コラム「野球少年の食トレ」

第12回 果物の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第12回 果物の話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip







厚生労働省と農林水産省が「何を」、「どれだけ」食べたらよいかを考え、健康で豊かな食生活の実現を目的に作成した「食事バランスガイド」というものがあります(ネットで検索すると出てきます)。主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物をどれだけのバランスで摂取したらよいかの指標を表した図です。今回は、一日の食事に必須の「果物」についてお話しします。

果物は、ビタミン、ミネラル、糖質、食物繊維が非常に豊富です。
健康維持や病気予防に非常に効果があると言われていますが、野菜は意識して食べるけれど、果物は意識して食べていないという方は多いのではないでしょうか。
一日の目安としては、野菜は350g、果物は200gを摂取するのが望ましいです。200gというのは、みかんなら2個、リンゴなら1個が目安です。
現代人の生活においてはよく野菜不足と言われていますが、実は果物不足の方が深刻だとも言われています。野菜よりカラフルな果物は、実は、野菜よりも抗酸化成分を摂りやすいので、意識して食べることをおすすめします。

我が家でもまだまだ果物は足りていないなぁ…という自覚はあるのですが、キウイは常備しています。キウイは、疲労回復や風邪予防に良いビタミンC、筋肉にとって必要不可欠なカリウム、抗酸化作用のあるビタミンE、そして食物繊維が豊富です。グリーンキウイよりゴールドキウイの方が栄養価が高いといわれていますが、我が家では両方、食べています。

しかし、この季節、一番オススメなのは、「柿」です。
私は、果物の中では柿は最強だと思っています。柿は、カリウム、ビタミンCはもちろんのこと、粘膜を保護してくれるビタミンA、疲労回復に良いビタミンB1、エネルギーを作り出すのに必要なビタミンB2、骨の形成に必要なビタミンKが多くマルチビタミン剤のような役割です。さらにポリフェノールは赤ワインの500倍、抗酸化作用は緑茶の200倍と言われているのです。柿の品質によって差はありますが、どの柿を食べても、さほど大差はないでしょう。
体調を崩しやすくなる季節の変わり目である秋に、柿はオススメです。
我が家ではこの時期、たくさん柿を買うのですが、柿はすぐに熟してしまい、柔らかくなってしまうこともあります。
そういう時にオススメな食べ方は、柔らかくなりすぎた柿を冷凍して食べることです。冷凍した柿は、食べる時に水で洗うと、皮が簡単に向けます。我が家では凍った柿を小さく切って、はちみつをかけて食べます。
栄養たっぷりの最高のデザートになりますよ。
柿をはじめとした果物は、アスリートにとっても、成長期のお子さんにとっても、生活習慣病が気になる世代にも必要な栄養素がたっぷりです。意識して果物一日200g摂取を目指してくださいね。

老田よしえ

▽老田よし枝プロフィール

AFM北海道 主宰、アスリートフードマイスター1級、メンタルビジョントレーニング インストラクター。

テレビ局でADとして勤務後、結婚。退職した後、夫婦で渡米。2001~2014年アメリカ・ニューヨーク州在住。現在、野球少年の2児の母として日々奮闘中。
趣味はスキー(SAJ公認スキー準指導員)。

★ブログ「ライスボ~ル アスリートフードマイスターの母による野球少年を大きく育てる方法。」http://www.athletefoodmeister-yoshie.com/
★Facebookの「AFM北海道」のページではイベント情報を掲載しています♪

8月8日のブログで紹介させていただきました石狩市の室内練習場が、いよいよ11月にオープンの予定です。まだ準備に追われていますので、詳しいことが決まり次第、ご案内させていただきます。よろしくお願いいたします。

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
中学硬式野球クラブチーム
【PR】とかち帯広リトルシニア
新入団員募集!
当球団は、8つのチーム目標「礼節・親に感謝・道具を大切に・大きな声・チームワーク・全力疾走・妥協しない・思いやり」を忘れることなく練習に取り組んでいます。


現在は帯広市内だけではなく、新得・清水・上士幌・忠類・広尾から通っていただいている団員もいます。

遠征の際には球団バスを使用して送迎をしています。


硬式野球に興味がある、小学校6年生から中学生の皆さんのご連絡お待ちしております!

体験練習は随時参加可能ですので、ご不明な点や質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。


【練習日】
夏期間(火・水・木・土・日)
冬期間(火・木・土・日)

【練習時間】
平日(17時~20時)
休日(9時~16時)

【練習場所】
帯広後楽園球場(専用グラウンド・室内練習場)
帯広市西22条南5丁目

【連絡先】
監督(鈴木):090-3779-6925
会長(牧田):090-3117-5223
中学硬式野球クラブチーム
【PR】旭川大雪ボーイズ
新入団員募集中!
旭川大雪 ボーイズは昨年の秋季北海道選手権大会で優勝し、3/26日から東京・大田スタジアムで開催される第46回日本少年野球春季全国大会(ボーイズリーグ全国大会)に出場することが決定致しました。
しかし道内での優勝は飽くまでも過程であって、私たちの目標はそこではありません。全国で勝ち進むことです。
選手たちは今、自分が何をやるべきかを自覚しております。その情熱は後輩たち、さらには新入団生にも波及、浸透しつつあります。

そんな旭川大雪ボーイズでみなさんも一緒にやりませんか!まだまだ新入団生歓迎ですよ!次世代の旭川大雪ボーイズを築いて下さい!

スケジュールは球団ホームページでご確認ください。



お電話でのお問い合わせは  
監督 西大條(にしおおえだ) 携帯:090-5951-7831
中学軟式野球クラブチーム
【PR】春季クラブリーグ 優勝<南空知BBC>
第13回春季クラブリーグ 優勝
最優秀選手賞:河端輝季
優秀選手賞:犬井悠斗

1回戦 ピースベースボールクラブ(GD)
2回戦 石狩市立花川北中学校
準決勝戦 T・TBC(A)
決勝戦 ブレイブティーンズ

令和元年5月3日から3日間の日程で行われた『第13回 春季クラブリーグ』にて優勝しました。

シーズン始まりに幸先良いスタート!
これからも1人1人が目標を持って試合にのぞみ、チーム団結して思いっきりプレーしよう‼️


新入団員募集中!
中1・中2の皆さん一緒に野球をしませんか。

運動好きな子、野球が好きな子大歓迎!
志がある子の育成を目的としたクラブチームです。
団員の次の進路の手助けもできます。

まずは、一度足を運んでいただいて、チームの雰囲気を見ていただき、お話を聞きに来てください!
気軽に練習に参加して、一緒に汗を流しましょう!(^^)!
体験日時等の連絡は、下記の番号へよろしくお願いします。

監督 山内祐司 携帯 080-5588-2954 mail: yuji620jp@yahoo.co.jp

【練習場所】
・夏季 南空知近郊 主に栗山公園
・冬季 栗山町内体育館 北村土里夢 月形体育館など屋内で活動

冬季はベストパフォーマンス社と契約して、トレーナーの指示のもとシーズンに向けた基礎体力の向上を目指して練習しております。
活動内容の詳細はチームのホームページにも掲載しております。
グローブ
ボール