コラム「野球少年の食トレ」

第30回 遠征・合宿の食事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第30回 遠征・合宿の食事
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




お弁当




第30回 遠征・合宿の食事

この季節は遠征や合宿が多くなり、チームみんなで同じ食事を摂る機会が多くなりますね。

今回は、大事な時に体調を崩さずに万全の状態で過ごせる工夫のヒントをお話します。

 

アスリートにとって、一番重要なのは「バランスの良い食事」です。

主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物…を必ず摂ることを心掛けてほしいのですが、遠征や合宿先では思うようにいかないことが多いと思います。

 

旅館やホテル、合宿所で出される食事は、それなりにバランスと彩りを揃えて出してくれるところが多いですが、アスリート向けとなると、足りない栄養素があるのも事実です。

量が多く、お腹いっぱいに満たされる食事の場合でも、自分自身で何が必要かをしっかりと考えなくてはなりません。

 

朝食は、脳のエネルギーになる糖質(炭水化物)をしっかりと摂りましょう。

卵や納豆などでたんぱく質もしっかり摂ってください。果物からビタミンC、乳製品もできるだけ摂る工夫をしてください。

昼食は、ごはんものや麺類など単品に偏らず、肉・魚や野菜もしっかりと摂りましょう。

夕食は、練習や試合で傷ついた筋肉組織をたんぱく質で修復しましょう。朝食・昼食で不足しがちなビタミン・ミネラルをしっかりと摂取しましょう。

 

宿泊先で出される食事で補えない栄養は、補食でしっかりと補うことをオススメします。

野菜が不足であれば、100%のフルーツジュースや野菜ジュースでビタミン・ミネラル・食物繊維を摂取できます。

乳製品は、飲むヨーグルトやチーズなどがお手軽です。

 

今は、どこに行ってもコンビニがありますから、コンビニを上手く活用すれば不足な栄養はしっかりと摂れます。

コンビニで補食を買うのは「ただお腹を満たす」物ではなく、「不足な栄養を補う」意識をしっかりと持ってくださいね。

補食は、食事で不足しがちな栄養素をカバーしてくれるだけではなくて、練習や試合前のエネルギーを補給できますし、練習や試合後であれば疲労回復の促進にも役立ちます。

 

写真のお弁当は、実際に、遠征先で出された昼食です。

唐揚げなどの揚げ物、練り物、ポテトサラダ…などのおかずで、このお弁当は、お腹は満たされますが、栄養が偏っています。

こういう場合、補食として、野菜ジュースなどがオススメです。

野菜ジュースも今はたくさん種類がありますが、アスリート向けにオススメするのは、鉄分が多めの野菜ジュース、ビタミンCが多めの野菜ジュースや100%のフルーツジュースなどです。

お弁当だけでは量が足りない場合は、飲み物ではなくてサラダを食べてくださいね。おにぎりやサンドイッチなどの炭水化物の食品を買うよりは、コンビニにはたくさんの種類のサラダがありますからお好きなサラダを選んでください。

 

遠征や合宿先では、緊張やいつもと違う環境で、体調も崩しがちです。

休養と食事をしっかりとすることで万全の体調に近づけて、本番で力を発揮できますように。

老田よしえ

▽老田よし枝プロフィール
株式会社フェニックスサポート代表取締役。AFM北海道 主宰、アスリートフードマイスター1級。札幌メンタルビジョントレーニングセンター代表。

テレビ局でADとして勤務後、結婚。退職した後、夫婦で渡米。2001~2014年アメリカ・ニューヨーク州在住。現在、野球少年の2児の母として日々奮闘中。
趣味はスキー(SAJ公認スキー準指導員)。

★ブログ「ライスボ~ル アスリートフードマイスターの母による野球少年を大きく育てる方法。」http://www.athletefoodmeister-yoshie.com/
★Facebookの「AFM北海道」のページではイベント情報を掲載しています♪




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
中学軟式クラブチーム
【PR】見学・体験のお知らせ<ピースベースボールクラブ>
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
南区で発足した中学生軟式野球チームのピースベースボールクラブは
以下の日程でチーム説明会を開催いたします。
 硬式野球と軟式野球の違い、チームの指導方針、勉強との関わり方、
保護者の皆さまが不安に思っていること等、中学野球チーム選びの参考
にぜひお越しいいただければ幸いです。

 なお、練習の見学・体験も随時募集しております!

ホームページ:https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

チーム説明会
 11月17日(日)16:00~ 札幌市もいわ地区センター
 11月24日(日)16:00~  札幌市もいわ地区センター

※札幌市もいわ地区センター(札幌市南区川沿8条2丁目4-15)
https://moiwa.jp/


お問い合わせ先
 kyudobaseballclub@gmail.com または090-8708-6966
監督 高山まで
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集!<札幌北広島ボーイズ>
体験参加、新入団員募集中
札幌北広島ボーイズは、少年硬式野球では日本で最大規模のボーイズリーグに所属し、現在新チーム(中学2年、1年生)34名の団員で構成されています。
高校野球を目指して硬式野球に慣れておきたい! 純粋に硬式野球に挑戦したい! 夢をもっている6年生ぜひ一緒に野球をしませんか!
練習・試合は主に土・日・祝日に行い、平日は高校で必要となる自主練習を重んじ、勉強もできる環境を整え、より良い中学生活を送れるよう取り組んでいます。
常時、体験入団を受け付けています。練習日程等はホームページを確認いただくか、下記まで気軽にお問い合わせください。

●練習専用球場・・・「中山球場」北広島市共栄54-13 中山機械㈱敷地内
●球団専用室内練習場・・・・北広島市島松269-1

【お問合せ】
代  表 小 川 正 道  携帯 090-2877-9777
監  督 山 田  徹   携帯 090-8634-5635

野球をやるならボーイズリーグ!
入団するなら札幌北広島ボーイズ!
グローブ
ボール