野球専門店・古内社長のコラム

スポカルのご案内

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スポカルのご案内
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




ホッケーシュート




【札幌市南区の野球専門店】スポーツショップ古内の社長
古内克弥のコラム No.27
スポーツショップ古内のホームページはコチラ

https://www.furuuchi.info/
↑ホームページを新しく作り変えています

スポカルのご案内

 

こんにちは!

いつもコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます!

 

本日は、僕が副実行委員長をしている「スポカル」というイベントについてご案内させていただきます。

 

もしかしたら、札幌の小学校に通うお子様がいらっしゃる方は、このスポカルのチラシを受け取っているかもしれません。

どんな思いでスポカルが行われているのか、お伝えできると嬉しく思います!

 

==========
スポカルってなぁに?
==========

ホッケーシュート

ドッチビー

 

スポカルというのは、

 

スポーツとカルチャーの体験を通じて、
子供達に日本のスポーツやカルチャーに触れてもらい
何かを始めてもらいたい、という

「きっかけ作り」

をコンセプトに企画したイベントです。
6月9日に札幌市東区のつどーむで行われます。

 

入場料無料!!

体験料無料!!

 

というイベントで、50種目以上の競技や習い事に触れることができます。

しかも、その競技などを教えてくれる人たちはほとんどが超スペシャリスト!

 




 

種目は、

サッカーやテニス、バドミントンなどといったメジャースポーツもあれば

空手や中国武術、カポエイラなどの格闘技もあり

ドッチビー、スポーツ吹き矢などといったニュースポーツもあります。

 

そしてカルチャー部門では

太鼓、三味線、ダンス、将棋、忍者、日本舞踊、書道、ドローンなど、

様々な文化や遊びを経験することができます。

 

現役のプロ選手だったり、

日本チャンピオンだったり

アジアチャンピオンだったり

世界チャンピオンもいらっしゃいます。

 

しかもその人たちは、札幌在住の方々がほとんどです!

そうしたプロフェッショナルに、競技の楽しさを直に伝えてもらい、

何もスポーツも習い事もしていない子たちに、

「やりたい!!」

という気持ちを芽生えさせてあげられたらいいなと思っています。

 

そして、子供たちだけじゃなく、大人の方々にも、

「大人からでも楽しく始められる」

というものに触れていただきたいと思っています。

近年、北海道の子供達は、何年も連続で
全国体力測定で最下位から数えた方が早い位置にいます。

確かに北海道というのは、冬は雪が降ってしまい、
満足にスポーツが出来なくなる環境にあります。

一つ一つの目的地までが遠く、車移動が多いため、
「歩く」という超基本動作すらも、全国的に少ない地域です。

ですが北海道というのは世界的に見ても、
ここまで四季がはっきりしている地域はない!
というくらいに四季折々で、様々な景色に囲まれています。

そのおかげもあり、感性豊かな子が多かったり、
芸術的な感覚の持ち主が多かったりなど、
実は北海道出身のアーティストやクリエイターは数多くいます。
アーティストならドリカムだったりグレイだったり松山千春だったり…
クリエイターなら、初音ミクなどはとてつもなく有名になりましたね。




長蛇の列

スポカルは、札幌発祥のイベントです。

まずは、札幌中の子供達、そして大人たちが
”全員”
何かしらのスポーツか習い事をしている。

スポーツ人口比率、カルチャー人口比率が日本一!
そんな将来を目指して、きっかけ作りをやり続けています。

=========
スポカルとの出会い
=========

ボランティアと

僕がこのスポカルに出会ったのは、4年前。
東区にあるフットサルスタジアム蹴を運営している
セブンスギアという会社の社長である本田一輝(ほんだかずあき)さんが、
たった一人で企画から運営までこなしている
「スポカル」

というイベントがあることを聞き、お会いすることになりました。

彼と僕とは年齢も近く、すぐに意気投合し、
お互いの将来ビジョンを語り合ったりなどして
よく食事をしたりする仲となりました。
経営の話をしたりなどして、いつも盛り上がっていたのですが、
その中で僕らは
「今のまま何もしなければ、僕らの事業は存続できなくなる!」

という危機感を持っていました。

なぜなら、少子高齢社会により、
スポーツをする人口が減っていたためです。

スポーツショップ古内は、少年野球から高校野球、
そしてバドミントンを中心に
展開している地域密着の専門店です。

フットサルスタジアム蹴は、
20代前後のフットサルが大好きな人たちを中心に
展開しているエンターテイメント施設です。

共に、少子高齢化で、若者がいなくなればいなくなるほど、
ターゲットの絶対数が減り、当然、自分たちの事業も右肩下がりに
なるであろうことが容易に推測できました。

しかし、それとは別に、違う考えもありました。

それは、ただ単純に、北海道の子供達が外に出ないで、
家でゲームをやっている子が多くて、
“スポーツを楽しむ文化が定着していないだけ“なんじゃないか?
ということでした。

スポーツ人口の絶対数が増えることが一番の解決策ですが、
明日から突然10代〜20代の人口が増える、ということはあり得ません。

ですが、スポーツをやっていない子が、スポーツに興味を持ち、
スポーツを始める、ということはあり得ると思います。




=========
習い事の素晴らしさ
=========

ラッピング

僕はその昔、ゲーマーでした。

小学5年生の時に、両親の仕事を手伝ったのがきっかけで、
「俺の将来の夢はスポーツショップ古内をでっかくすることだ!」
などと言っていたわりに、実は家でゲームをすることが楽しくて
しょうがなかったんです。

小学生の時も、ゲームをしていましたし、中学でも高校でも、
そして大学生の時もゲームに夢中になっていました。
ドラゴンクエストだとかで、ゲームの中にいる敵をやっつけるのが
好きでした。
そしてウイニングイレブン、実況パワフルプロ野球というゲームが
好きで、一日に7時間ほどやっていたこともあります。

でも、そんな僕でも、大好きなゲームをしない時間帯があったんです。

それは「スポーツ」の時間でした。
学生時代であれば部活。

スポーツをやって、汗を流し、仲間と目標を持って全員で達成する。
その達成感が、ゲームをしていた時より楽しかったし、
仲間に頼りにされる瞬間があったり、仲間に助けてもらう瞬間があったり、
仲間よりも上手になれた時の優越感があったり、負けた悔しさもありました。

スポーツをしている時間は、
自分がゲームのキャラクターのようにレベルアップして、
成長しているような気がして、その感覚がとてもとても大好きでした。

僕は今37歳ですが、部活で繋がった仲間や先輩、後輩たちとは、
今でも連絡を取り合いますし、毎年会って楽しくお話をしたりします。
夏にはバーベキューをしたり、年末には忘年会をします。

僕だけじゃないと思います。

そんな一生ものの友達と出会えたのは、
スポーツを通して知り合った仲間だった、
と言える人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

このスポカルで出会えた仲間が一生ものになる、
というわけではありません。

しかしこのスポカルで、
自分が夢中になれそうなスポーツに出会えてもらえたら、
そのスポーツまたはカルチャーを習いに行ってほしいです。

その中で、たくさんの友達ができたら、
僕らも、スポカルをやってよかったな、と思えます。

スポカルは、いろんなスポーツを体験できますが、
あくまでも”きっかけ”です。

そのきっかけから、何かしらのスポーツを始めてみてほしいです。
始めてみて、そこで出会った仲間と共に成長してほしいと思います。

 

 

 

 

最後に・・・

シークレットセールをしていましたので、そのご案内も・・・(笑)

 

スパイクやアップシューズの商品入れ替えのため、

大処分セールを行っております!!!

ぜひこの中で「お、いいな!」と思ったものがございましたら、

 

どうぞスポーツショップ古内までお越しください!!!!

 

 

 

こうした案内は、スポーツショップ古内のラインに登録していると、

たま〜〜〜〜に発信されますよ。

 

ぜひライン友達になりませんか?

ホームページをご覧くださいね!

https://www.furuuchi.info

 




 

今回のコラムはいかがでしたか?
僕は、このスポカルを通じて、たくさんの競技団体、文化団体から

感謝の言葉を頂戴しました。

 

「スポカルに出展したことによって、協会登録人数が増えました!」

とか、

「ファミリーで三味線を習いに来てくれることになりました!」

など、

 

または、60代で若手と言われる日本舞踊の世界に

小学四年生の女の子が入会してくれた!

 

など。

 

色々な感謝が飛び交う空間になっています。

 

このコラムを読んでいらっしゃる方々は野球をしているでしょうから、

大会中だとなかなか来ることができないと思います。

 

でももしも時間が空いたなら、スポカルに来てみてほしいです。

とんでもなく楽しい1日が待っています。
今後も、疑問点や聞きたい話などがございましたら

sportsfuruuchi@gmail.com

こちらまでご連絡ください!

 

バックナンバー

No.1 「綺麗な肌は好きですか?」https://www.strike-web.com/201811260919/

No.2「将来の夢はグラブ職人!?」https://www.strike-web.com/201812031248/

No.3「お手入れのコツは「手洗い」」https://www.strike-web.com/201812101432/

No.4「グラブづくりイベント」https://www.strike-web.com/201812171410/

No.5「赤ちゃんに学ぶ、外角低めの克服法」https://www.strike-web.com/201812241339/

No.6「グラブのポジション別の特徴」https://www.strike-web.com/201901010042/

No.7「グラブ作りに挑戦!」https://www.strike-web.com/201901071043/

No.8「投手用グラブ タテ型派、ヨコ型派をわかりやすく解説」https://www.strike-web.com/archives/148508

No.9「失敗しないグラブ選び(2-1)」https://www.strike-web.com/archives/149289

No.10「失敗しないグラブ選び(2-2)」https://www.strike-web.com/archives/149935

No.11「バットの種類と違い」https://www.strike-web.com/archives/150365

No.12「バットの種類と違い2:複合バットについて」https://www.strike-web.com/archives/150918

No.13「源田選手のグラブについて」https://www.strike-web.com/archives/151603

No.14「野球セール ベースボールフェア予告」https://www.strike-web.com/archives/152758

No.15「新軟式ボールについて」https://www.strike-web.com/archives/153607

No.16〜17はセールの予告でした。

No.18「専門店のグラブの提案の仕方」https://www.strike-web.com/archives/157092

No.19「流行りのアンダーシャツ」https://www.strike-web.com/archives/157554

No.20「新発想のスパイク誕生!ブロックソール」

No.21「ブロックソールは中学校、高校でも使えるの?」https://www.strike-web.com/archives/158970

No.22「肘・肩・怪我予防ブレイスレボサポーター」https://www.strike-web.com/archives/160346

No.23.「中学軟式野球春季大会 古内杯 をレポート」https://www.strike-web.com/archives/160678

No.24.「塁間が0.1秒速くなる靴紐の結び方」https://www.strike-web.com/archives/161492

No.25.「塁間が0.1秒速くなるシューズのサイズの選び方」https://www.strike-web.com/archives/162195

No.26「グラブの深さの見分け方」https://www.strike-web.com/archives/162927

 

 

 

 

――――――――――<コラム著>――――――――――

株式会社スポーツショップ古内

代表取締役社長 古内克弥

1982年4月15日生まれ

小学5年生の時に家業であるスポーツショップ古内の販売をお手伝いした時に、接客の楽しさを経験し、将来の夢を「スポーツショップ古内をでっかくする」に設定する。

サッカー、バレーボールをメインに15種目ほどの競技を学び、大学で経営学を学んでゼット株式会社に入社。

ゼット株式会社では、グラブ工場で一年間グラブ製作に携わり、グラブの知識を覚える。

三年間の修行を経てスポーツショップ古内に入社する。

2017年、代表取締役社長に就任。

2017年、CSR経営表彰-地域貢献部門-で受賞

2019年、さっぽろgood商い賞受賞

「札幌をスポーツカルチャー人口日本一にする」をゴールとした、札幌市のスポーツ&カルチャーフェスティバル「スポカル」の副実行委員長もつとめ、スポーツ普及に携わる。

学校や企業への講演依頼も年に10回ほど受け、経営、マーケティング、地域活性化などのテーマで話をしている。

(依頼はほぼないと思いますが)講演は「ストライクを見た」で、無料で行います。

 

ホームページはこちらです

https://www.furuuchi.info/

 




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の中学野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 札幌スタジアム
  • フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • ノースジャンボバッティングスタジアム
  • 大成会
  • 広告募集
がんばれ北海道!!!!!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
少年硬式野球(小学1年生~中学1年生まで)
【PR】リトルリーグの主なルールをご説明致します。
新入団員募集中!
リトルリーグを皆により知って頂くために、リトルリーグの主なルールについてご説明致します。

A、リトルリーグのグランドサイズについて
①内野:一辺18.29mの正方形
②外野フェンスまでの距離:60.95m以上
③バッターボックス:縦1.82m、横0,91mの長方形
④投手板前縁から本塁後部先端までの距離:14,02m

B、試合球について
①プロ野球と同じボールを使用
②重さ:141.7g~148.8gで、周囲が22.9cm~23.5cm

C、バットについて
①木製でも金属製でも構わない
②長さ:83.8cm以下
③直径:5.7cm以下
④金属バットで:2018年よりバット本体にUSAが明記されていること

D、ヘルメットについて
①両耳付きの物を1チームで最低7個必要(顎紐については、「付いている物が望ましい」顎ガードについては、「任意で良い」)
②打者、次打者、前走者及びコーチはヘルメットを着用すること(コーチについて「着用が望ましい」)
E、スパイクについて
①ゴム製のみ使用可(金属製は使用不可)、また選手は同一のスパイクをチームで統一すること
F、プロテクターについて
①キヤッチャー(捕手):金属、ファイバー、プラスチック製のいずれかのカップサポーターと襟付きの長い胸当て・のど当て・脛当て・キャッチャー用ヘルメットを必ず着用すること

G、ミット(グラブ)について
①捕手は捕手用ミット(一塁手用ミットまたは野手用グラブとは違う)を使用しなければならない。
手を保護できる物であれば、形状・サイズ・重さの制限はない。
②一塁手は縦(先端から末端まで)が30.5cm以下、横(親指のまたからグラブの外線まで)が20.3cm以下のグラブまたはミットが使える。
重さの制限は無い。
③一塁手と捕手以外の各野手は、縦が30.5cm以下、横(親指からグラブの外線まで)が19.4cm以下のグラブを使用できる。
重さの制限は無い。
④投手はミットの縦目、紐、網を含めた全体が、一色でなければならない。(白色または灰色は不可)

H、投球制限について(リトルリーグ年齢にて)
①11-12歳:1日最大85球
②9-10歳:1日最大75球
③選手が1日に66球以上の投球をした場合、4日間の休息が必要。
④選手が1日に51~65球の投球をした場合、3日間の休息が必要。
⑤選手が1日に36~50球の投球をした場合、2日間の休息が必要。
⑥選手が1日に21~35球の投球をした場合、1日間の休息が必要。
⑦選手が1日に1=20球以下の投球をした場合、休息日は必要ない。

I、選手登録について
①全日本選手権の選手登録は、9名以上14名までの登録
※14名出場ルール(先発出場選手は、1回に限り再出場可能等)
②その他大会での選手登録は、9名以上20名までの登録 
※通常の野球ルール(再出場は無い)

J、その他について
①リトルリーグでは、投手が投球した球が打者にとどく前や、打者が打球を打つ前に走者は塁を離れてはいけないことになってます。これに違反し塁から早く離れて得点しても、その得点は認められませんし、走者はアウトになりませんが、元の塁に戻らなければなりません。
②試合で41球以上の投球をした投手は、その日は捕手を務めてはならない。
※北海道連盟特別ルールでは、
その日をその試合に置き換えて試合を行っております。
土・日で試合を行うため。
③試合で3イニング捕手を務めた選手は、その日投手に付くことは出来ない。
※北海道特別ルールでは、
そう日をその試合に置き換える。
④一日の試合数は、各チーム2試合まで
⑤臨時代走ルール適用(北海道連盟では、適用していない)
⑥その他

※ 1,全国各地区の連盟により、特別ルールを適用している連盟がありますので、所属連盟のルールをご確認下さい。
2,不明な点がございましたら、HP・広報か吉岡までご連絡下さい。


一緒に硬式野球をやりましょう!!

お気軽にメッセージください。


冬季体育館(新琴似西小学校)

土曜日 12:00~15:30

日曜日 10:00~12;50

☆直接お越しください☆


連絡先:広報部

TEL080-3296-5754

メール:shinkotonill@gmail.com



札幌新琴似リトルリーグ
監督 吉 岡
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団生募集!旭川大雪ボーイズ
新入団員募集中!
小学生、中学生1年、2年生の皆さん
旭川大雪ボーイズの
練習体験に来ませんか?

ボーイズリーグの大会は今週土曜日2年生中心のチームが来春の全国大会をかけた決勝戦
来週の土曜日は一年生大会の決勝戦と続いていますが試合のない学年は残って練習していますのでどうぞお越しください。
場所は花咲大橋上流左岸硬式グランド
時間は9時〜です。
平日も今は日没が早いので室内練習場でやってます。
硬式ボールの野球は楽しいですよ。野球プレーヤーが増えてもらいたい‼️女子も大歓迎ですよ。

いつでも来てください。

確認したいこと、知りたいことなんでも聞いてください。充実した中学生活を一緒に!



お電話でのお問い合わせは  
監督 西大條(にしおおえだ) 携帯:090-5951-7831
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験会のご案内<札幌中央リトルシニア>
2023年度新入団員募集中!
【札幌中央リトルシニア球団】

1972年の結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。
同一敷地内に専用球場と屋内ブルペン、室内練習施設も完備され
選手たちはもちろん指導者並びに保護者が一丸となり『心を一つに』頑張っています。


今回は絶賛入団募集にともない、体験会のご案内です!

硬式野球に興味がある!気になる!
そう思っている小学6年生の皆さん!札幌中央野球を是非体験しに来てください。
女子野球選手も大募集!現在2名の女子選手が活躍しています!


1.10月30日(日)午前・午後
2.11月 6日(日)午前・午後
3.11月13日(日)午前・午後


*各日とも30名ほどの参加者にて実施いたします。
8:30~16:00 (半日でもOK。)事前にお申し込みください。
持物:所属球団ユニフォーム着用、軟式グラブ、スパイク、飲み物、終日参加の場合昼食をご準備ください。
その他:グラウンド到着時検温を実施しています。ご協力をお願いします。


*体験会中参加者は傷害保険に加入していないことをご了承ください。
監督、コーチは選手の安全には細心の注意をはらいますが、100%事故が無いとは限りません。
体験会中の事故につきましては、保険の適応が無いことをご了承ください。
尚、お子様だけでのご参加はご遠慮ください。


体験会日程以外でもチーム練習体験は随時受付していますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しくは下記までお電話ください。

【お問い合わせ先】
 ■父母会会長 佐藤(TEL 080-1981-6609)
 ■事務局   山田(TEL 090-7059-4180)






グローブ
ボール