スポーツ整形外科に聞け!

野球肩克服へ頑張るリトルシニアの会木君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 野球肩克服へ頑張るリトルシニアの会木君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

医療法人 悠仁会 羊ヶ丘病院
札幌市厚別区青葉町三丁目一番十号(南郷通り沿い 厚別消防署向かい)
電話(011)351-2211

「院内で見つけたアスリート」羊ケ丘病院編

今回の「院内で見つけたアスリート」は「医療法人社団 悠仁会 羊ケ丘病院」(岡村健司理事長・副院長)。ボールの投げ過ぎで野球肩が発症したリトルシニア北広島の会木大和君(14、もみじ台南中2年)を紹介する。会木君は7月下旬に突然、利き腕の右肩が痛み出し投げられない状態になり、チームメートの勧めで「羊ケ丘病院」で治療を受けることになった。先月から3回目の治療・リハビリで順調に回復し、まだ痛みは残るものの普通に投げられるまでになった。「早く治して新人戦(秋季大会)に出場したい」と願う会木君。来季は最上級生になりチームを牽引する役目もあり、完全治療を目指して懸命にリハビリに取り組んでいる。同病院の岡村健司理事長は野球肩治療には定評があるスポーツドクターで、当サイトのシリーズ「野球肩って何?」では6話にわたって写真、図解入りでわかりやすく解説、好評を得ている。

会木リハビリ

「院内で見つけたアスリート」

▽会木 大和君(14、内野手=160センチ、48キロ) もみじ台サザンクロス-リトルシニア北広島

会木大和(リトルシニア北広島ーもみじ台サザンクロス出身)

小学4年生から野球を始めた会木君。これまでも軽いヒジの損傷はあったが、野球肩は初めての経験だった。悪い投球フォームからの投げ過ぎや、まだ筋肉がつききっていない成長期にありがちな肩の障害だ。発症したのはシーズン真っ盛りの7月下旬。まったく投げられないことはなかったが痛みがどんどん増してきて、とても正常な投球ができない状態にまで悪化した。今月から始まった新人戦を控えて焦りの気持ちもあったが、まずは治すことに専念しようと「羊ケ丘病院」で治療を受けることになった。リハビリ治療は理学療法士の先生から患部の施術のほかストレッチや投げ方のアドバイスを受けてグングンよくなってきた。自宅でも指導・教授されたリハビリメニューを忠実に実行して効果が上がり、痛みは多少あるが今では普通に投げられるまでに回復した。

「何事も一生懸命にやる子です」という、付き添ってきた母親の志織さんの弁。リハビリも気を抜くことなく、1日も早い復帰を目指している。チームでは背番号5番をもらい、サードを守っている。3年生が抜けたあとは会木君ら11人の2年生が中心になりチームを引っ張るだけに、今回のけが治療は何としても完ぺきに治したい、と願う。「今季のチームは好成績を残してあと一歩だったので、来季は絶対に全国大会(日本選手権)に行けるように頑張りたい」と話す会木君。そのためにも体力をつけるため、「走り込みを徹底する」と頼もしい言葉と笑顔が返ってきた。

(記者の目・中山 武雄) 「きつい練習でも仲間と一緒なら苦にならない」と話す会木君の表情を見ていると、根っからの野球好き少年と思えた。取材中、何度も「一生懸命」という言葉が飛び出し、そのまじめな姿勢に好感が持てた。今の気持ちを忘れずに「何事も真剣」に取り組んで飛躍してほしい。

医療法人社団「悠仁会 羊ケ丘病院」

2月に札幌市厚別区青葉町3丁目(南郷通り沿い、厚別消防署向かい)に移転、新装開業した医療法人社団「悠仁会 羊ケ丘病院」。新開業から半年が過ぎ、整形外科の専門病院として地域医療の期待にこたえ、患者数も急増している。医療内容もエキスパートによる質の高いトップクラスの治療を提供。理事長の岡村健司医師は当ストライク・サイトのシリーズ「スポーツ整形外科に聞け!野球肩って何?」でおなじみのスポーツドクターだ。自身も高校球児として活躍したが、肩を壊すという辛い体験を持ち、スポーツ障害患者の立場になって治療するドクターとして評判が高い。

シリーズ「~野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話 「その原因」

第2話 「投球フォームから」

第3話 「どうして起こる」

第4話 「症例の中から」

第5話 「症例の中から」

第6話 「不安定肩」

受付時間▼
(平日=新患・予約なし再来受付)
午前8時30分~午前11時30分
午後1時~午後4時30分

(平日=予約あり再来・リハビリ受付)
午前8時~正午
午後0時5分~午後4時30分

(平日診療時間)
午前9時~午後0時30分
午後1時30分~午後5時

(土曜日=新患・予約なし再来受付)
午前8時30分~午前11時30分

(土曜日=予約あり再来・リハビリ受付)
午前8時~正午

(土曜日診療時間)
午前9時~午後0時30分

◎ お問い合わせ◎
代表    011-351-2211
外来予約   011-351-2213
リハビリ直通 011-351-2215

取材協力:医療法人 悠仁会 羊ヶ丘病院

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
中学硬式野球クラブチーム
【PR】2月体験練習日のお知らせ<札幌ボーイズ>
新入団員募集中!
≪札幌ボーイズ≫2月体験練習日のお知らせ

2月3(土)、4(日)、6(水,夜)、9(土)、10(日)、16(土)、17(日)、20(水、夜)
23(土)、24(日)、27(水,夜)、
*2月は中学校定期試験の為、練習がお休みになる場合があります。
 詳しくはチームにお問い合わせください。
 中学1年、2年生も可能です。

◆新入団員募集中
札幌ボーイズは公益財団法人日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)東日本ブロック北海道支部所属の中学硬式野球チームです。

★野球が好きで中学でも野球がしたいが、どのチームが良いか迷っている。
★野球と勉強をしっかり両立したい。
★高校野球で活躍できる選手になりたい。

そんな選手を募集しています。札幌ボーイズでは高校野球に向けて指導歴30年以上の
ベテラン指導者達が「正しい野球技術」や「チームプレー」を指導します。

◆募集要項:小学6年生 (中学1年生、2年生も可)
活動日 :土曜、日曜、祝日 (9時~17時) 札幌ボーイズ球場
     :水曜       (18時~21時)札幌ボーイズ室内練習場
      *雨天時、冬季は室内練習場になります。

活動場所:札幌ボーイズ専用グランド(北広島市島松403番地)
      札幌ボーイズ室内練習場 (札幌市白石区東米里2040番地)

*野球の出来る服装で、野球用具、飲料水は各自でご用意ください。
バットは球団で用意しています。
*半日の参加も可能です、1日参加の方は昼食、軽食(15時休憩用)をご用意ください。
*体験練習に参加の方は事前に下記連絡先に連絡下さい

◆問い合わせ、連絡先
監督 寺西(090-5229-5116)/事務局長 宮澤(090-2698-8388)/事務局 原田(090-8277-6083)
◆球団ホームページ:https://www.ikz.jp/hp/sp-royals/
◆AED(自動体外式除細動器)を常備しております。
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌東リトルシニア球団
新入団員募集!
札幌東リトルシニア球団

当球団は、小学6年生から中学3年生までを対象とした中学硬式野球のクラブチームです。

昭和55年(1980年)に「東日本ファイターズ」として誕生し、日本リトルシニア中学硬式野球協会北海道連盟においても歴史ある球団です。

指導方針は、今現在のパフォーマンスだけを考えるのではなく近い将来、高校球児として活躍できる選手を育てる指導を心掛けております。
選手、指導が一体となり日々の練習に取り組んでおります。

[基本練習]
夏季(5~10月)
土日祝日  8:30~17:30 樽川グランド
平日火木 17:30~19:30 中沼室内練習場・中沼サブグランド

冬季(11~4月)
土日祝日  9:00~17:00 中沼室内練習場・中沼小学校体育館
平日火木 17:30~19:30 中沼室内練習場

[練習場所]
樽川グラウンド:北海道石狩市樽川463−62
中沼サブグランド:札幌市東区中沼3条2丁目2-2
中沼室内練習場:札幌市東区中沼町66番地183

[お問い合わせ]
球団会長 髙島 篤
球団監督 髙谷 博志
球団Eメール:sapporohigashi1@gmail.com

※その他詳細は資料をご用意していますので、体験・見学にお越しいただいた際にご説明いたします。ご質問等もお気軽にどうぞ♪
グローブ
ボール