スポーツ整形外科に聞け!

次のステップへ、真栄高の長谷川君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 次のステップへ、真栄高の長谷川君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




院内野球リハビリコーナーでシャドーピッチングをする長谷川君



医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)の外来患者専用施設、「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック(同区青葉町11丁目)に通院し、復帰に向けて頑張っている様子を紹介する連載企画「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は札幌・真栄高3年の長谷川駿君。

投手の長谷川君は今季夏の地区予選から右肩(野球肩)に痛みが出て、市内の整骨院に通院していたが病状が良くならず8月中旬から羊ヶ丘病院に通うようになった。

今は来月の手術に備えて基礎的なリハビリに取り組み、来季の完全復活を目指して頑張っている。

札幌・真栄高3年の長谷川駿君

▽長谷川 駿(札幌・真栄高3年=180センチ、74キロ、内野手・投手)札幌・北野リトルメッツ-札幌羊ヶ丘シニア(中学硬式野球)-札幌・真栄高硬式野球部

 

野球は一つ上の兄の影響を受けて小学2年から始めた。

最初は左投げ、左打ちだったが、右投げの兄のグローブがおさがりで使うようになって長谷川君も右で投げるようになった。

今は右投げ、左打ちで野球選手としては理想的な形が出来上がった。

「兄のグローブを使っているうちに自然と右で投げられるようになりました」とサラリと言う。

中学生まではショートなど内野手で活躍してきたが、高校に入って2年生の秋から3年生の夏大会まで投手に挑戦し新領域を確立する予定だった。

 

しかし、投手が軌道に乗ってきた矢先の7月、予想もしていなかった右肩のけが発症して野球を”一時休止”にすることになった。

予期していなかっただけにショックも大きかったが、今は心を切り替え、「まずは右肩のけがを治す(手術)ことに集中」している。

高校に入ってから、持ち前の器用さとパワーで野球技術もグングンと上昇し1年生の夏からレギュラーになり、チームに貢献してきた。

 

次のステップは大学野球。高校時代に成し遂げられなかった全国大会出場を今度は大学野球にぶつける。

「高校時代はチームも自分も成績はあまり良くなかったので、その分大学野球で思い切り鬱憤を晴らしたい」。

進学も札幌6大学野球リーグの強豪校チームにほぼ決まり、神宮大会出場など夢も膨らんでいる。

右肩の手術は来月中旬の予定で完治は約6か月。

はやる心を抑えながら当面の難題をクリアして完全復活に全力を尽くす覚悟だ。

 

長谷川君の一番の思い出試合は春先の札幌新陽高との練習試合。

練習試合とはいえ、私立の強豪校とのプレーは待ちに待っていた試合だった。

長谷川君が先発ピッチャーで七回まで2-0の無失点投球。「もしかしたら完封で勝てるかも」との思いを描いて投げていた。

しかし、勝ちを意識した八回の裏、勝利の女神が試練を与え逆転を食らって2-3で負けてしまった。

あと一歩の詰めの甘さがあったが、自分にとっては大きな勉強の場となり忘れられない一戦となっている。

 

(記者の目・中山武雄)高2で1番打者、高3で2番か3番を打っていたそうで、大型選手だがなんでもこなせる器用さが光っています。

その器用さを生かして何でもチャレンジし、自分に最適な野球観を探し出してください。

 

豊富な人材・知識で迎える医療スタッフ

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)2017年3月に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」近隣の同区青葉町11丁目に開業し急増する患者に対応するとともに、さらなる医療サービスの向上を目指している。

施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを備え、患者の早期復帰をサポートしている。

院長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術7000例を超える実績を誇り全国トップクラスの名医。当サイト・ストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代に野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、スキー、テニスなどのアスリート経験者で、患者の気持ちをよく理解し、あるときは良き相談者になり、患者の心の支えにもなっている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間(外来・リハビリテーション)】

♦受付(月~金) 午前の部:8:30~11:00 午後の部:11:00~16:00(土曜は午前のみ)=自動再来受付機は午前7:00~、完全予約制

♦診療(月~水、金) 午前の部:10:00~13:40 午後の部:15:40~19:30

♦休診日 日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ケ丘病院付属リハビリクリニック ☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

 



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集<札幌石狩ボーイズ>
新入団員募集!
2020年度 第7期生 新入団員募集開始のお知らせです.

札幌石狩ボーイズは創部4年目.現在10人(3年生3人,2年生6人,1年生1人)で活動を行っております.

今年度,新入団の1年生1人,移籍加入した2年生3人はすぐにチームに溶け込み,それぞれに活躍し,結果を出しています.保護者の方も非常に喜んでおられます.

札幌石狩ボーイズは,決して強いチームだとは言いません.有名でもありません.
ただ活躍したときの喜び,勝利したときの喜びは,どこの球団よりも大きいです!

そして何より選手たちの雰囲気,保護者の雰囲気が,最高に良いチームだと思います.

現在は団員数が11人に満たないため,他チームと連合を組んで,日々熱戦を繰り広げております.その中でも,当球団の選手たちは,必死に活躍し素晴らしい結果を残しています!

8月で,3年生3人が引退して,1,2年生の7人体制となります.チームとしては最低9人必要,さらに単独チームでの大会出場には最低11人必要です.

小学6年生で
・少しでも硬式野球に興味がある,硬式野球がしたい選手
・まったくの初心者だけど,硬式野球をしてみたい選手
・楽しく,時には厳しく,高校へ向けた硬式野球を学びたい選手

中学1,2年生で
・チームには所属していないけど,少しでも硬式野球に興味がある選手
・部活や軟式野球クラブチームに入ったけど,やっぱり硬式野球に惹かれる選手
・硬式野球チームに入ったけど,チャンスが少なく,本来の力を十分に発揮できていない選手

ぜひ,札幌石狩ボーイズを見に来てください!

札幌石狩ボーイズは,団員数が少ないため,ボールに触れる機会がたくさんあります.試合出場のチャンスがたくさんあります.
つまり,君たちの持っている本来の力を,十分に発揮するチャンスがたくさんあるのです!

札幌石狩ボーイズは君たちの力を必要としています!
君たちの力で,まずは札幌石狩ボーイズをスタート地点に立たせてください!
そして,1~2年後には常勝軍団として活躍を期待しています!

新入団,移籍入団,初心者の入団等々,いつでも大歓迎です!
札幌石狩ボーイズに少しでも興味があれば,一度ご連絡ください!

通常練習は,文京台にある練習グラウンド(大谷地ICから車10分,JR森林公園駅から徒歩10分)を拠点に土・日・祝日のみ練習をしています.

練習グラウンドにはピッチングマシン2台,バッティングゲージ3基.ブルペン,屋根付きベンチ.
グラウンドそばには多くの車が停められる駐車場の他,駐車スペースがあります.
そして効率よく芝刈りやグラウンド整備ができる,自走式芝刈り機,自走式グラウンド整備機もあります.

高校野球で活躍できる練習を行っています!!

中学生で硬式野球をやるなら札幌石狩ボーイズへ!!

球団代表 平田 基文
監  督 長谷 正宏
詳しくは球団公式ホームページをご覧下さい.
Facebookでも随時情報を更新しております.

【連絡先】
コーチ 中村 090-9753-3743
メール:sapporo.isikari@gmail.com
Facebook:https://www.facebook.com/sapporoishikari/
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集!<札幌北広島ボーイズ>
体験参加、新入団員募集中
札幌北広島ボーイズは、少年硬式野球では日本で最大規模のボーイズリーグに所属し、現在新チーム(中学2年、1年生)34名の団員で構成されています。
高校野球を目指して硬式野球に慣れておきたい! 純粋に硬式野球に挑戦したい! 夢をもっている6年生ぜひ一緒に野球をしませんか!
練習・試合は主に土・日・祝日に行い、平日は高校で必要となる自主練習を重んじ、勉強もできる環境を整え、より良い中学生活を送れるよう取り組んでいます。
常時、体験入団を受け付けています。練習日程等はホームページを確認いただくか、下記まで気軽にお問い合わせください。

●練習専用球場・・・「中山球場」北広島市共栄54-13 中山機械㈱敷地内
●球団専用室内練習場・・・・北広島市島松269-1

【お問合せ】
代  表 小 川 正 道  携帯 090-2877-9777
監  督 山 田  徹   携帯 090-8634-5635

野球をやるならボーイズリーグ!
入団するなら札幌北広島ボーイズ!
学童軟式野球クラブチーム
【PR】東16丁目フリッパーズ
日本一美しく!日本一逞しく! 野球を通じて親子で夢を見よう!
※東16丁目フリッパーズ

「頂戦!」 
東16丁目フリッパーズでは、全日本学童軟式野球大会・高野山旗全国学童軟式野球大会・全国スポーツ少年団軟式野球交流大会での全国大会出場を目指し、3度目の全国制覇に向かって活動しております。

「育成と勝利!」
東16丁目フリッパーズでの、「活動・体験・経験」によって、「本物の自信」・「強い精神力」・「勝負強さ」を子供たちが身につけていく事を育成の柱とし、また、勝利のために妥協せず仲間と共に「競争・協力・工夫」をして、夢を追い続けていく事を活動目標としています。
                                                        練習開催日であれば、いつでも体験・見学可能です。直接グランドに来て頂いてもかまいません。

たくさんの夢見る親子をお待ちしております。

◆対象地域:札幌市全域
◆対象学年:小学校4年生~6年生
◆練習場:元村公園(札幌市東区北28条東18丁目)
◆練習日:毎週火曜日~金曜日  練習時間 16:30~19:30(練習参加日応相談)
◆土日祝:試合時間により変動。

※東16丁目キッズ

東16丁目キッズでは、低学年の部(小学校1年生~3年生)の活動の改革・充実を目指しています。

最先端の指導(強制的ではなく自然と身につく運動能力と野球の技術の向上)と、新しいスタイルの低学年学童野球の場(短い時間で効率的に、指導者が工夫を凝らし、すべての子供への取り組みやすさを追求)を提供します。

野球をやりたい・やってみたい・やらせたい・やらせてみたい。どんな理由でもかまいません。

少しでも野球に興味をもっている子供たち・親子への入り口となります。

野球をしたことがなくても、運動に自信がなくても心配ありません。

野球というスポーツは個性と特徴を生かしていくスポーツです。

みんなで力を合わせれば、たくさんのかけがえのない時間を経験することができます。

最初の1ヶ月は無料体験となっておりますのでお気軽に参加、お問い合わせください。

◆対象地域:札幌市全域
◆対象学年:小学校1年生~3年生(年長さん応相談)
◆練習場:元村公園(札幌市東区北28条東18丁目)
◆練習日:毎週火曜日・金曜日  練習時間 17:00~18:30
◆土日祝:週によって変動します。

基本的には土曜日もしくは日曜日の午前中に3時間程練習。
試合や大会も予定しております。

その他、東16丁目フリッパーズの応援やレクリエーションなど。

問い合わせは、
東16丁目フリッパーズ監督 笹谷 武志 090-9431-7999

東16丁目フリッパーズ/キッズ Facebook
https://www.facebook.com/higashi16choume.flippers/ 
グローブ
ボール