コラム「ドクターから一言」

『ドクターから一言』が復刻<10月31日からスタート>

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ドクターから一言』が復刻<10月31日からスタート>
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip







コラム「ドクターから一言」院長・瀧内敏郎氏<復刻>

ベースボール北海道ストライクの前身で2007年よりフリーペーパーとして発行した『熱球マガジンストライク』の人気コラム「ドクターの一言」院長・瀧内敏郎氏のコラムを、紙からWEBに変え復刻させていただき、10月31日水曜日より隔週に渡り掲載させていただくこととなりました。

同氏は、すでに「たきくちプレス」でもご承知の瀧内氏ですが、コラム「ドクターの一言」では、投球傷害で起こりやすい投球フォームの事例や逆に起こりにくい投球フォームを紹介するなど当時、目からうろこの情報として話題となった。

~プロフィール~

瀧内敏郎(たきうち としろう)
平成5年札幌医科大学医学部卒。 平成9年から大阪厚生年金病院へ国内留学。その間、阪神 タイガース、横浜ベイスターズ、中日ドラゴンズなどプロ野球 選手の治療を通じて肩肘のスポーツ障害の研修を受ける。 平成10年、近鉄バッファローズの春季宮崎キャンプに帯同。 帰道後も肩肘の投球障害の治療に精力的に取り組み、北 海道高校野球連盟大会ドクターとして円山球場、スタルヒン 球場などで球児の治療を手がけている。現在、関節鏡視下 手術の第一人者として全国を舞台に活躍中。

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
中学硬式野球クラブチーム
【PR】6年生11人、まだまだ仲間募集中!<とかち帯広リトルシニア>
新入団員募集!
とかち帯広リトルシニア球団では、新入団員を募集しております。

当球団は、ナイター照明付き専用球場・室内練習場を完備し日々練習に取り組んでおります。

2020年シーズンより斎藤啓太 新監督を迎え、新体制にてスタートいたしました!
今年度の新たな取り組みとして、新1年生(現・小6)の選手のみを対象とした練習日を設けるなど、当球団スタッフは、選手の健康管理はもちろん、オーバーワークにならないよう練習メニューを構成しております。選手一人一人の成長に合わせた指導を心がけております。

中学校に進学したら軟式野球部に入ろうか悩んでいる方、中学硬式野球に興味はあるけれどイマイチ一歩が踏み出せない方、是非一度中学硬式野球を体験してみませんか?
体験に参加すると絶対入らなくてはいけない?そんなことはありません!何度でも体験に来ていただいて結構です。

斎藤監督を始め4名のコーチが指導の下、「十勝から日本一」をスローガンに日々活動しております。
2020年2月時点で、新中学3年生13名・新中学2年生2名・新中学1年生11名の計26名で活動しております!
現在は帯広市内の選手はもちろん、新得・士幌・忠類・広尾と管内各地より、また管外より通っていただいている選手もいらっしゃいます。

今シーズンより球団バスも50人乗り大型バスになり、遠征等の移動の負担も減りました。
練習や球団の様子は、球団ホームページや、球団Facebookで発信しておりますので、是非一度ご覧になってください。

選手・指導者・関係者一同、多くの方の体験への参加を心からお待ちしております!

【練習日・練習時間】
土・日・祝 午前8時30分~午後4時
火・水・木 午後6時~午後9時

【練習場所】
帯広後楽園球場(帯広市西22条南5丁目)
中島通沿いです。室内練習場も併設されています。

【体験練習参加申し込み・お問い合わせ先】
森 (球団会長)090-8426-0925
岡 田(球団理事)090-1643-2517
斎 藤( 監 督 )090-5228-5327
中学硬式野球クラブチーム
【PR】小樽リトルシニア球団
新入団員募集中!
★チームスローガン
目指せテッペン! 目指せ日本一!

小樽リトルシニアは礼儀と整理整頓を常に心がけています。
小樽市内はもとより、近郊からの団員を募集しております。

★球場、室内
4月~10月は小樽市営桜ヶ丘球場(小樽市花園5-3-3)および市内高校グランドなどで練習、冬期間は専用室内練習場(小樽市オタモイ1-30)、市内高校室内練習場、市内学校体育館で練習をしております。

★連絡先
監督:村上 武洋 090-8636-5813
球団事務局長 福原 圭一 090-3392-7860
グローブ
ボール