スポーツ整形外科に聞け!

羊ヶ丘病院って知ってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 羊ヶ丘病院って知ってますか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

平成22年4月から整形外科専門病院 となった羊ヶ丘病院

羊ヶ丘病院
今回取材した羊ヶ丘病院は平成22年4月から整形外科専門病院へ生まれ変わった。特に整形外科の中でもそれぞれの部位を専門とするドクターがそろっている。具体的には肩、肘、手、首、腰、股関節、膝、足といった人の身体の部位別に専門医がいる。たとえば膝足を専門にしている倉副院長は柏レイソルのメディカルアドバイザーをしており選手の手術も当院で行っている。

リハビリスタッフ

昨年4月に最新鋭のMRIを増設し、リハビリテーションのスタッフを充実。特に野球をはじめとするスポーツ障害の治療に自信があるようだ。これまで多くのスポーツ選手の治療を行い高いスポーツ復帰率を誇る。リハビリのスタッフ全員が野球、サッカー、バスケット、柔道などのスポーツをしておりスポーツ選手の熱い気持ちを理解しているのも大きい。

「ほとんどのスポーツ障害肩(野球肩)がリハビリ治療をしっかり行えば元のスポーツに復帰可能」だという!中には手術をしなければ復帰できない選手もいるが、その場合は最先端の内視鏡手術で対応している。日本でもいち早く肩の内視鏡手術を導入しこれまで20年間で4000例の肩内視鏡手術の経験は凄い。野球肩に対しても低侵襲手術を行い、高い復帰率を誇ります。豊富な経験と実績がある肩の治療にも自信があるようだ。野球をしていて肩や肘が痛くて困っている選手がいたらここをお薦めしたい!

理事長・副院長 岡村健司氏

羊ヶ丘病院理事長の岡村健司
皆さんこんにちは、羊ヶ丘病院理事長の岡村健司です。整形外科医で肩(肘)を専門にしており多くの野球選手の肩と肘の治療を行っています。私自身も野球が大好きで、現在も選手として草野球チームでプレーしています。

夢の甲子園を目指したあの時間
まずは私の自己紹介をさせていただきます。1955年生れで現在55歳です。大阪市出身。高校までは大阪在住、大学進学のため北海道札幌市の北大工学部へ後に札幌医大に進みました。スポーツ特に野球が大好きで、小学校3年生から野球少年!左利きなので小学校・中学校では主にファーストでした。高校では硬式野球を三年間やり、ポジションは一年毎に代っていたいたことを記憶してます。1年では外野手、2年でピッチャー、最後の3年ではファーストでした。私も皆さん同様高校では夢の甲子園を目指し!野球一筋の生活。最後の夏は大阪府予選で3回戦が最高・・・。しかし当時の仲間と野球一筋で向ったあの時間・あの経験は、今でも私にとって貴重な財産となっている。

左肩の激痛!
高校2年生の練習試合で突如肩に激痛が走った・・・、選手としてもっとも輝いていた頃かもしれない。投手として絶好調で、野球が楽しくてしかたがない時期だった、ある練習試合の中盤で高めの速球を投げた瞬間!?左肩に激痛が走り!(痛い)マウンドにしゃがみこんでしまった!翌日に近所の整形外科を受診し、お医者さんに診てもらうと当時診断名も言われず、ただ野球をやめなさいと言われ・・・、失意のどん底の中、道中家に帰ったことを覚えています。「あの時にちゃんとした治療をしていれば・・・」今思えばその後しっかりとした手当てを施していたらピッチャーに復帰できたかも知れないと・・・・、残念でなりません。結局、私の肩はその後も良くならず、投げると常に痛みも同居し以前のような速い球や遠投が投げられず、コントロールもつかず投手を断念することとなった。そうした自分の苦い経験を、後に整形外科医の中で特に肩の専門医という立場で、大好きな野球をいつまでも続けることができるようサポートしたいと考えるようになった。

大学では様々なスポーツを
大学では野球を断念し、北大時代はアメリカンフットボールに所属。ポジッションはエンドで、4年生の時は北海道ベストイレブンに選出されました。札幌医大に入学してからは空手部と水泳部に所属しました。空手では医学生ながら全道学生選手権で優勝し、インカレに北海道代表で出場しています。5年生のときには北海道代表として全日本空手大会に出場し、その年の全日本空手強化選手に選出。

大好きな野球を再会!
医者になってからは大好きな野球を再開して現在も現役選手として続けています。ポジションは外野手かファーストです。走りますし結構自分では打っていると思っています。チームのメンバー全員に“もうやめたら”と言われるまで野球を続けようと思っています。現在、札幌医大整形外科野球チーム(オステオファイターズ)、草野球チーム(ユニオンズ)、羊ヶ丘病院野球チーム(ファイターズ)、40才以上のチーム(スーパーオステオファイターズ)の4チームに所属しており、朝野球と土日の大会でほぼ毎日が野球の生活です。

実は水泳も好きで、週に2-3回はプールで泳いでいます。最近は出場していませんが北海道マスターズ水泳大会で何度が自由形で優勝しています。2年前には海の遠泳大会(オープンウォータースイミング)にも参加しました。このように私自身もスポーツが大好きで整形外科医の立場からもスポーツ選手が楽しく全力でプレーできるように応援したいと思っています。

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院
札幌市豊平区月寒東1条19丁目1番1号
TEL:(011)853-2211 FAX:(011)856-7760
詳しくはホームページはこちら
アクセスはこちら

【施設紹介】

1Fロビー

幼児向けKIDルーム

昨年4月に導入した最新式MRI 閉塞感のないタイプ

X線レントゲン室

リハビリ室-1F

リハビリ室-2F

掲示版-1

掲示版-2

掲示版-3

掲示板-4

掲示版-5

次回より様々な症例やスタッフ紹介など予定しております。

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

能味 香さん より

初めてメールをさせていただきます。
神奈川県川崎市に住んでおります。先生の御存じの野球肘を主に見てくださる病院がありましたらぜひともご紹介をしていただけないでしょうか?

中一の子供の母です。1ヵ月ほど前から肘の痛みのため近隣の接骨院で見てもらい野球肘と診断され投球を我慢してきましたが痛みが取れず、総合病院の整形外科に受診したところ投げすぎで肘の骨がおかしいと言われ手術にしても当院では無理だから、野球専門病院に行くよう紹介状とレントゲンを渡されました。
わが子は4,5,6年と軟式野球のピッチャーをしていましてかなりの登板だったためアイシングとマッサージは欠かしませんでした。肘の痛みがあっても1週間ほど投げないと痛みはなくなっておりました。中学に入り硬球野球をし始めた矢先でした。硬球はさほど投げてはいません。
毎日黙々と素振りや柔軟、走り込みをしているわが子が母としてはかわいそうで・・・・・
夫婦ともに野球は全然分からず病院も探しているのですがどこに行ったらいいのか近くにあるのかと悩んでいる次第です。ぜひと東京近郊、神奈川などご存じのところがありましたらどうかご紹介をお願いします。

能味 香さん より

初めてメールをさせていただきます。
神奈川県川崎市に住んでおります。先生の御存じの野球肘を主に見てくださる病院がありましたらぜひともご紹介をしていただけないでしょうか?

中一の子供の母です。1ヵ月ほど前から肘の痛みのため近隣の接骨院で見てもらい野球肘と診断され投球を我慢しアイシングやシップなどをしてきましたが痛みが取れず、総合病院の整形外科に受診したところ投げすぎで肘の骨がおかしいと言われ手術にしても当院では無理だから、野球専門病院に行くよう紹介状とレントゲンを渡されました。
わが子は4,5,6年と軟式野球のピッチャーをしていましてかなりの登板だったためアイシングとマッサージは欠かしませんでした。肘の痛みがあっても1週間ほど投げないと痛みはなくなっておりました。中学に入り硬球野球をし始めた矢先でした。硬球はさほど投げてはいません。
毎日黙々と素振りや柔軟、走り込みをしているわが子が母としてはかわいそうで・・・・・
夫婦ともに野球は全然分からず病院も探しているのですがどこに行ったらいいのか近くにあるのかと悩んでいる次第です。ぜひとも東京近郊、神奈川などご存じのところがありましたらどうかご紹介をお願いします。

ストライク発行人 大川 より

現在ツイッターで呼びかけしてます!東京・神奈川でひじの名医のドクターを知っている方!是非こちらへコメント下さい!

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験会のご案内<札幌円山リトルシニア球団>
新入団員募集中!
札幌円山リトルシニアでは、硬式野球に興味をお持ちの小学6年生のみなさんを対象に入団体験会を開催いたします。
当団では、自分を更に高めたい方も、自信はないけどチャレンジしてみたい方も大歓迎!お気軽に体験してください!

11月3日(日)
9時30分~12時00分
13時00分~15時00分
上記の時間内にてご相談ください

特別体験会
元ダイエーホークスの西島 貴之氏を特別コーチに迎えてのバッティング練習を
行います!
11月10日(日)  9時00分~12時00分
同日午後からは、通常体験会となります

13時00分~15時00分

場所 : 石狩ホクレングラウンド(当球団専用球場)
石狩市新港西2丁目783
        
雨天時→室内練習場  札幌市北区太平6条1丁目2-1 
※北海道マイホームセンター北会場隣接
持ち物: グローブ(軟式用可)、運動靴、水筒、ユニフォームか練習着、または運動できる服装
午前・午後通してのご参加は昼食を持参ください

内容: キャッチボールや希望のポジションでの守備練習、バッティング練習に楽しく参加できます

体験希望の方はお手数ですが下記まで御連絡の上お越しください
【お問い合わせ先】 
円山リトルシニア球団 事務局   木川 080-3294-1340
(平日は18:00以降にお願いします。番号非通知はご遠慮下さい)
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習開催のお知らせ<札幌東リトルシニア球団>
新入団員募集!
令和元年札幌東シニア公開練習開催

まずは硬式野球を体験してみませんか?
札幌東球団は専用樽川球場・当別球場・室内練習場を備えております。
野球の大好きな皆さん!是非一緒にプレーしましょう!!!

10月27日(日)9:00~15:00
(ご都合の良いお時間にお越しください。)
場所 札幌東シニア当別グラウンド
  当別町獅子内2108-6 (有)モンキーバスケット敷地内
※雨天の場合は併設の室内練習場で行います。
※午前・午後を通して参加される方は昼食をご持参下さい。
※練習着、スパイク、グローブをお持ち下さい。

先輩達と一緒にグラウンドで練習しましょう!
是非チームの雰囲気を体感してください!

公開練習以外の日程でも体験して頂く事は出来ますのでご希望がありましたら是非ご連絡下さい。何度体験して頂いても構いません。

チームスケジュールや紹介はHPにてご案内しております。
https://www.netto.jp/sapporohigashi/

お問い合わせ先
父母会長 松田 080-2861-0410

※公開練習以外の日程で体験ご希望の方はスケジュールをお伝えしますので
お電話か球団HP内からのメールにてお問合せ下さい。

たくさんの方のご参加お待ちしております。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 日本リトルシニア中学硬式野球協会
 北海道連盟 札幌東球団
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
中学硬式野球クラブチーム
【PR】6年生11人、まだまだ仲間募集中!<とかち帯広リトルシニア>
新入団員募集!
とかち帯広リトルシニア球団では、新入団員を募集しております。

当球団は、ナイター照明付き専用球場・室内練習場を完備し日々練習に取り組んでおります。

2020年シーズンより斎藤啓太 新監督を迎え、新体制にてスタートいたしました!
今年度の新たな取り組みとして、新1年生(現・小6)の選手のみを対象とした練習日を設けるなど、当球団スタッフは、選手の健康管理はもちろん、オーバーワークにならないよう練習メニューを構成しております。選手一人一人の成長に合わせた指導を心がけております。

中学校に進学したら軟式野球部に入ろうか悩んでいる方、中学硬式野球に興味はあるけれどイマイチ一歩が踏み出せない方、是非一度中学硬式野球を体験してみませんか?
体験に参加すると絶対入らなくてはいけない?そんなことはありません!何度でも体験に来ていただいて結構です。

斎藤監督を始め4名のコーチが指導の下、「十勝から日本一」をスローガンに日々活動しております。
2020年2月時点で、新中学3年生13名・新中学2年生2名・新中学1年生11名の計26名で活動しております!
現在は帯広市内の選手はもちろん、新得・士幌・忠類・広尾と管内各地より、また管外より通っていただいている選手もいらっしゃいます。

今シーズンより球団バスも50人乗り大型バスになり、遠征等の移動の負担も減りました。
練習や球団の様子は、球団ホームページや、球団Facebookで発信しておりますので、是非一度ご覧になってください。

選手・指導者・関係者一同、多くの方の体験への参加を心からお待ちしております!

【練習日・練習時間】
土・日・祝 午前8時30分~午後4時
火・水・木 午後6時~午後9時

【練習場所】
帯広後楽園球場(帯広市西22条南5丁目)
中島通沿いです。室内練習場も併設されています。

【体験練習参加申し込み・お問い合わせ先】
森 (球団会長)090-8426-0925
岡 田(球団理事)090-1643-2517
斎 藤( 監 督 )090-5228-5327
グローブ
ボール