手術を乗り越えて

野球があったから、挫折することもなく2度の苦しいリハビリにも耐えられてきた、と宮崎さんは振り返る。「野球を通じて成長した」と、今の指導者人生に大きな財産になってい

るようだ。その土台を作ってくれたのが高校時代の恩師、野球部監督だった金子元先生(現・倶知安高)だ。主将に指名され、「自分の上達も大切だが、それよりチームをまとめる大切さを学んだ」と、チャンスを与えてくれた金子先生に今でも感謝している。それが少年野球の指導に役立っているという。リハビリは週1回通っている。今はプレイヤーとしてのリハビリを目指して順調に推移している。「ここ羊ケ丘病院整形外科のリハビリは、個々の回復度に合わせて専門スタッフが治療に当たってくれるので満足している」と、今後のスポーツ人生を託してリハビリに励んでいる。

(記者の目・中山 武雄) 1時間あまりのインタビュー中、宮崎さん口から何度も何度も「恩師から、仲間たちから、教えている子供たちから学んだ」という言葉が聞かれた。少年野球コーチでも、常に「子供たちとともに成長している」と、自身も一緒になって学ぶことを基本姿勢にしている。そして「感謝」という二文字もよく出てきた。ほんとに野球が好きなんだな、という雰囲気がびんびん伝わってきた。






ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
中学硬式野球クラブチーム
【PR】旭川大雪ボーイズ
新入団員募集中!
旭川大雪 ボーイズは昨年の秋季北海道選手権大会で優勝し、3/26日から東京・大田スタジアムで開催される第46回日本少年野球春季全国大会(ボーイズリーグ全国大会)に出場することが決定致しました。
しかし道内での優勝は飽くまでも過程であって、私たちの目標はそこではありません。全国で勝ち進むことです。
選手たちは今、自分が何をやるべきかを自覚しております。その情熱は後輩たち、さらには新入団生にも波及、浸透しつつあります。

そんな旭川大雪ボーイズでみなさんも一緒にやりませんか!まだまだ新入団生歓迎ですよ!次世代の旭川大雪ボーイズを築いて下さい!

スケジュールは球団ホームページでご確認ください。



お電話でのお問い合わせは  
監督 西大條(にしおおえだ) 携帯:090-5951-7831
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験会のご案内<札幌円山リトルシニア球団>
新入団員募集中!
札幌円山リトルシニアでは、硬式野球に興味をお持ちの小学6年生のみなさんを対象に入団体験会を開催いたします。
当団では、自分を更に高めたい方も、自信はないけどチャレンジしてみたい方も大歓迎!お気軽に体験してください!

11月3日(日)
9時30分~12時00分
13時00分~15時00分
上記の時間内にてご相談ください

特別体験会
元ダイエーホークスの西島 貴之氏を特別コーチに迎えてのバッティング練習を
行います!
11月10日(日)  9時00分~12時00分
同日午後からは、通常体験会となります

13時00分~15時00分

場所 : 石狩ホクレングラウンド(当球団専用球場)
石狩市新港西2丁目783
        
雨天時→室内練習場  札幌市北区太平6条1丁目2-1 
※北海道マイホームセンター北会場隣接
持ち物: グローブ(軟式用可)、運動靴、水筒、ユニフォームか練習着、または運動できる服装
午前・午後通してのご参加は昼食を持参ください

内容: キャッチボールや希望のポジションでの守備練習、バッティング練習に楽しく参加できます

体験希望の方はお手数ですが下記まで御連絡の上お越しください
【お問い合わせ先】 
円山リトルシニア球団 事務局   木川 080-3294-1340
(平日は18:00以降にお願いします。番号非通知はご遠慮下さい)
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
グローブ
ボール