たきうちプレス

万全態勢で高校野球へ、ピース高桑君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 万全態勢で高校野球へ、ピース高桑君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




投球動作をして感触を確かめる高桑君



けがからの完全復活を目指し、「たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「2022年・院内で見つけたアスリート」の最初の登場者はピースベースボールクラブ、高桑桃太郎君(札幌・柏中3年)。

高桑君は昨年10月、来るべき高校野球に備え遠投練習をしていて利き腕の右肩関節を損傷した。

何軒かの他の病院で診察を受けた結果「手術が望ましい」ということになり、1か月後の11月末に「たきうち整形外科スポーツクリニック」で手術し経過も順調に推移。

今は率先して毎日通院し、活躍を誓う高校野球の体作りも兼ねてリハビリ治療に汗を流している。

ピースベースボールクラブの高桑桃太郎君

▽高桑 桃太郎(札幌・柏中3年、外野手=168センチ、60キロ)

札幌・山鼻アカシアーズ-ピースベースボールクラブ

 

予期しないケガに不安が走った高桑君。

中学3年生にとってはオフシーズンに入った10月、翌春には高校入学も控えていることから”中学総決算”の意味合いも込めて遠投などの基本練習をしていた時、投げたあと突然右肩に異変を感じた。

これまでケガらしいケガはなかったので、この異変に嫌な予感がした。

「まさか、この大事な時に」と頭をよぎる。痛みも徐々に増してきたので両親と相談して速攻で数件の病院で診察を受けた。

2つの病院から「手術をした方がいい」との結果をもらい、11月末に「たきうち整形外科スポーツクリニック」で手術を受けることになった。

術後の経過は順調に進み、高校入学までには完全復活できる見通しも立ちホッと胸をなでおろす高桑君。

「万全の態勢で出直すことがケガで失った時間を取り戻すことになる」との思いで今は毎日通院してリハビリ治療を受けている。

 

野球をしていた祖父の影響で小学1年から始める。

中学は部活で野球をやるつもりだったが、中学入学と同じシーズンに発足した札幌南区北ノ沢にあるクラブチーム、ピースベースボールクラブに入会した。

同クラブは高桑君が中学野球で活躍した歴史そのもの。

中学最後の大会となった昨年8月、何と念願だった「全道中学軟式野球大会」に優勝したのだ。

チームは高桑君と同じ創部3年目の快挙だった。

3番ライトで出場、2打点の活躍、将来ともに忘れることのできない思い出の頂点どりに心はおどった。

 

優勝の裏にはチームメートの深い絆があった。

四回、先制していたチームが一つのミスから逆転されてしまった。

チーム内には悪い流れの空気が充満しそのまま敗戦まっしぐらの道へ。

しかし、六回の攻撃前の円陣でミスの選手が泣きながら勇気ある謝罪をしたのだ。

その気持ちを受け取ったナインは、何としてもミスで交代した選手の思いに応えたいと発奮した。

打者猛攻、一挙5点をあげて6-2で圧勝したのだ。

その前年、チームはIBA-boys U14でも全道優勝したが高桑君にとってはこの優勝は格別なものがあり、一生の宝物になった。

これぞチームワーク野球、ピースベースボールクラブの真骨頂だった。

 

(記者の目・中山武雄)

取材インタビューから高桑君の野球に対する真摯な姿勢が強く伝わってきました。

足もチームで1、2番といい、「とにかく塁に出て、チームの得点に貢献したい」と言う。

フォア・ザ・チーム、素晴らしい考えです。

 

札幌都心部で評判の「たきうち整形外科スポーツクリニック」

「たきうち整形外科スポーツクリニック」は札幌都心部(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に名が知られている評判の整形外科病院。

瀧内院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で患者の日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト・ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女ら選手・監督やコーチにも人気となった。

【ドクターのフォームチェック】(バックナンバー)

第1回「金子&高田投手」小樽シニア、岩見沢シニア所属当時

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリー所属当時

♦問い合わせ♦

たきうち整形外科スポーツクリニック」への問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付対応する「シマフクロウ・コール」が便利。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~午後8時(水曜日は夜のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 札幌スタジアム
  • フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
  • ノースジャンボバッティングスタジアム
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
がんばれ北海道!!!!!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
中学硬式野球クラブチーム
【PR】中学硬式@新生・札幌手稲ボーイズ
新入団員募集中。 練習体験も随時大歓迎です!
中学硬式野球@札幌手稲ボーイズ

新入団員募集中。
コロナウイルス感染防止対策も行いながら、練習体験も随時受付です!


運動能力や体力の向上、基礎技術の習得などを主体としたメニューを積み上げて、「全国大会」という目標に向かってONE TEAMでレベルアップを目指します。
(チーム専用グラウンド・チーム専用室内練習場あり)


当球団は、昨年秋に新監督が就任して新体制・新組織にて、新生「札幌手稲ボーイズ」として新たな一歩を踏み出しました。

31才の監督のもと、20代のコーチなど、若いスタッフ陣を中心に全力で選手達をサポート。

若干の経験不足や至らぬ点もあるかもしれませんが、それよりも選手たちに近い目線を持っているからこそできることがあると信じて共に成長していきたいと思っています。



ONE TEAM one for all・all for one
「一緒に笑って、一緒に泣いて、一緒に戦おう!」
チームとして、個人として目標を持って取り組む事で、中学野球だけではなく、高校野球やその先を見すえた「考える力」を身につけながら、技術面・精神面・体力面の成長を目指します。

時には、厳しさや悔しさを感じる事もあるかもしれません。

でもそれ以上に仲間と共に戦う喜びと楽しさ、感謝の気持ち、何よりも「野球が好き」という気持ちも大切に育んでいきたいと思っています。



まずは、「札幌手稲ボーイズ」で中学硬式野球の雰囲気だけでも感じてみませんか?
ご興味をお持ちの方は気軽にお問い合わせください。

※今年の体験会は人数制限を設けながらの開催とさせて頂いていますが、たくさんの小学6年生にご参加頂きありがとうございます。

素材の良さはもちろん、伸びしろを感じる選手達が多くてスタッフ一同とても嬉しく思っています。

すでに入団の意思表示を頂いている選手もいらっしゃいますが、
今後も随時、練習体験は可能ですので気軽にご連絡ください。

選手&スタッフ一同、ONE TEAMでみなさんのお問合せ・ご参加をお待ちしています!


※現在ボーイズリーグ北海道支部では、大会に応じて同一チームから複数のエントリーが可能です。

チーム内での切磋琢磨はもちろんのこと、 下級生でも公式戦の経験を積んでいけるので総合的に野球力を高めていくことができます。さらに、今年こそコロナで中止となってしまいましたが、 (第8回日本少年野球春季北海道選手権大会 準優勝で全国大会出場権を獲得していました) 「全国大会」へ上位4チームが出場できるので、全国の舞台を経験する事も夢ではありません。 一緒に全国大会出場&北海道ボーイズリーグ No.1を目標に頑張りましょう!

※今シーズンは「1年生大会」も含めて、3つのトーナメントに「A」・「B」の2チームで出場しました。



●練習日:土・日・祝
     平日:火・金

●練習場所
札幌手稲ボーイズ専用室内練習場
/石狩市樽川174-4
札幌手稲ボーイズ専用球場(しんたく球場)
/石狩市樽川464(パークゴルフ場パークワンさん向い)

●時間 ※随時練習体験受付中です
土・日・祝
・午前の部 9:00~12:00 ・午後の部 13:00~16:00
平日/火・金 ※室内練習場
・18:30~21:00
※ご都合の良い日時をお知らせください。土・日・祝は終日希望もOKです。
複数名での参加もOKです。参加多数の場合、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

●持ち物
現在ご使用のグローブ・スパイクまたはトレシュー等・飲み物・マスク、服装はユニフォーム・練習着等問いません。動きやすい服装にていらしてください。
※換気を行いながらの活動なので、グラコン・ネックウォーマー・手袋など防寒対策もお願いします。

●連絡先
監督:越中(えっちゅう)080-3239-1915
球団代表:桑原(くわばら)090-2051-8291

フェイスブック&インスタで日々の活動を配信中!
<facebook>@sapporo.teineboys
<Instagram>@sapporo.teine_boys

※青文字またはアンダーライン部分をタップして頂くと各ページが開きます。

HP:https://www.ikz.jp/hp/teine-boys/
中学硬式野球クラブチーム
【PR】11月体験会のお知らせ<苫小牧ポニー>
新入団員募集中!
チームスローガン:笑顔で全力でプレー
練習では先輩・後輩関係なく、それぞれが意見を出し合い、お互いが納得するまで
話し合います。練習メニューは1年生~3年生まで学年に関係なく、同じ練習をします 
試合では仲間のミスを励まし、勝利に向かって全員で戦うチームです

活動日:平日(週3~4日) 土・日・祝
監督:丹羽 090-7642-2849
中学硬式野球クラブチーム
【PR】一緒に野球を楽しめる6年生を募集<札幌豊平東リトルシニア>
新入団員募集中!
札幌豊平東リトルシニア球団では、上手も下手も関係なく、一緒に野球を楽しめる6年生を募集しております。

『まずは、硬式ボールにさわってみませんか?』
『まずは、硬式ボールでキャッチボールをしてみませんか?』
『まずは、おもいっきり硬式ボールを打ってみませんか?』

『そのあとに色々決めてみてはいかがでしょうか?』

まずは札幌豊平東シニアで硬式野球を堪能してみてはいかがでしょうか?


練習時間(土日祝) 9時から15時
※午前のみ午後のみの参加も可能です。終日を希望される方は昼食を持参ください。

練習場所 ホームグラウンド
※11月8日以降は室内練習場に移行します。

住所
【ホームグラウンド】北広島市北の里128
【室内練習場】北広島市北の里115-1

お問い合わせ先は、
【札幌豊平東リトルシニア球団 佐々木監督 080-1868-1186】まで、お気軽にお問い合わせください。


札幌豊平東リトルシニア球団関係者一同多くの参加、心よりお待ちしております。
グローブ
ボール