たきうちプレス

けがの功名?鍛え直して秋に賭ける月寒高の三澤君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - けがの功名?鍛え直して秋に賭ける月寒高の三澤君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




投球フォームを確認しながらシャドーピッチングをする三澤君




たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたアスリート」の今月の登場者は札幌・月寒高硬式野球部の三澤伯君(はくと、16、2年)。

三澤君は夏の予選真っ最中の6月下旬、過去に傷めていた肩・ひじが更に悪化してボールが投げられない状態になってしまった。

甲子園につながる夏の予選は残念ながら初戦敗退となり、これを機に治療に専念することになり、今月から同クリニックでリハビリ治療を受けている。

「夏はダメだったけど、秋の新人戦にはけがの方も完治しそうなので、それに備えてリハビリに全力を傾けて取り組みます」と意欲も十分、大好きな野球にさらに磨きをかけたいと願っている。

札幌・月寒高の三澤伯君

 

▽三澤 伯(16、札幌・月寒高2年=178、5センチ、72、9キロ、投手)札幌・北光ジュニアファイターズ-札幌・元町中軟式野球部-札幌・月寒高硬式野球部

小学6年時にひじを痛め、中3には肩に異変が起きた。いずれも野球肩・ひじだが、それからけがとの付き合いが始まった。

「ダマシ、ダマシ付き合ってきたが夏の予選を控え、練習・試合での投球数が増えてひじに負担がかかり過ぎたと思います」。

投げるたびに痛みが増し、小学6年から通っている「たきうち整形外科スポーツクリニック」で診てもらい、リハビリ治療を受けることになった。

今は週1回通院し、下半身の強化などフィジカル面を重点にして、フォームの矯正なども行っている。

まずは秋に向けての練習試合(8月から)に投げられるようにリハビリをして本番の完全復活を目指して頑張っている。

野球は小学4年生から始め、ポジションは捕手以外はどこでもこなしてきた器用さを持っている。

中学2年から投手、ショートに定着し高校から投手に専念、2年生ながら今年の夏の支部予選からエースナンバー「1」をつけている。

ナックルカーブには自信を持ち、ストレートもMAX133キロと速い。メンタル面も投手向きで、チームメートのエラーにも冷静に受け止め、「誰にもあること、ドンマイ」との精神でチーム野球を共有している。

中学3年の時、Kボールの全道大会に「札幌選抜」の投手として選ばれ、準優勝した経験を持つ。

予選リーグ1回戦で三澤君が先発し、好投手で評判だった函館選抜の阿部投手(現・札幌大谷高で投手)と投げ合い、九回まで0-0の投手戦となり延長10回のタイブレークで勝利するという素晴らしい投球をした。

「好投手と互角に投げ合うことができた」と大きな自信になり、その後の野球観が見違えるように変わった。

「あの1試合が僕を大きく成長させてくれました」と思い出の試合になっている。

目標はチームメートみんなで力を合わせ、「夏の南大会(全道)に出場すること」と明確に定めている。

(記者の目・中山武雄)数値野球(データ)を標榜する三澤君。カロリーなどで食べ物、スイングスピード、体幹強化にも取り入れているという。

一つ一つ考えながら野球に取り組む精神は立派の一語に尽きる。

身長・体重を聞いた時、端数まで答えてもらいビックリしました。

これまでになかった経験で、感動しました。今後の野球に必ず生きてきますので長く続けてください。

たきうち整形外科スポーツクリニック

札幌都心部(中央区南1条西6丁目、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト、ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア・岩見沢シニア所属

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリーズ所属当時

たきうち整形外科スポーツクリニックへの問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付可能な「シマフクロウ・コール」もある。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~同8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌南リトルシニア球団
全国大会出場を目指して!
札幌南球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした、
全日本リトル野球協会リトルシニア北海道連盟所属の硬式野球チームです。
駒大苫小牧など全国の高校野球で活躍している大半の選手が、中学生時代の硬式野球経験者です。

当球団はAED(自動体外式除細動器)を導入しています。

グラウンド:札幌市南区真駒内381-1
室内練習場:札幌市南区藤野698-21
【連絡先】
父母会 鈴木貴博
TEL  090-7057-6583
監督(阿部):090-2056-9966
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験者募集<札幌豊平東シニア>
新入団員募集中!
豊平東シニア球団では、小学校6年生から中学校3年生までの
硬式野球に興味のある元気な選手を待っています。
技術の上手・下手は関係ありません、とにかく”やる気”のある
そんな君たちとともにこの球団を育てて行きたいと思っております!
★シーズン中(4月~10月) 毎週土・日・祝日
★シーズンオフ(11月~3月) 土・日・祝日(状況に応じて)
【連絡先】
球団会長:武藤 080-1883-8300
監  督:佐々木080-1868-1186
連盟理事:嶋 守090-6999-4310
中学硬式野球クラブチーム
【PR】小樽リトルシニア球団
新入団員募集中!
★チームスローガン
目指せテッペン! 目指せ日本一!

小樽リトルシニアは礼儀と整理整頓を常に心がけています。
小樽市内はもとより、近郊からの団員を募集しております。

★球場、室内
4月~10月は小樽市営桜ヶ丘球場(小樽市花園5-3-3)および市内高校グランドなどで練習、冬期間は専用室内練習場(小樽市オタモイ1-30)、市内高校室内練習場、市内学校体育館で練習をしております。

★連絡先
監督:村上 武洋 090-8636-5813
球団事務局長 福原 圭一 090-3392-7860
グローブ
ボール