スポーツ整形外科に聞け!

けが治して大学野球に挑戦!新陽高の浅野君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - けが治して大学野球に挑戦!新陽高の浅野君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




けがを完全に治して、大学野球に燃える浅野君。



医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)の外来患者専用施設、「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」(同区青葉町11丁目)に通院し、復帰に向けて頑張っている様子を紹介する連載企画「院内で見つけたアスリート」の今回の登場者は札幌新陽高野球部の浅野逸貴君(3年)。

浅野君は「野球は高校まで」と決めていたが目指す大学の練習会に参加して見て「もう一度挑戦しよう」と心変わりした。

高1から痛めていた右肩のけがを完全治療して、新たなステージへの準備に全力を注ぐ毎日だ。

どうせやるならプロ選手-と、気合も入っている。

▽浅野 逸貴(いつき、札幌新陽高3年=186・5センチ、87キロ、ファースト)中沼ウォーリアーズ-札幌新琴似シニア-札幌新陽高硬式野球部

札幌新陽高野球部の浅野逸貴君

けがは野球肩。高1の秋に突然、利き腕の右肩が痛み出しボールが投げられない状態になった。

当時、捕手をしていたので肩に負担がかかり軟骨が悪さをしていた。

レギュラーだったが外野手にコンバートされて様子を見ることにした。

他の病院で診てもらったが原因はわからず、治療も中断していた。我慢しながら、様子見をしていたのには理由があった。

「野球は高校まで」と決めていたため、自然治癒に期待をしていたのだ。

 

 

それが心変わりした。

気楽な気持ちで進学目指す大学野球部の練習会に参加して見て新たな気持ちがわいてきた。

「大学野球は全然違う。独特の雰囲気があり魅力的。もう一度野球に挑戦したい」。

浅野君の希望と夢がどんどん膨らみ、けがを治して完全な状態で再チャレンジすることを決心した。

そのためには本格的な治療を受けようと今年9月から羊ヶ丘病院に通院を始めた。

同病院には肩治療では全国トップレベルの岡村健司・病院長がおり、週1回の割合で診療を受けている。

リハビリ治療のみで回復する期待もあり、大学野球での活躍、そしてチャンスあれば堂々とプロ選手に-と希望と夢は膨らむばかりだ。



野球を始めたのは小学1年生。野球をやっていた父親の影響もあり、2歳上の兄と一緒に始めた。

小学時代は4番・投手・捕手、それからけがをする前までは捕手がメーンだった。

高校では1年生からレギュラーに入り4番か5番を打ち、大型捕手・バッターとして期待され、自身もバッティングには相当な自信を持っている。

「上の野球はレベルが違うので自分の長所・短所をしっかり分析して、悪いとこを徹底して直していきます」と力強く話す。

それにはまずけがを完全に治すことが最大の目標だ。

「今は大事を取って、あせらずに徐々に練習(ボールを投げる)のペースを上げていきます」。

今オフはフォームの改善、けがをしないための筋力トレーニングを重視し学校で、自宅で励んでいる。

これまでとは環境が一変する大学野球に対応するためにも、体・精神ともに大きく変えて臨む決心をしている浅野君。

今、自分の武器となるバッティングに磨きをかける毎日だ。

 

 

(記者の目・中山武雄)

素晴らしく恵まれた体格は、まさにプロ向き。

あとは、本人の努力に加えて運が重なれば夢は必ず実現します。

周囲から「優しすぎる」と言われ気にしているようですが、人のやさしさは大切な要素ですから気にせず、これまで通りでいいと思います。

ただ、「優しさ、厳しさ」のオン・オフをきっちり自分の中で確立することも大事なことです。

”心の二刀流”に挑戦してください。

 

 

豊富な人材で迎える医療スタッフ””

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院」(札幌市厚別区青葉町3丁目)は2017年に外来患者専用のリハビリ施設「羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック」を近隣の同区11丁目に開業、急増する患者に対応するとともに、さらなる医療サービスの向上を目指している。

施設内には野球規準に適合したリハビリ用のマウンドや最新のスポーツ鍛錬器具などを備え、患者の早期復帰をサポートしている。

病院長の岡村健司医師は肩関節鏡視下手術では全国トップクラスの実績を持つ名医。

当サイトストライクで連載した「野球肩って何?」(バックナンバー)は野球少年・少女、指導者や父母らの人気コーナーになった。また、リハビリを担当する理学療法士・作業療法士は90人を超えるスタッフが対応し、その大半が学生時代に野球、サッカー、バスケットボール、バレーボールスキー、テニスなどのアスリート経験者で患者の気持ちをよく理解し、あるときは患者の相談者にもなって心のつながった治療をしている。

「野球肩って何?」(バックナンバー)

第1話「その原因」

第2話「投球フォームから」

第3話「どうして起こる」

第4話「症例の中から」

第5話「症例の中から」

第6話「不安定肩」

【受付・診療時間(外来・リハビリテーション】

♦受付(月~金) 午前の部:8:30~11:00 午後の部:11:00~16:00(土曜は午前のみ)、自動再来受付機は午前7:00~、完全予約

♦診療(月~水、金)午前の部:10:00~13:40 午後の部:15:40~19:30

♦休診日 日曜・祝日・年末年始

【予約・問い合わせ】

羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック
☎011-351-0881

取材協力:医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
中学硬式野球クラブチーム
【PR】日高リトルシニア球団
新入団員募集中!
日高地域の少子化は深刻です。数年後には単独中学校での野球部維持は厳しくなることが現実的な問題となっています。

将来ある子供たちの可能性を引き出すチャンスが必要と考えて「野球人は紳士たれ」を合言葉に基礎・基本から指導を行ないます。

選手募集してます!野球が好きなこと・本人と保護者が球団の活動方針などに同意できること。
一度練習や試合を見学にきて欲しいです。

●活動内容(夏季、冬季) 
毎週 火・木・土・日
火・木 17:00~21:00  土・日 9:00~15:30
夏季 荻伏球場
冬季 町内体育館・室内練習場
●施設(グラウンド、室内練習場)

浦河町荻伏球場・室内練習場・

●連絡先※ホームページ含む
監督   浦川 聡 090-2698-0487
事務局長 真下 修 090-3018-0595
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集<札幌中央リトルシニア>
新入団員募集中!
1月10日現在4名の新入団員入部

毎週土日体験会募集しています
土日 9時~16時 8時30分まで集合
(午前のみ、午後のみ、一日いずれでも可能)

コロナウイルス感染対策の為手洗い消毒をしながら練習実施
蜜にならないように室内練習場、トレーニングルーム、屋内ブルペン、グラウンドなど使用致します。

詳しくはホームページから新入団募集のページをご覧ください。

【球団紹介】
札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。
専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。
チームカラーは白と紺。
球団のモットーはNext One(前を見続ける)

【球団方針】
中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。
球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え
前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。

【団員募集中】土日祝日
見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。
球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)

敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集<札幌石狩ボーイズ>
新入団員募集!
2020年度 第7期生 新入団員募集開始のお知らせです.

札幌石狩ボーイズは創部4年目.現在10人(3年生3人,2年生6人,1年生1人)で活動を行っております.

今年度,新入団の1年生1人,移籍加入した2年生3人はすぐにチームに溶け込み,それぞれに活躍し,結果を出しています.保護者の方も非常に喜んでおられます.

札幌石狩ボーイズは,決して強いチームだとは言いません.有名でもありません.
ただ活躍したときの喜び,勝利したときの喜びは,どこの球団よりも大きいです!

そして何より選手たちの雰囲気,保護者の雰囲気が,最高に良いチームだと思います.

現在は団員数が11人に満たないため,他チームと連合を組んで,日々熱戦を繰り広げております.その中でも,当球団の選手たちは,必死に活躍し素晴らしい結果を残しています!

8月で,3年生3人が引退して,1,2年生の7人体制となります.チームとしては最低9人必要,さらに単独チームでの大会出場には最低11人必要です.

小学6年生で
・少しでも硬式野球に興味がある,硬式野球がしたい選手
・まったくの初心者だけど,硬式野球をしてみたい選手
・楽しく,時には厳しく,高校へ向けた硬式野球を学びたい選手

中学1,2年生で
・チームには所属していないけど,少しでも硬式野球に興味がある選手
・部活や軟式野球クラブチームに入ったけど,やっぱり硬式野球に惹かれる選手
・硬式野球チームに入ったけど,チャンスが少なく,本来の力を十分に発揮できていない選手

ぜひ,札幌石狩ボーイズを見に来てください!

札幌石狩ボーイズは,団員数が少ないため,ボールに触れる機会がたくさんあります.試合出場のチャンスがたくさんあります.
つまり,君たちの持っている本来の力を,十分に発揮するチャンスがたくさんあるのです!

札幌石狩ボーイズは君たちの力を必要としています!
君たちの力で,まずは札幌石狩ボーイズをスタート地点に立たせてください!
そして,1~2年後には常勝軍団として活躍を期待しています!

新入団,移籍入団,初心者の入団等々,いつでも大歓迎です!
札幌石狩ボーイズに少しでも興味があれば,一度ご連絡ください!

通常練習は,文京台にある練習グラウンド(大谷地ICから車10分,JR森林公園駅から徒歩10分)を拠点に土・日・祝日のみ練習をしています.

練習グラウンドにはピッチングマシン2台,バッティングゲージ3基.ブルペン,屋根付きベンチ.
グラウンドそばには多くの車が停められる駐車場の他,駐車スペースがあります.
そして効率よく芝刈りやグラウンド整備ができる,自走式芝刈り機,自走式グラウンド整備機もあります.

高校野球で活躍できる練習を行っています!!

中学生で硬式野球をやるなら札幌石狩ボーイズへ!!

球団代表 平田 基文
監  督 長谷 正宏
詳しくは球団公式ホームページをご覧下さい.
Facebookでも随時情報を更新しております.

【連絡先】
コーチ 中村 090-9753-3743
メール:sapporo.isikari@gmail.com
Facebook:https://www.facebook.com/sapporoishikari/
グローブ
ボール