スポーツ整形外科に聞け!

胸ワクワク!新天地・北広島ボーイズの坂地君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 胸ワクワク!新天地・北広島ボーイズの坂地君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




フォームのチェックをする札幌北広島ボーイズの坂地君




医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)の外来専用施設、「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック(同区青葉町11丁目)に通院し、復帰に向かって頑張っている様子を紹介する連載企画「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は、この4月から中学硬式野球に挑む札幌北広島ボーイズの坂地虎太郎君(12、札幌厚別北中1年)。

坂地君は小学生最後の昨年9月、あまりにも張り切り過ぎて右のひじに異状が発症(野球ひじ)し、10月から同病院リハビリクリニックに通院していたが今は完全に元の状態に戻り、新しく挑む中学硬式野球に胸を躍らせている。

札幌北広島ボーイズに入団した坂地虎太郎君

▽坂地 虎太郎(12、札幌・厚別北中1年=155センチ、38キロ、内野手)札幌・厚別西キングパワーズ-札幌北広島ボーイズ

けがは、小学生最後の年と言うことで張り切り過ぎたことと、悪い投球フォームでひじに過度な負担をかけ続けたことで発症した。

「シーズン本番を迎えた7月ごろから右ヒジに違和感を覚え、9月になって痛みがひどくなり羊ヶ丘病院で診察を受けました」。

坂地君の心の中は「これで小学野球は最後かな」と思っていたが、担当医師から「たいしたけがでないから、思い切ってやり通せ」との“ゲキ”を飛ばされ、悔いを残さないためにも痛みをこらえて数試合のプレーを続行した根性の持ち主。

野球は小学2年から始めた。父親の学さん(38)は駒沢岩見沢の出身で、第80回甲子園大会(夏)でホームランを打った名選手。

試合は1回戦で岡山城東に4-5で惜敗したが、坂地君にとっては大きな影響を受けて野球を始めることになった。

「父親(ショート)のようになりたい」と願い、これまでは内野手にこだわってきたが、「試合に出られるならポジションはどこでもいい」と積極果敢な姿勢に変わってきた。

それだけ、新天地の札幌北広島ボーイズに賭ける思いが強くなっている。

「押しつけはしない(息子に)。野球を通して人として成長してほしい」と、伸び伸びと野球をしてほしいと言う父親・学さんだ。

小学5年生からレギュラーで活躍してきた坂地君。

足も速く、1年生から6年までリレーの選手だった。

思い出の試合は5、6年時の高栄旗争奪大会で2年連続、坂地君の誕生日に当たる9月19日(前後2~3日)にホームランを打ったことだ。

狙ってもなかなか打てないバースディー・アーチはいつまでも心の奥底に残っている。

将来の夢は「家づくり」という坂地君。

モノ作りが好きで、おしゃれな家や内装に興味を持つユニークな発想の中学生。

野球でもそのユニークさ、器用さを発揮している。

利き腕は左だが、ボールを投げるのは右。

箸を持つのは左と自由にこなしている。

小さいときから父親の教えで訓練してきた。

ボーイズでもその器用さを発揮して、「1日も早くレギュラーになれるように頑張りたい」。

今から胸を躍らせている。

(記者の目・中山武武雄)ものづくりが好き-と言うように、坂地君の雰囲気は芸術的な香りがする。今からはっきりとした目標を持つことは素晴らしいことです。自分の弱点もしっかりと抑えています。「体が硬いので柔軟体操を主力にして、けがをしない体づくり心掛けていきます」と頼もしい言葉が返ってきました。坂地君ならやれます。頑張ってください。

豊富な人材・知識で迎える医療スタッフ「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)が2017年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区青葉町11丁目に開業し急増する患者に対応するとともに、さらなる医療サービスの向上を目指している。

施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを揃え、患者の早期復帰をサポートしている。
病院長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラス。当サイト・ストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代には野球、サッカー、スキー、テニス、バレーボールなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。
「野球肩って何?」(バックナンバー)
第1話「その原因」
第2話「投球フォームから」
第3話「どうして起こる」
第4話「症例の中から」
第5話「症例の中から」
第6話「不安定肩」
【受付・診療時間(外来・リハビリテーション】
♦月~金 受付・午前の部:8:30~11:00 午後の部:11:00~16:00(土曜は午前のみ)

(自動再来受付機は午前7:00~)
診療・午前の部:9:00~12:30 午後の部:13:30~17:00(土曜は午前のみ)
♦休診日 日曜・祝日・年末年始
【予約・問い合わせ】
羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
中学硬式野球クラブチーム
【PR】11月体験会のお知らせ<苫小牧中央ポニーリーグ>
新入団員募集中!
チームスローガン:笑顔で全力でプレー
練習では先輩・後輩関係なく、それぞれが意見を出し合い、お互いが納得するまで
話し合います。練習メニューは1年生~3年生まで学年に関係なく、同じ練習をします 
試合では仲間のミスを励まし、勝利に向かって全員で戦うチームです

活動日:平日(週3~4日) 土・日・祝
監督:丹羽 090-7642-2849
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会 鈴木貴博
TEL  090-7057-6583
監督(阿部):090-2056-9966
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習のお知らせ<札幌札幌真駒内シニア>
新入団員募集中!
硬式野球体験会のご案内!

札幌真駒内リトルシニア球団は、日本リトルシニア中学硬式野球協会北海道連盟に所属する中学硬式野球チームです。
硬式野球に興味がある現在中学1年生及び小学6年生の体験会参加者を随時募集しております。興味がある方はお気軽に下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

●チームスローガン
「明るく 厳しく のびのびと」

●練習日
土曜日、日曜日、祝日(お盆、年末年始を除く)9:00から17:00まで

●練習場所
札幌市南区真駒内191番地内 (有限会社澤田運輸さんの敷地内)※澤田運輸さんの敷地(私有地)を通り抜け案内看板のとおり進んでください。

・夏季:真駒内駒岡Gスタジアム 
・雨天時・冬季:真駒内駒岡室内練習場  


●お問い合わせ
監督久保田:090-8899-5918
事務局長竹下:090-3206-3831
グローブ
ボール