野球専門店・古内社長のコラム

「スポカル」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「スポカル」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip







【札幌市南区の野球専門店】スポーツショップ古内の社長
古内克弥のコラム No.28
スポーツショップ古内のホームページはコチラ

【相談したくなる札幌のお店】


↑ホームページを新しく作り変えています
7月7日のスポカル(札幌市南区)のご案内

こんにちは!
いつもコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます!

前回は、僕が副実行委員長をしている「スポカル」というイベントについてご案内させていただきました。

6月9日に行われたスポカルinつどーむは、とんでもなく盛況で、約3万人が訪れてくれました。

各ブース大盛り上がりで、何もスポーツをしていない子供達などは、このイベントをきっかけにやりたいことを見つけられたのではないかと思っています。

さて、連投となりますが、今回は野球にも関係する話になりますので、もう一度スポカルをご案内させていただきます。

==========
スポカルってなぁに?
==========
スポカルというのは、、、

「スポカル」というイベントを初めて聞いた、という方は
バックナンバーをご覧ください。
https://www.strike-web.com/archives/163530
===============
スポカルin真駒内アイスアリーナ
===============
スポカルinつどーむは元祖スポカル。

今度は真駒内セキスイハイムアイスアリーナでも行います。
よくエグザイルですとか、マンウィズアミッションですとか、
有名アーティストがライブに来ますよね。

冬季期間はスケート場になる会場です。

この場所では2年前からスポカルを行うことになりました。

もともとスポカルのことを知っていた方々は、朝から並び、開場とともにたくさんの方が入場なされました。

真駒内アイスアリーナは、スポーツショップ古内が主導となって動くことが多く、僕の知り合いの方が多く出展します。

そして、学生の学びにもなるだろうから、と、ボランティアを募集し、約30名の学生が参加してくださいます。


子供と触れ合う機会があり、子供やそのファミリーをどのようにエスコートすればいいかを自分たちで考え行動する機会にし、イベントが終わった後はフィードバックをいただくようにしています。

このように、とてもたくさんのファミリーが来場するので(1万人以上)、体験ブースに行くにも一苦労です。一種のお祭りのようになってきました。





==========
参加種目一覧(予定)
==========

変更する可能性もございます。

<スポーツ部門>
バブルサッカー
カーリング
バトン
ミニバレー
ボルダリング
セパタクロー
ラクロス
一輪車
スケボー
野球
サッカー
空手
GIGAトレーニング
キッズ新体操
フリースタイルフットボール
シナプソロジー
スラックレール
スポーツカイト
ドッグスポーツ
スケルトン
バドミントン
スナッグゴルフ
バスケットボール

<カルチャー部門>
書道
ドローン
宇宙
ブレイクダンス
ミルミ体操
HIPHOPダンス
ラジコン
ドッグヨガ&しつけ
ボードゲーム
セグウェイ
和太鼓
三味線
ゴム銃
キットパス&似顔絵
ダーツ
作動
フラダンス
プログラミング
ゴム銃工作&お花の腕輪工作
紙で作る立体工作




=============
真駒内でスポカルをやる目的
=============
きっとこの記事を読んでいらっしゃる方は、札幌市南区真駒内セキスイハイムアイスアリーナの屋外球場で野球の試合をしたことがある人も多数いらっしゃるのではないでしょうか?

真駒内アイスアリーナでスポカルができれば、
この屋外球場を借りて野球の体験を思いっきりしてもらいたいな!と思ったんです。

ここ二年間は、残念ながら大会日数が詰まっていて、球場の使用をお譲りする形になったり、雨天のため球場でできませんでしたが、なんとかその日を作れたらいいなと思っています。

元ヤクルトスワローズの小森孝憲選手(現ゼット株式会社)
にも来てもらい、まだ野球をやったことのない子供達に、野球の楽しさを伝えてもらいました。

新陽高校女子硬式野球部の選手たちにも来てもらい、
主に女の子で野球をやりたい、という子供達の相手をしてもらったり、
小さな子供の相手をしてもらいました。

僕としては、このスポカルの場に、各地域のチームから、父母の方でもいいし指導陣の誰か一人でもいいから、来てくれてチラシや体験の案内を渡してくれたらなぁと思っています。

スポカルで野球に触れてみる(混雑しているのでせいぜい10分くらいです)
↓子供が興味を持つ
「来週はうちのチームの体験会がありますよ〜」(1〜2時間くらい)
↓本気で体験してみたら楽しかった!!!
チームに入る

という導線を作りたいと思っています。
ただ、
小学生の大会があまりにも多すぎて、また近年はちょうど土日が雨。

という天候で大会日程が詰まりすぎて、なかなかそこに時間を充てることのできるチームはありませんでした。

子供達の練習の成果を発揮する場として、大会はとてもいいものなのですが、全国的に野球人口が激減していますから、その歯止めをかけるためにも、こうしたイベントを活用してもらえたらいいなと思っています。
真駒内でスポカルをやるのは、
「野球人口を増やすため」です。

たくさんの体験ブースがある中で、野球がどれだけ楽しいのか。

色々と比べてもらいましょう。

比べた上で、野球が最も楽しいと思ってもらいましょう!

全国的に野球人口が減っているのにも関わらず、
北海道だけはなぜか増えている!!

そんな現象を作りたいし、それがうまく行ったら、全国にこのことをモデルにしてもらいたい。

そう思っています。

協力者も募集しています。

ご興味がございましたら、スポーツショップ古内の古内克弥までご連絡くださいね!
今回のコラムはいかがでしたか?

昨年も一昨年も、野球ブースのアンケート調査をすると、
「現在野球をやっていなくて、野球を始めたいと思っている」
という項目に◯をつけたのは、男の子と女の子でちょうど半々くらいでした。

女の子も野球をやりたいと思っているんだなぁと感じました、

意外にも・・・という感じでしたが、
もしかしたらこのスポカルで女子野球部の生徒たちに教えてもらえたことが嬉しかったのかなぁとも思いました。

チラシで募集をかける際は、
女の子も入団OKであれば、そのことを掲載しておくといいと思いますし、
「うちのチームは男の子が14人。

女の子が4人の18人で結成されています!」
など書いておくと、

「あ、私もやってもいいのかな」と、
ちょっとだけハードルが下がるかなあと思いました。

ご参考になれば幸いです。
今後も、疑問点や聞きたい話などがございましたら
sportsfuruuchi@gmail.com
こちらまでご連絡ください!

バックナンバー
No.1 「綺麗な肌は好きですか?」
No.2「将来の夢はグラブ職人!?」
No.3「お手入れのコツは「手洗い」
No.4「グラブづくりイベント」
No.5「赤ちゃんに学ぶ、外角低めの克服法」
No.6「グラブのポジション別の特徴」
No.7「グラブ作りに挑戦!」
No.8「投手用グラブ タテ型派、ヨコ型派をわかりやすく解説」
No.9「失敗しないグラブ選び(2-1)」
No.10「失敗しないグラブ選び(2-2)」
No.11「バットの種類と違い」
No.12「バットの種類と違い2:複合バットについて」
No.13「源田選手のグラブについて」
No.14「野球セール ベースボールフェア予告」
No.15「新軟式ボールについて」
No.16〜17はセールの予告でした。
No.18「専門店のグラブの提案の仕方」
No.19「流行りのアンダーシャツ」
No.20「新発想のスパイク誕生!ブロックソール」
No.21「ブロックソールは中学校、高校でも使えるの?」
No.22「肘・肩・怪我予防ブレイスレボサポーター」
No.23.「中学軟式野球春季大会 古内杯 をレポート」
No.24.「塁間が0.1秒速くなる靴紐の結び方」
No.25.「塁間が0.1秒速くなるシューズのサイズの選び方」
No.26.「グラブの深さの見分け方」
No.27.「スポカルのご案内」

――――――――――<コラム著>――――――――――
株式会社スポーツショップ古内
代表取締役社長 古内克弥
1982年4月15日生まれ
小学5年生の時に家業であるスポーツショップ古内の販売をお手伝いした時に、接客の楽しさを経験し、将来の夢を「スポーツショップ古内をでっかくする」に設定する。
サッカー、バレーボールをメインに15種目ほどの競技を学び、大学で経営学を学んでゼット株式会社に入社。
ゼット株式会社では、グラブ工場で一年間グラブ製作に携わり、グラブの知識を覚える。
三年間の修行を経てスポーツショップ古内に入社する。
2017年、代表取締役社長に就任。
2017年、CSR経営表彰-地域貢献部門-で受賞
2019年、さっぽろgood商い賞受賞
「札幌をスポーツカルチャー人口日本一にする」をゴールとした、札幌市のスポーツ&カルチャーフェスティバル「スポカル」の副実行委員長もつとめ、スポーツ普及に携わる。
学校や企業への講演依頼も年に10回ほど受け、経営、マーケティング、地域活性化などのテーマで話をしている。
(依頼はほぼないと思いますが)講演は「ストライクを見た」で、無料で行います。

ホームページはこちらです

【相談したくなる札幌のお店】




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 札幌スタジアム
  • フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • ノースジャンボバッティングスタジアム
  • 大成会
  • 広告募集
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
がんばれ北海道!!!!!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
少年硬式野球(小学1年生~中学1年生まで)
【PR】リトルリーグの主なルールをご説明致します。
新入団員募集中!
リトルリーグを皆により知って頂くために、リトルリーグの主なルールについてご説明致します。

A、リトルリーグのグランドサイズについて
①内野:一辺18.29mの正方形
②外野フェンスまでの距離:60.95m以上
③バッターボックス:縦1.82m、横0,91mの長方形
④投手板前縁から本塁後部先端までの距離:14,02m

B、試合球について
①プロ野球と同じボールを使用
②重さ:141.7g~148.8gで、周囲が22.9cm~23.5cm

C、バットについて
①木製でも金属製でも構わない
②長さ:83.8cm以下
③直径:5.7cm以下
④金属バットで:2018年よりバット本体にUSAが明記されていること

D、ヘルメットについて
①両耳付きの物を1チームで最低7個必要(顎紐については、「付いている物が望ましい」顎ガードについては、「任意で良い」)
②打者、次打者、前走者及びコーチはヘルメットを着用すること(コーチについて「着用が望ましい」)
E、スパイクについて
①ゴム製のみ使用可(金属製は使用不可)、また選手は同一のスパイクをチームで統一すること
F、プロテクターについて
①キヤッチャー(捕手):金属、ファイバー、プラスチック製のいずれかのカップサポーターと襟付きの長い胸当て・のど当て・脛当て・キャッチャー用ヘルメットを必ず着用すること

G、ミット(グラブ)について
①捕手は捕手用ミット(一塁手用ミットまたは野手用グラブとは違う)を使用しなければならない。
手を保護できる物であれば、形状・サイズ・重さの制限はない。
②一塁手は縦(先端から末端まで)が30.5cm以下、横(親指のまたからグラブの外線まで)が20.3cm以下のグラブまたはミットが使える。
重さの制限は無い。
③一塁手と捕手以外の各野手は、縦が30.5cm以下、横(親指からグラブの外線まで)が19.4cm以下のグラブを使用できる。
重さの制限は無い。
④投手はミットの縦目、紐、網を含めた全体が、一色でなければならない。(白色または灰色は不可)

H、投球制限について(リトルリーグ年齢にて)
①11-12歳:1日最大85球
②9-10歳:1日最大75球
③選手が1日に66球以上の投球をした場合、4日間の休息が必要。
④選手が1日に51~65球の投球をした場合、3日間の休息が必要。
⑤選手が1日に36~50球の投球をした場合、2日間の休息が必要。
⑥選手が1日に21~35球の投球をした場合、1日間の休息が必要。
⑦選手が1日に1=20球以下の投球をした場合、休息日は必要ない。

I、選手登録について
①全日本選手権の選手登録は、9名以上14名までの登録
※14名出場ルール(先発出場選手は、1回に限り再出場可能等)
②その他大会での選手登録は、9名以上20名までの登録 
※通常の野球ルール(再出場は無い)

J、その他について
①リトルリーグでは、投手が投球した球が打者にとどく前や、打者が打球を打つ前に走者は塁を離れてはいけないことになってます。これに違反し塁から早く離れて得点しても、その得点は認められませんし、走者はアウトになりませんが、元の塁に戻らなければなりません。
②試合で41球以上の投球をした投手は、その日は捕手を務めてはならない。
※北海道連盟特別ルールでは、
その日をその試合に置き換えて試合を行っております。
土・日で試合を行うため。
③試合で3イニング捕手を務めた選手は、その日投手に付くことは出来ない。
※北海道特別ルールでは、
そう日をその試合に置き換える。
④一日の試合数は、各チーム2試合まで
⑤臨時代走ルール適用(北海道連盟では、適用していない)
⑥その他

※ 1,全国各地区の連盟により、特別ルールを適用している連盟がありますので、所属連盟のルールをご確認下さい。
2,不明な点がございましたら、HP・広報か吉岡までご連絡下さい。


一緒に硬式野球をやりましょう!!

お気軽にメッセージください。


冬季体育館(新琴似西小学校)

土曜日 12:00~15:30

日曜日 10:00~12;50

☆直接お越しください☆


連絡先:広報部

TEL080-3296-5754

メール:shinkotonill@gmail.com



札幌新琴似リトルリーグ
監督 吉 岡
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験会のご案内<札幌円山リトルシニア球団>
新入団員募集中!
札幌円山リトルシニアでは、硬式野球に興味をお持ちの小学6年生のみなさんを対象に入団体験会を開催いたします。
当団では、自分を更に高めたい方も、自信はないけどチャレンジしてみたい方も大歓迎!お気軽に体験してください!

11月3日(日)
9時30分~12時00分
13時00分~15時00分
上記の時間内にてご相談ください

特別体験会
元ダイエーホークスの西島 貴之氏を特別コーチに迎えてのバッティング練習を
行います!
11月10日(日)  9時00分~12時00分
同日午後からは、通常体験会となります

13時00分~15時00分

場所 : 石狩ホクレングラウンド(当球団専用球場)
石狩市新港西2丁目783
        
雨天時→室内練習場  札幌市北区太平6条1丁目2-1 
※北海道マイホームセンター北会場隣接
持ち物: グローブ(軟式用可)、運動靴、水筒、ユニフォームか練習着、または運動できる服装
午前・午後通してのご参加は昼食を持参ください

内容: キャッチボールや希望のポジションでの守備練習、バッティング練習に楽しく参加できます

体験希望の方はお手数ですが下記まで御連絡の上お越しください
【お問い合わせ先】 
円山リトルシニア球団 事務局   木川 080-3294-1340
(平日は18:00以降にお願いします。番号非通知はご遠慮下さい)
中学硬式野球クラブチーム
【PR】11月体験会のお知らせ<苫小牧ポニー>
新入団員募集中!
チームスローガン:笑顔で全力でプレー
練習では先輩・後輩関係なく、それぞれが意見を出し合い、お互いが納得するまで
話し合います。練習メニューは1年生~3年生まで学年に関係なく、同じ練習をします 
試合では仲間のミスを励まし、勝利に向かって全員で戦うチームです

活動日:平日(週3~4日) 土・日・祝
監督:丹羽 090-7642-2849
グローブ
ボール