発行人大川のブログ

女子プロ野球に合格した山崎まり!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 女子プロ野球に合格した山崎まり!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




真駒内シニアの後輩から花束をもらう山崎まり選手




19日、長沼町にある中学硬式クラブチームの札幌真駒内シニアを訪れた。

昨年11月23日(金)尚美大学グラウンドで行われた、第4回女子プロ野球トライアウト(プロテスト)で当チーム出身で『山崎まり』(23)[アサヒトラスト]が、初挑戦で一発合格した!

この日は以前硬式野球を学んだ札幌真駒内シニアへ里帰りし、後輩たちと一緒に汗を流した。山崎まりさんは持ち前の強肩と力強いバッティングを武器に3月30日開幕を目指す!

女子プロ野球チームができ今年で4年目を向かえ新体制でシーズンを迎えるようだが、昨年までは京都・大阪・兵庫に3チームがあり、およそ50人の選手が所属していた組織だ。

今シーズンの3月30日京都から開幕!

これまでと違う!昨年までは関西の京都・大阪・兵庫の3チームでリーグ戦を行い開催してきたが、今シーズンから関東27名・関西27名の2チームに分け戦う。

4月下旬には神宮球場での試合や全国16都市での開催、また複数チームに分け戦うことも視野に入れ企画が進んでいる!

道内での試合も予定されているなど楽しみは膨らむ。

道内に縁のある選手では岩屋美里(砂川市出身)、佐藤ちひろ(岩見沢教育大)、田中碧(苫小牧出身)などが頑張っている。

山崎まり(23)

◆経歴:山崎まり(23歳)
小学2年生から3つ上の兄の影響で、「真駒内スターズ(現・南スーパースターズ)」へ入団、中学ではリトルシニアの「札幌真駒内シニア」へ入団。

当時女子選手の入団は無く、山崎選手はリトルシニア北海道連盟では第1号の女子選手誕生だった。

中学3年シーズン終了後、本州の女子高校野球も考えたが兄と同じ藻岩高等学校野球部マネージャーとして野球部をサポートした。

また土日は女子硬式クラブチーム「ホーネッツレディース」へ所属。大学は筑波大学で男子学生と混じり硬式野球部に属した。

大学卒業後、荒川区非常勤講師として荒川区立第三中学校で体育・部活指導と土日はアサヒトラスト女子硬式クラブチームに所属と忙しい日々を過ごしていたが、野球の虫が騒ぎ出し今回プロテストへ挑戦した。

女子野球の現状

あまり知られていなかった女子プロ野球リーグ!?

発行人の私も詳しくなく今回勉強させていただいた。現在女子リーグは、決して競技環境に恵まれているとは言えない中、男子と同じように大好きな野球を続ける女子野球選手がいる。

野球に専念し、生活できる場を創りたいとの想いから2010年に誕生した女子野球のプロリーグだ。

現在、日本における女子硬式野球人口は約600人とも言われ、決して競技人口が多いスポーツではない。

しかし、その背景には「女子硬式野球のチームが少ない」ことや「男子硬式野球部に入部しても、公式戦に出られない」など、野球を続ける困難さから、ソフトボールなど他競技に転向を余儀なくされる選手が大半を占めているのが現状なのだ。

この女子プロ野球リーグの創設により、野球に専念できる新たな環境を提供し、野球を続けて行きたいと願う女子野球選手の競技継続、またそれにともなう女子硬式野球の競技レベルの向上を願うものだ。

【記者の目:大川祐市】
今回取材した山崎まりさんは、以前のベースボール北海道STRIKEの紙面で紹介したことがある。

当時は高校三年生、筑波大学進学が決まった頃だ。

少年野球で頑張る女子選手の為に何かメッセージと言った取材内容だったと記憶する。

今回お会いして当時から比べて身体の線も太くなった様に感じる。

また男子選手と比べて女子選手の場合ハンデキャップがある中。

節目節目で自ら次のステージへとドアをこじ開けて行ったような逞しさや強さを感じる。プロと言ってもまだ結成4年目!

不毛の地と言える。このチャンレンジャー精神と逞しさは、女子のみならず男子選手にも大変勉強になる生き様だ。
今後も大いに期待する。




後輩たちと一緒に守備練習をする山崎まりさん

ティーバッティングする山崎まり選手

山崎まり(連続写真)




山崎まり(連続写真)

山崎まり(連続写真)

山崎まり(連続写真)

協力:札幌真駒内シニア球団



Sponsored Link

ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

かわさん より

まり おめでとう!
もっともっと頑張れ!
応援してるよ
遠い所から

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
http://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • 北海道KB野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験者募集<札幌豊平東シニア>
新入団員募集中!
豊平東シニア球団では、小学校6年生から中学校3年生までの
硬式野球に興味のある元気な選手を待っています。
技術の上手・下手は関係ありません、とにかく”やる気”のある
そんな君たちとともにこの球団を育てて行きたいと思っております!
★シーズン中(4月~10月) 毎週土・日・祝日
★シーズンオフ(11月~3月) 土・日・祝日(状況に応じて)
【連絡先】
球団会長:武藤 080-1883-8300
監  督:佐々木080-1868-1186
連盟理事:嶋 守090-6999-4310
2010、2011、2014年『ジャイアンツカップ』出場!
【PR】秋季準Vの札幌豊平ボーイズが、体験者募集!
新入団員募集中!
《団員募集中》土日祝日(9:00~17:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
球場・室内:札幌市南区中ノ沢
グラウンド有り
室内練習場:7m×45m(球場隣接)
中学軟式クラブチーム
【PR】ピースベースボールクラブ
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
札幌に新たな中学生軟式野球チームが誕生します!
専用グラウンド確保!室内練習場確保!送迎予定!父母会・当番なし!!

次回の説明会は、11/10(土)19時から白石区民センターで開催します!
ホームページから登録の上、是非ご参加ください。女子選手大歓迎です!!
https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

札幌球道ベースボールグループ
【チーム名】PEACE Baseball Club

【ポリシー】『規律の徹底~Aim for Thorough Discipline~』
1.挨拶・返事・整理整頓の徹底 = 球道即人道
 野球だけではなく、社会でも通用する人に!
 野球の向上は私生活から。
2.文武両道 = 文球両道
 勉強もしっかりと!成績不振を野球のせいにしない!
 野球を終えてからの人生の方がはるかに長い。
3.全力疾走
 誰からも応援される選手になろう!

【活動場所】
札幌市南区北の沢に専用球場および室内練習場を確保。
2月以降は地下鉄真駒内駅より送迎車での送迎も予定しています。

【活動日】
土曜日・日曜日・祝日の4~5時間程度
火曜日・木曜日は参加可能な選手で実施
その他:不定期で教室内での技術ミーティング、栄養指導等の講習会を実施

【保護者の関わり】
マネージャー制のため、父母会設置の予定はなく、母親の当番もありません。
お手伝い可能な父親には、審判等のお手伝いをお願いする場合があります。

全日本少年軟式野球大会で『横浜スタジアム』を目指します!


お問い合わせ先
監督:高山 090-8708-6966, kyudobaseballclub@gmail.com
グローブ
ボール