スポーツ整形外科に聞け!

万全のケアで開幕待つ豊平カージナルスの田子君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 万全のケアで開幕待つ豊平カージナルスの田子君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




投球フォームを確認する田子君。今季への手ごたえを感じ取っているようだ



「医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)の外来患者専用施設、「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック(同区青葉町11丁目)に通院し、復帰に向けて頑張っている様子を紹介する連載企画「院内で見つけたアスリート」の登場者は札幌地区の強豪チーム、豊平カージナルスの田子祥誠君(11、5年)。

田子君は投手をしており利き腕の右肩にちょっと違和感があったため、今月初めから同病院でケアを兼ねたリハビリ治療を受けてフォームチェックをしている。

けがとまではいかないが、シーズンを迎えて念のため大事に至らないように-との思いで通院、今季にかける意気込みをみなぎらせている。

 

豊平カージナルスの田子祥誠君

▽田子 祥誠(しょうせい、札幌・豊平小5年=141センチ、35キロ、投手・サード)札幌・豊平カージナルス

野球を始めたきっかけは、今も朝野球の現役で活躍している父親・直樹さん(48)のカッコいい姿を見て、「面白そう、自分もやってみたい」と小学3年の秋にチームに入った。

チームは札幌地区でも強豪の豊平カージナルス。

昨季は日刊スポーツ旗争奪少年野球春季大会ブロック優勝、太陽杯新人戦豊平区予選・石狩支部大会などを優勝して全道大会(2回戦敗退)に出場するなど存分な活躍を見せた。

中でも田子君にとって忘れられないシーンとなっているのは日刊スポーツ旗のブロック優勝。

5年生ながらレギュラー戦で初めて先発して初完封を成し遂げたことだ。

相手は札幌・幌南ファイターズ。

六回を投げてヒットはわずか3本、田子君の持ち味でもあるコントロールの良さで打たせて取るピッチングが冴えわたり8-0(無四球)の見事な完封劇だった。

 

田子君は「バックの6年生が守備で盛り上げてくれて、本当にうれしかった」と感謝、最高のプレーとして胸の奥に大切に収めている。

その後の投球にも大きな自信となり好ピッチングの原動力となっている。

打順は6番か3番を打っている。「足もまあまあ(短距離)」というが、10キロ走などの長距離はチーム一番の健脚だ。

投手として大切な要素の一つでもある「忍耐・根性」を持っており、今後の努力に期待がかかる。

 

リハビリの先生から投げ方など沢山の指導を受けて自身の弱点を見出している。

ひじの下がり、下半身の弱さを克服するためにスクワットやバランスを養うティーポーズ体操など自分なりに工夫して鍛えている。

最終学年となる今季の目標も定めている。

「まず、去年の自分の成績を上回るように頑張る。ホクレン旗など全道大会に出場して優勝すること」と明確だ。

フォームチェック、肩のケアもOK、「明るく、チームワークで勝ち続けていきたい」。

シーズンを待ち焦がれる田子君だ。

 

(記者の目・中山武雄)外見はシャイだが心の芯は強そうで、ピッチャーには向いています。長距離走で見せるように持久力があり、ピンチにも動ぜず冷静に判断できる能力は持っているようです。大きな目標を持って前に進んでください。

 

 

豊富な人材・知識で迎える医療スタッフ

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)

2017年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」近隣の同区青葉町11丁目に開業し急増する患者に対応するとともに、さらなる医療サービスの向上を目指している。

施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを備え、患者の早期復帰をサポートしている。

院長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラスの名医。

当サイト・ストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。

また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代に野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、スキー、テニスなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間(外来・リハビリテーション)】

♦受付(月~金) 午前の部:8:30~11:00 午後の部:11:00~16:00(土曜は午前のみ)=自動再来受付機は午前7:00~、完全予約制

♦診療(月~水、金) 午前の部:10:00~13:40 午後の部:15:40~19:30

♦休診日 日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ケ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
中学軟式野球クラブチーム
【PR】練習体験・体験合宿のお知らせ〈南空知BBC〉
新入団員募集!

⚾ 練習体験のお知らせ

幾度と体験会を行う中で、お忙しい中自チームに興味を持って足を運んでいただきましたお子様・保護者の皆様、本当にありがとうございました❗
その中で入団を決定した子、入団希望をしている子がいる事を嬉しく思います(^o^)一緒に野球をして技術を磨きましょう❗
体験会には、岩見沢・北広島・滝川・砂川・奈井江・由仁・江別・苫小牧・夕張・栗山と各地よりお越しいただいておりましたが、これからは屋内での練習を見学・体験できますので、是非お越しください\(^o^)/

日時・場所につきましては、お問い合わせいただきたいと思います。北村土里夢・月形体育館・栗山町内体育館・由仁町等で練習しております。

⚪対象 小6~中2

⚪持ち物 グローブ・バッド・上靴・ユニフォームか練習着または運動できる服装・飲み物
(グローブ・バッドは無くても良い)

⚪監督 山内祐司 携帯 080-5588-2954

⚾ 体験合宿のお知らせ

1月18日(土)~19日(日)の日程で 当チームは合宿を行います。予定地は芦別です。体験合宿も同時に行いますので、この機会に是非参加して 団員・指導者と一緒に屋内練習をしましょう!
参加申し込みは、監督の電話までよろしくお願いいたします。

⚾ 最近の戦績

☆第43回中学生軟式野球夏季大会
優勝

最優秀選手賞 田代直也
優秀選手賞 石上 翼

1回戦 千歳ベースボールクラブ 2-0
2回戦 函館ベースボールクラブB 2-1
準決勝 TTBC・B 8-1
決勝 函館ベースボールクラブA 6-3

令和元年7月25日~30日の5日間、前田森林公園にて行われた『第43回中学軟式野球夏季大会』(全23チーム)にて チーム2度目の優勝を果たしました。

☆第21回 IBA-boys U-14 北海道大会
優勝

最優秀選手賞 対馬優斗
優秀選手賞 石川翔羽

1回戦 室蘭桜蘭中学校 7-0
2回戦 登別ビック・フラップ・オーシャン 9-0
準決勝 TTBC 9-2
決勝 本別・勇足中学校 1-0

令和元年
10月5日~14日にわたり開催された『令和元年度 北海道中学軟式野球連盟 第21回 IBA-boys U-14 北海道大会』(全20チーム)にてチーム2度目の優勝を果たし、翌春 東北で行われる全国大会の出場権を獲ました。冬季練習では、1人1人が明確な目標を持ちレベルアップに向けたトレーニングに励みます!

⚾ 新入団員募集中!
来年度 中学生になる皆さん、現在中1・中2の皆さん一緒に野球をしませんか。

運動好きな子、野球が好きな子大歓迎!
志がある子の育成を目的としたクラブチームです。
団員の次の進路の手助けもできます。

まずは、一度足を運んでいただいて、チームの雰囲気を見ていただき、お話を聞きに来てください!
気軽に練習に参加して、一緒に汗を流しましょう!(^^)!
体験したい日時等の連絡は、下記の番号へよろしくお願いします。

監督 山内祐司 携帯 080-5588-2954 mail: yuji620jp@yahoo.co.jp

【練習場所】
・夏季 南空知近郊 主に栗山公園
・冬季 栗山町内体育館 北村土里夢 月形体育館など屋内で活動

冬季はベストパフォーマンス社と契約して、トレーナーの指示のもとシーズンに向けた基礎体力の向上を目指して練習しております。
活動内容の詳細はチームのホームページにも掲載しております。
中学硬式野球クラブチーム
【PR】特別体験会に45人参加<札幌豊平東リトルシニア>
新入団員募集中!
特別体験会のお知らせ。

10月26、27日の両日で6年生45人が参加してくれました。

子供達も楽しく硬式野球に触れられたと思います。

11月は下記の日程で開催しますのでお待ちしております。

11月 3日(日)
11月 4日(祝)

場所:豊平東専用グランド

時間:
①午前の部
9時00分〜12時00分

②午後の部
12時30分〜15時00分

※雨天の際は室内連絡場に変更となります。

※お問い合わせ先
監督:佐々木 鉄也 080-1868-1186
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
グローブ
ボール