太陽杯(北海道新人戦)

~被災地に元気を~拓勇ファイターズ、悲願の初優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ~被災地に元気を~拓勇ファイターズ、悲願の初優勝
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




優勝の瞬間喜びを爆発させる拓勇ナイン




太陽グループ杯争奪第25回全道少年軟式野球選抜大会の準決勝、決勝が16日、札幌市北区の太陽グループ少年野球場で行われ、決勝では胆振支部代表の拓勇ファイターズが、石狩支部代表の東札幌ジャイアンツを2‐0で下し、拓勇が2度目の出場で初優勝を飾った。

勇先発・髙山琉聖投手(5年)は、持ち球の超スローボールを駆使し東札幌打線を幻惑。7回を1安打無失点に封じビックタイトルを掴んだ!

「準決勝を、接戦で勝てたのが大きい。決勝も子供たちの頑張りで勝てた!この優勝で被災者の方々が少しでも励みにしてくれれば」と山村寛文監督(54)。

同チームは来夏、東京で行われる第37回少年軟式野球世界大会国内予選大会へ北海道代表として出場する。

▼決勝
東札幌ジャイアンツ
0000000=0
101000x=2
拓勇ファイターズ
(東)田村-藍葉
(拓)高山-渡辺甫
▽本塁打:横谷(拓)
▽二塁打:渡辺(拓)

 

横谷、攻撃のリズム作る!

拓勇は初回、先頭の1番・横谷 塁(5年)のセンター前を足がかりに一死二塁から3番・鈴木大将(5年)の内ゴロが敵失を呼び二走・横谷が一気にホームを奪い1点先制した。結果これが決勝点となった。

三回には先頭の1番・横谷が、今度は右中間を深々と破る大きなアーチを放ち俊足を生かしランニングホームランで2点目。

2安打の活躍を見せた横谷は「球が速かったので、タイミングを早めて当てることを意識して打った。またチームが勝てるよう全国でも優勝したい」と全国へ向けて意気込んだ。

初優勝の拓勇ファイターズ

高山、超スローボールを駆使し全道制覇!

高山投手(拓勇)、写真左は岩佐選手

先発高山が超スローボールを駆使し五回、二死から初安打を許すもその後も落ち着いたピッチングで見事七回1安打無四球完封をやってのけた。

高山は「打たせて取ることを意識して投げれた。全国でもストライクを入れて打ち取りたい」とマウンド上と変わらずポーカーフェイスで語った。

高山は小学3年から野球を始め、今年4月から本格的に投手を始めた。持ち前のコントロールは、チーム練習でのバッティング投手を務めることでよりコントロールの制度に磨きをかけていったと言う。また被災者に対しても「被災地の方々に元気を届けたい」とエールを送った。

7年前の雨竜ドラゴンズ戦を思い出す。

7年前、拓勇は太陽杯に初出場し2回戦で優勝した雨竜ドラゴンズに接戦の末、涙した。当時、拓勇は雨竜の先発・藤川憂也投手(現在深川西高・2年)のスローボールに手こずり敗れた。7年後、この戦いをひっくり返し見ているように思えた。

大会後、この悔しさを忘れず冬期間、スローボール打ちを繰り返し打撃向上を図ったと言う。翌夏、2012年全日本学童マクドナルド・トーナメント南北海道予選の決勝で、この両チームが激突!拓勇は秋の雪辱を果たし3‐0で雨竜に勝利し、南北海道予選を制覇し、全国大会出場を果たしている。




 

東札幌ジャイアンツ、あと一歩で涙

田村投手(東札幌)

今年大活躍の東札幌は全道少年、FBC U12に続いて3つ目の全道制覇に手が掛かっていたが、あと一歩届かなかった。

先発した田村颯丈郎投手(5年)を擁し、失点を抑えここまで勝ち上がってきた。決勝では二死二塁から堅守の野手陣が、まさかの失策で先制を許した。攻撃では今まで見たことの無い超スローボールを攻略できず涙した

先発した田村は連投の疲れを感じさせないほどのテンポの良いピッチングは、さすが<注目選手>。剛腕ぶりを発揮して魅せた。

準優勝の東札幌ジャイアンツ

▼準決勝
東川大雪野球少年団
00100=1
00101=2
拓勇ファイターズ
(五回時間切れ)
(東)大岩-山本
(拓)松田-渡辺甫

東札幌ジャイアンツ
30003=6
20000=2
緑丘ホーマーズ
(五回時間切れ)
(東)中原-田村
(緑)藤原、岩渕(5回)-畑中
▽二塁打:宇佐見(東)

<関連記事>
◆2012年【代表】南・北海道予選
全道までの軌跡・・・、『拓勇ファイターズ』編




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 札幌スタジアム
  • フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • ノースジャンボバッティングスタジアム
  • 大成会
  • 広告募集
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
2010、2011、2014年『ジャイアンツカップ』出場!
【PR】秋季準Vの札幌豊平ボーイズが、体験者募集!
新入団員募集中!
《団員募集中》土日祝日(9:00~17:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
球場・室内:札幌市南区中ノ沢
グラウンド有り
室内練習場:7m×45m(球場隣接)
少年硬式野球(小学1年生~中学1年生まで)
【PR】リトルリーグの主なルールをご説明致します。
新入団員募集中!
リトルリーグを皆により知って頂くために、リトルリーグの主なルールについてご説明致します。

A、リトルリーグのグランドサイズについて
①内野:一辺18.29mの正方形
②外野フェンスまでの距離:60.95m以上
③バッターボックス:縦1.82m、横0,91mの長方形
④投手板前縁から本塁後部先端までの距離:14,02m

B、試合球について
①プロ野球と同じボールを使用
②重さ:141.7g~148.8gで、周囲が22.9cm~23.5cm

C、バットについて
①木製でも金属製でも構わない
②長さ:83.8cm以下
③直径:5.7cm以下
④金属バットで:2018年よりバット本体にUSAが明記されていること

D、ヘルメットについて
①両耳付きの物を1チームで最低7個必要(顎紐については、「付いている物が望ましい」顎ガードについては、「任意で良い」)
②打者、次打者、前走者及びコーチはヘルメットを着用すること(コーチについて「着用が望ましい」)
E、スパイクについて
①ゴム製のみ使用可(金属製は使用不可)、また選手は同一のスパイクをチームで統一すること
F、プロテクターについて
①キヤッチャー(捕手):金属、ファイバー、プラスチック製のいずれかのカップサポーターと襟付きの長い胸当て・のど当て・脛当て・キャッチャー用ヘルメットを必ず着用すること

G、ミット(グラブ)について
①捕手は捕手用ミット(一塁手用ミットまたは野手用グラブとは違う)を使用しなければならない。
手を保護できる物であれば、形状・サイズ・重さの制限はない。
②一塁手は縦(先端から末端まで)が30.5cm以下、横(親指のまたからグラブの外線まで)が20.3cm以下のグラブまたはミットが使える。
重さの制限は無い。
③一塁手と捕手以外の各野手は、縦が30.5cm以下、横(親指からグラブの外線まで)が19.4cm以下のグラブを使用できる。
重さの制限は無い。
④投手はミットの縦目、紐、網を含めた全体が、一色でなければならない。(白色または灰色は不可)

H、投球制限について(リトルリーグ年齢にて)
①11-12歳:1日最大85球
②9-10歳:1日最大75球
③選手が1日に66球以上の投球をした場合、4日間の休息が必要。
④選手が1日に51~65球の投球をした場合、3日間の休息が必要。
⑤選手が1日に36~50球の投球をした場合、2日間の休息が必要。
⑥選手が1日に21~35球の投球をした場合、1日間の休息が必要。
⑦選手が1日に1=20球以下の投球をした場合、休息日は必要ない。

I、選手登録について
①全日本選手権の選手登録は、9名以上14名までの登録
※14名出場ルール(先発出場選手は、1回に限り再出場可能等)
②その他大会での選手登録は、9名以上20名までの登録 
※通常の野球ルール(再出場は無い)

J、その他について
①リトルリーグでは、投手が投球した球が打者にとどく前や、打者が打球を打つ前に走者は塁を離れてはいけないことになってます。これに違反し塁から早く離れて得点しても、その得点は認められませんし、走者はアウトになりませんが、元の塁に戻らなければなりません。
②試合で41球以上の投球をした投手は、その日は捕手を務めてはならない。
※北海道連盟特別ルールでは、
その日をその試合に置き換えて試合を行っております。
土・日で試合を行うため。
③試合で3イニング捕手を務めた選手は、その日投手に付くことは出来ない。
※北海道特別ルールでは、
そう日をその試合に置き換える。
④一日の試合数は、各チーム2試合まで
⑤臨時代走ルール適用(北海道連盟では、適用していない)
⑥その他

※ 1,全国各地区の連盟により、特別ルールを適用している連盟がありますので、所属連盟のルールをご確認下さい。
2,不明な点がございましたら、HP・広報か吉岡までご連絡下さい。


一緒に硬式野球をやりましょう!!

お気軽にメッセージください。


冬季体育館(新琴似西小学校)

土曜日 12:00~15:30

日曜日 10:00~12;50

☆直接お越しください☆


連絡先:広報部

TEL080-3296-5754

メール:shinkotonill@gmail.com



札幌新琴似リトルリーグ
監督 吉 岡
中学硬式野球クラブチーム
【PR】練習体験会のお知らせ<札幌札幌真駒内シニア>
新入団員募集中!
練習体験会のお知らせ

【札幌真駒内リトルシニア】

札幌真駒内リトルシニア球団では6年生を対象に練習体験会を随時開催しております。
土曜日、日曜日、祝日の午前9時より午後4時頃迄を目処に参加可能です。午前だけや午後からの参加もOKです。

当日はユニフォームや練習着を着用、グローブ(軟式用でOK!)、スパイクをご持参の上、駒岡Gスタジアムへ!!

これから雨や雪が多くなる季節ですが敷地内に大きな屋内練習場がありますのでグラウンド練習と遜色なく、土の上で思いっきり練習が出来ます。また併設の全天候ブルペンもありポジションやグループに分けることで効率良く練習が出来ます。

現状、札幌真駒内リトルシニア球団には2年生19名 1年生19名の合計38名の選手が札幌市内各区から集まっています。

中学校では硬式野球で頑張ってみたい!!その先の高校野球でも活躍したい!!と思っている選手は1度、駒岡Gスタジアムで『札幌真駒内リトルシニア』を体感してください!!

練習や球団の様子は球団ホームページで発信しておりますので、是非ご覧になってください。
選手・指導者・関係者一同、多くのご参加を心よりお待ちしております!!

【練習日】 
土・日・祝 午前9時〜午後4時

【練習場所】 
駒岡Gスタジアム 札幌市南区真駒内191 ㈲澤田運輸敷地内

【体験練習参加申込・お問い合わせ先】 
代表理事 
竹下友二 090-3206-3831
                  
監督
久保田八十夫 090-8899-5918


グローブ
ボール