たきうちプレス

新ステージ、中学野球に挑む札幌・北陽中の齋藤君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新ステージ、中学野球に挑む札幌・北陽中の齋藤君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1、西6、北辰ビル2階)に通院する今月の「院内で見つけたアスリート」は、札幌・北陽中の新1年生、齋藤海晴君(12、1年)を紹介する。昨年9月、試合中のプレーでホームに滑り込んだとき、腰を強打してけがを負ってしまった(腰椎分離症)。大きなけがは初めてだったので気持ちも動転したが、家族と相談して評判の良い「たきうち整形外科スポーツクリニック」で治療を受けることにした。けが発症時は歩くのが精いっぱいだったが懸命のリハビリの結果、順調に回復して完治も見えてきた。「早くけがを治して、中学野球に挑みたい」と、新しいステージに意欲を高めている。

リハビリ治療を受ける齋藤君。月に10回程度、通院している



札幌・北陽中の新1年生、齋藤海晴君

▽齋藤 海晴(札幌・北陽中1年=163センチ、65キロ、一塁手・外野手)札幌・麻生野球少年団-札幌・北陽中軟式野球部

けがの治療からスタートすることになった中学野球。4月16日~18日に野球部見学会があり正式にはまだ入部していないが、齋藤君の心は固まっている。札幌・北陽中軟式野球部と言えば、全道中学軟式野球大会で優勝(平成26年度)するなど、強豪チームとして知られ、早く正式部員になって活躍したい気持ちはいっぱいだ。「まずけがを治すのが今のボクの一番の目標」と話す齋藤君。けが時は歩くこともままならなかっただけに、痛さもなくなった今の回復ぶりに明るさも取り戻した。

野球を始めたのは小学3年の秋。練習、試合のない休日はいつも父親の”特訓”を受けて、上を目指している。バッティングセンター、公園が格好の練習場だ。小学時代からファースト、外野手をしており、中学に入っても同じポジションを望んでいる。将来の目標はプロ野球選手と、でっかい夢を掲げて自身を鼓舞している。好きなプロ野球選手は北海道日本ハムファイターズの中田翔選手。同じ一塁手ということもあり、応援に熱が入っている。「けがが治ったら練習をいっぱいして、早く新チームのみんなと野球をやりたい」と願う齋藤君。これから始まる中学野球の新しいステージに心躍る毎日だ。

(記者の目・中山武雄)「自分の一番いいところは?」の質問に、「家事を手伝うことです」と即座に返って来たのには驚きました。その理由を聞くと、母親がけがをしているので日常の皿洗いなど家事の手助けをしているという。感心です。小学4年ごろから両親に言われて、ずーっとやってきたと言います。野球はチームワークのスポーツ、人の心を読むゲームでです。家族を思う気持ちは必ず野球につながります。

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科病院。瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師を務めるなど、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球関係者、選手、監督ら指導者にも人気となった。

【ドクターのフォームチェック】(バックナンバー)

第1回「金子投手&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属当時

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

たきうち整形外科スポーツクリニックへの問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

※G・W期間の4月30日、5月3日、4日、5日は休診。2日は夜の部のみ診療

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式クラブチーム
【PR】札幌新琴似リトルシニア球団
新入団員募集!
【自ら考える野球】
選手同士で飛び交う指示の声、そこにはすべてに目的ねらいがあり意味を持って挑戦する選手たちの姿があります。

《団員募集中》土日祝日
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
球場:札幌市北区新琴似町無番地
(マツダ球場)
室内:札幌市東区丘珠町638番地

【連絡先】
生嶋監督:090-3115-4285
中学軟式野球クラブチーム
【PR】南空知BBC
新入団員募集中!
新中1の皆さん野球を一緒にしませんか。

運動好きな子、野球が好きな子大歓迎!

志がある子の育成を目的としたクラブチームです。

団員の次の進路の手助けもできます。

まずは、一度足を運んでいただいて話だけでも聞きに来てください!
気軽に練習に参加してください。一緒に汗を流しましょう!(^^)!
日時等の連絡は、下記の番号へよろしくお願いします。

監督 山内祐司 携帯 080-5588-2954 mail: yuji620jp@yahoo.co.jp

【練習場所】
・夏季 南空知近郊 主に栗山公園
・冬季 栗山町内体育館 北村土里夢 月形体育館など屋内で活動

冬季はベストパフォーマンス社と契約してトレーナーの指示のもと
シーズンに向けた基礎体力の向上を目指して練習しております。
活動内容の詳細はhttps://4heso.crayonsite.comこちらにも掲載しております。
中学軟式クラブチーム
【PR】ピースベースボールクラブ
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
札幌に新たな中学生軟式野球チームが誕生します!
専用グラウンド確保!室内練習場確保!送迎予定!父母会・当番なし!!

次回の説明会は、11/10(土)19時から白石区民センターで開催します!
ホームページから登録の上、是非ご参加ください。女子選手大歓迎です!!
https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

札幌球道ベースボールグループ
【チーム名】PEACE Baseball Club

【ポリシー】『規律の徹底~Aim for Thorough Discipline~』
1.挨拶・返事・整理整頓の徹底 = 球道即人道
 野球だけではなく、社会でも通用する人に!
 野球の向上は私生活から。
2.文武両道 = 文球両道
 勉強もしっかりと!成績不振を野球のせいにしない!
 野球を終えてからの人生の方がはるかに長い。
3.全力疾走
 誰からも応援される選手になろう!

【活動場所】
札幌市南区北の沢に専用球場および室内練習場を確保。
2月以降は地下鉄真駒内駅より送迎車での送迎も予定しています。

【活動日】
土曜日・日曜日・祝日の4~5時間程度
火曜日・木曜日は参加可能な選手で実施
その他:不定期で教室内での技術ミーティング、栄養指導等の講習会を実施

【保護者の関わり】
マネージャー制のため、父母会設置の予定はなく、母親の当番もありません。
お手伝い可能な父親には、審判等のお手伝いをお願いする場合があります。

全日本少年軟式野球大会で『横浜スタジアム』を目指します!


お問い合わせ先
監督:高山 090-8708-6966, kyudobaseballclub@gmail.com
グローブ
ボール